<< ウレユサ日記25 2006/03/09 | main | 妄想 2006/03/12 >>
 
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< April 2016 >>
Category
Archives
Web拍手

↑クリックすると↑
web拍手が送れます
妄想 2006/03/11
イタリア対トルコ。

ぼくが使っているサイフやキーケースはケイトスペードのものだ。
判る人には判ると思うが、つまり、女性用である。ケイトスペードでも男性用アイテムをあつかっているが、その場合はジャックスペードという姉妹ブランドになるのだ。

ところがこのジャックスペードの製品、ぼくの個人的な感想なのだが、ケイトスペードのものとくらべると、明らかに質が悪いというか、軽視されているように思えてならない。
そもそも今のサイフに切り替えたのは、今のウチに引っ越してきてしばらくたった頃、ぼくの誕生日に、ネムネムとリムリムがプレゼントにくれたからなのだが、その直接の原因は、それまで使っていたジャックスペードのウォレットが壊れかけていたからである。
といっても、長年使っていて自然とボロになってきたというわけではない。そのジャックスペードのウォレットは、買ってからまだ半年もたっていなかったのに、はやばやと縫い目がほつれてきてしまったのである。
だが、ぼくと同じ店で同じ時期に買ったネムネムのケイトスペードのサイフは、明らかにぼくのものより痛んでいない。
いったい何が違うのか?
あちこち調べてみて、ぼくは愕然とした。
ネムネムのサイフはイタリア製なのに、ぼくのウォレットはトルコ製だったのである!

別段ぼくは、何でもかんでもイタリア製なら質がいいとか、トルコ製だと質が悪いとか、そんなことをいうつもりはない。もし絨毯を買えといわれたら、ぼくはイタリア製品よりトルコ製品を選ぶだろう。
だが、やはり革製品となると、トルコ製よりイタリア製のほうがいいのではないのか。
だいたい、どうしてケイトはイタリア製なのにジャックはトルコ製なのか。
まったくもって納得がいかない。
ケイトスペードのブティックで名刺入れを新調しているネムネムを見ていて、ぼくはふとそんなことを思い出していた。

その後、ひさびさに3人で外食をした。
外食となると、ほとんどの場合、偏食の多いリムリムが「パスタパスタ! つくねつくね!」と、自分の好きなものばかりを列挙し、気づくとイタリアンや和食系に流れてしまうことが多いので、今回はそうならないよう、ネムネムと相談して北欧料理の店に行ってみた。

リムリムは、自分のぶんのミートボールはあまり食べなかったくせに、ネムネムが注文した仔鹿のステーキを分けてもらっていた。
本当に好き嫌いの多い少女で困ったものである。