<< ウレユサ日記20 2006/02/01 | main | ウレユサ日記21 2006/02/03 >>
 
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< March 2016 >>
Category
Archives
Web拍手

↑クリックすると↑
web拍手が送れます
妄想 2006/02/02
スイッチが入ってしまったかもしれない。

リムリムの様子が怪しい。
挙動不審という意味ではなく、彼女の健康状態のことだ。

学校から帰宅したリムリムをしばらく見ていたぼくは、おもむろに尋ねてみた。
「隣の席のクラスメイトは元気かね?」
「隣? Sくんのこと? どうしてそんなこと聞くわけ?」
「誰が隣かはぼくも知らないが、ちょっと気になったんだよ。で、そのSくんは元気かね?」
「あー、あしたあたり休むかもね。きょうすっごいごほごほいってたし」
「ほほう」
「Sくんの前の席の子がね、きょうから休んでるの、インフルエンザで。あれはSくんもやられたんじゃないかな、席近いし」
「きみの席だって近いだろう?」
「そりゃそうだけど、わたしを飛び越えて反対側の隣の席の子がこれまたごほごほいい始めてさ」
「ほうほう」
「あれもきっとインフルエンザだよ。最近流行ってるもん。下の学年とかでさ」
「ほうほうほう」
なぜか得意げに説明するリムリムを見て、ぼくは目を細めた。

誇らしげに胸を張る前にまず気づけ、リムリム。
喘息の発作でもないのにげほげほずるずるやっているきみのその症状こそが、インフルエンザのかかり始めではないのか? インフルエンザが都合よく自分だけ飛び越えてほかの人間に感染するとはかぎるまい。
あした高熱を出して布団から起き上がれなければ、リムリムはまず間違いなくインフルエンザだ。ぼくも覚悟が必要になるかもしれない。

それはそれとして、まったく話題が吹っ飛ぶが、いつもお世話になっているSNKプレイモアのホームページで、ぼくが製作にたずさわっている『KOF MAXIMUM IMPACT 2』 の公式サイトがついにオープンした。こちらにはぼくのブログも用意されるということで、いつもここでやっているウレユサ日記とどう差別化していくか、今から思案中である。

……いっそウレユサ日記をやめるというのも手だが、両方でウレユサ日記をやるというのもひとつの手ではある。何しろあちらは企業の公式サイトであるから、あまりぶっちゃけた内容の書き込みはできないわけだし、あちらはマイルド、こちらはややビターにという住み分けは可能だろう。
さて――。