<< 妄想 2015/10/12 | main | 妄想 2015/10/15 >>
 
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< March 2016 >>
Category
Archives
Web拍手

↑クリックすると↑
web拍手が送れます
妄想 2015/10/14
発狂までは行かない。

『BONES』の時にも思ったのだが、長期にわたって放送されるアメリカのドラマだと、途中でヒロインが主人公以外の男とくっついたりはなれたりすることがよくあるが、あれは欧米人の感覚だからありえる話なのだろうか。
たとえば『X-FILE』のスカリーは、最終的にモルダーとくっついて出産までしているが、途中で行きずりの男といちゃついたりしていたし、『BONES』のテンペランスとかアンジェラも、最終的なパートナーとくっつく前に何人も恋人が登場している。で、リズボンもそんな感じ。
最終的にはジェーンさんとくっつくのが既定路線とはいえ、こういう流れに素直にうなずけないのは、たぶんぼくの価値観がわりと古めの日本人だからだろう。たぶん欧米人はそのへんをあまり気にしない。

女が男をとっかえひっかえしている、と見るのではなく、ある種の理想の男性と出会うために必要な魂の遍歴なのだと見るべきで――とか考えていて、卒然と思い出した。
『アリーマイラブ』のアリーとか、完全に男漁りしてたよな!? しかも自分とは正反対の、ブルーカラーのマッチョな男ばっかり狙ってなかったか!?