<< 妄想 2008/04/28 | main | 妄想 2008/05/01 >>
 
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< March 2016 >>
Category
Archives
Web拍手

↑クリックすると↑
web拍手が送れます
妄想 2008/04/30
偏食家。

ウチの勇者少女は真っ白いごはんというものを嫌う人間で、つまりは何かしらかけないとごはんが食べられない。
多くの場合、それは納豆なのだが、ゆかりやのりたま、しらすなども大好きだ。さらにいうならチャーハンやチキンライスだとなおよろしいらしい。
しかしその一方で、タラコやめんたいこ、なめたけや海苔の佃煮はダメ、タマゴかけごはんも苦手、ついでにいえばピラフはOKなのに炊き込みごはんは好きじゃないという、判断基準のはっきりしない女でもある。

なので、お弁当のごはんはいつも何かしらを混ぜ込むことにしているのだが、今回は上戸彩がCMでやっていた、混ぜ込むだけで簡単に鶏そぼろごはんになるというヤツを買ってためしてみた。

「えー……ごはん1合に対し本品1袋をよく混ぜる、か……」
炊き上がったばかりのごはんをざくざくとボウルに移すぼく。きょうは2合炊いたので、ちょうどその半分を使う計算になる。
「むう……かなり甘めだな」
さっくり混ぜたあと、ちょっぴり味見をしてから弁当箱に詰め始めたぼくは、その時、ようやく気づいた。
「……あれ?」
1合ぶんの混ぜごはんが、あらかた弁当箱に入ってしまうのである。
リムリムが使っている弁当箱は、下にごはん、上におかずという2段重ねのタイプで、リムリムみずから「これがいい!」とロフトの食器売り場で選んだ黒くて渋い和風のアイテムである。
その下の段にみっちりと詰めると、約1合ぶんのメシが入ってしまうことに、ぼくは今になって気づいた。
「女の子って、ふつう、こんなに米食うかな……?」
これだけの米と、さらには上の段に詰めた肉々しい(=肉類中心の)おかずを詰めたお弁当を、リムリムは毎回ぺろっと食べ尽くして塾から戻ってくる。それかあらぬか、帰ってくるなり腹が空いたとふざけたことをぬかし、もう夜も遅い時間帯だというのに、パンやらカップヌードルやらを食ってから寝るのである。

これでいまだに体重は30キロ台というのは、いくらなんでもずるくはないか?