<< 妄想 2015/08/13 | main | 妄想 2015/08/16 >>
 
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< April 2016 >>
Category
Archives
Web拍手

↑クリックすると↑
web拍手が送れます
妄想 2015/08/15
アニポケ劇場版。

まー、オッサンが何いっても仕方ないんだが、やはり短編を同時上映するくらいなら、そのぶん長編の尺を伸ばしてみんなに見せ場をあげてほしい。
今年はまだサトシがラティにまたがって活躍してくれたけど、セレナやシトロンがポケモンを引率する先生みたいな役どころで、今ひとつぱっとしない。
あと、伝説祭りってアピールしてたけど、実際に見てみると、何かもう安っぽく感じるし、たとえば来年はジガルデさんの出番なんだろうけど、うっかりすると伝説1匹で迫力不足、みたいな印象を持たれかねないのが不安。
あとはまあ、愚痴。


かなり早い時期から、劇ポケは「伝ポケを見せる!」っていうのが第一義になってしまっているような気がするのだが、もっとこう……お話そのものを興味深くするというか……そういう意識が必要なんじゃないだろうか。
確かに小さな子供たちは、ポケモンがわーわーやってるほうがいいんだろうし、それで満足なのかもしれない。彼らに複雑なストーリーを提示しても意味はないという考え方もあるのかもしれない。
でも、そのために童話をそのまま映像にしたような短編を復活させたんじゃないのか。あれを小さなお子さまに向けてのエクスキューズとして、本編のほうはもっと大胆にすべきじゃないのか。
ゲームとしての『ポケモン』は、もはや子供だけでなく、1周して大学生や社会人といった年齢層にも向けた展開を実行している。『ポケモン』ユーザーはそのくらい幅が広い。にもかかわらず、アニメ版のほうはそのへんをまったく考えていないように見える。
『クレしん』とか『コナン』とか、ちゃんと大人の目線で観ても面白い映画にして、実際にちゃんと見事な興収を記録している作品がある以上、大人が観て面白い『ポケモン』アニメは作れないということはありえない。そういう、伝ポケ引換券に釣られる層以外にもアピールできないと、たぶん近いうちに映画そのものがなくなってしまうんじゃないかと不安で仕方がない。