<< 妄想 2014/06/24 | main | 妄想 2014/06/26 >>
 
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< April 2016 >>
Category
Archives
Web拍手

↑クリックすると↑
web拍手が送れます
妄想 2014/06/25
うむ。

試合終了直後は、ふざけんなとかだらしねえとか、最後まで走れとか、そんなことを毒づきたくなる気分だったわけだが、時間がたって落ち着いてくると、まあ、彼らはそこまで責められるようなことはしていないな、とも思う。
もちろん、単純にいえば各選手のパフォーマンスの合計がチーム力になるわけで、そういう意味では足を引っ張った選手がかならずいたはずなのだが、それはもう、いわゆる任命責任というヤツであって、さらにいうなら選手を選んだザックはさらに日本のサッカー協会から選ばれる身なわけであって、突き詰めていけば、責任を取るべきなのは協会幹部なんではないかという気がする。
だいたい、選手たちがうつむいて責任を感じてるだの代表を引退するだのいっているシーンはよく見るが、協会の偉い人間がサポーターの前でそういった発言するのなんか見たことがない。マスコミの前で発言する幹部なんて、せいぜい技術委員長くらいだろう。
集金のためにさして意味があるとも思えない親善試合ばっかり組んでるとか、今回のキャンプ地も選手の体調管理よりもスポンサーの意向で決まっただとか、協会についてはいろいろといわれてるが、そろそろ日本サッカーも、そのへんちょっと考えたほうがいいんじゃなかろうか。
というか、そういうことをはっきりと糾弾するような大手のマスコミがないのがよくないのかもしれん。代表チームがダメな時はきちんと「〜なのでダメ」とみんなが納得できるように批判できて、同じように協会の体質についてもよくない部分はよくないと批判できるようなマスコミがヨーロッパにはあるが、日本にはない。
そういうところも含めて日本のサッカーはまだまだ発展途上なんだろう。

少なくとも今の日本代表は、一次リーグで敗退したからといって、国民総出で叩かれるほどのもんじゃない。そういうことで叩かれるのは、イングランドとかイタリアとかスペインとか、そういうランキング上位の一流国の話であって、まだまだ今の日本の実力では、決勝トーナメント進出できるかできないか、そこでドキドキする程度の実力しかないのである。
だからまあ、みんなよくやってくれたと思う。