<< 妄想 2008/04/04 | main | 妄想 2008/04/07 >>
 
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< April 2016 >>
Category
Archives
Web拍手

↑クリックすると↑
web拍手が送れます
妄想 2008/04/05
ザコ武将の「いざ!」という声が「ピザ!」に聞こえるぼくはBMI値が高い。

実はきのうから、ネムネムは出張で関西方面に出かけている。
ネムネムが家にいると、「『ポケモン農場』やってよ」とワケの判らないことをいうので(農場じゃなくて牧場だ!)、ネムネムのいない隙を狙って『無双OROCHI 魔王再臨』を進めるぼく。

何というか……「魔王再臨」とかついているが、要は猛将伝なのだろう。システム的には援護攻撃などが追加されたくらいで、プレイ感覚としては前作とまったく変わっていない。
シナリオ的には、今回追加された遠呂智編だけが前作以前のストーリー(遠呂智が三國と戦国の諸勢力を蹴散らすまでのお話)で、太公望たち仙人軍団が登場する最終章はもろに『封神演義』になっていた(素直に『バトル封神』のキャラを追加しておけばよかったのに)。
一方、魏呉蜀+戦国は前作の続きなのだが、正直いうと、お話としては前作のほうが面白かったと思う。つねに偉大な父親と向き合わされている曹丕×ひねた石田三成という妙なフラグが立っていた魏、孔明の変心の理由が判らないままつらい戦いを強いられる趙雲たちの蜀、遠呂智の属国となった屈辱の中から立ち上がろうとする呉――みたいなドラマ性が前作にはあったのに、今回はどの勢力でやっても、「魔人・清盛が遠呂智を復活させようとしているのでそれを防ごう」な展開なのがどうにもメリハリに欠ける。
一応、すべてのシナリオをクリアしたのだが、結局最後まで妲己と卑弥呼の関係もよく判らなかったし、戦国系のキャラがことごとく義経と清盛、卑弥呼のことをまったく知らないのも違和感があった。というか、三國系のキャラも太公望のこと知らないみたいな表現だったな(戦国キャラは三國キャラの逸話とか故事とかふつうに知ってるのに)。

でもまあ、ゲームとしては相変わらず爽快感があって面白いので、これはこれでよし。とにかくキャラ数が多いので(90キャラ以上?)、全キャラレベル99+最強武器製作だけでもかなり長い間遊べると思う。
あと、これは完全に個人の好みだとは思うのだが、一部の三國キャラは、『三國無双5』のモデルのほうがカッコよすぎて、『4』のモデルに萎えたりする。贅沢な不満。