<< 妄想 2008/01/12 | main | 妄想 2008/01/16 >>
 
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< March 2016 >>
Category
Archives
Web拍手

↑クリックすると↑
web拍手が送れます
妄想 2008/01/14
順序が変。

ネムネムの熱は、平熱レベルにまで下がったが、咳のひどさは相変わらずだった。
ついでにいえば、ぼくの体温は平熱を下回り、35度台前半まで下がった。典型的なぼくの風邪の症状。

それはそれとして。
大家さんとの契約上、石油やガスを使う暖房器具は使用禁止なので、我が家のリビングにはフォトンという遠赤ヒーターを置いている。一見するとスラックスをプレスする機械に見えるが、前面のパネルがじわ〜……っと発熱して部屋の空気を暖めてくれる。空気を乾燥させることもない、おフランスからやってきた黒光りする憎いヤツだ。

で、リムリム。
リムリムは、そろそろ寝ようかという時間になると、パジャマを持ってきて、このフォトンに引っかけておく。ふつうのストーブでこんなことをするとたちまち火事になるが、フォトンの場合は濡れたタオルを引っかけて干したり、こうして服をあたためたりすることができるのである(そういう使い方をしていいのかどうかは不明だが)。
ところがこの勇者少女、「うー、寒い寒い」などといいながら、持ってきたパジャマをフォトンに引っかけ、おもむろにその前で服を脱ぎ出すではないか。ちゃっちゃと下着姿になってしまったリムリムは、なぜかその恰好でキッチンに立ち、コップに冷たい水を汲んで、またもや「ううう、寒い寒い寒い」などといいながら喘息の発作を抑制する錠剤を呑み、気道拡張用の粉薬を服用している。

……何なのだろう? この少女は馬鹿なのだろうか?
薬を飲んだあと、「寒い寒い寒い寒い」と呪詛のように繰り返しながら下着姿で歯を磨くリムリムを見て、ぼくはそう思った。
「リムリムや」
「え?」
「正直、おじさんのぼくには年若い女の子の思考パターンというのが今ひとつ理解できないのだが、きみのその行動順序には何かしらの意味があるのかね?」
「え?」
「ぼくが思うに――というより、誰が考えてもそうだと思うのだが、,泙坤僖献礇泙鬚△燭燭瓩董↓¬瑤魄んで、歯を磨いて、い修譴ら服を脱いで、イ曚匹茲あたたまったパジャマに着がえるのがふつうだろう? それとも、´↓きイ任呂覆´き↓イ僚臠屬嚢堝阿垢襪海箸何か呪術的な意味でもあるのかね?」
「あ」

可哀相に……やはり馬鹿なのだな……。
これではリムリムまで風邪をひくかもしれぬ。