<< 妄想 2006/03/14 | main | 妄想 2006/03/16 >>
 
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< April 2016 >>
Category
Archives
Web拍手

↑クリックすると↑
web拍手が送れます
妄想 2006/03/15
ウィ、ムッシュー。

吉祥寺に買い物に行こうと家を出たら、例の女子大通りが華やかな袴姿のお嬢さんたちであふれ返っていた。どうやらきょうは女子大の卒業式だったらしい。
が、それにしても、女子大生の卒業式というのはどこもこうなのだろうか。スーツ姿の女の子は極端に少なく、本当に袴姿の子ばかりが目につく。
これはやはりアレか、ウェディングドレスと同じように、日常生活では滅多に着ることがないから、これを機に一度着て記念写真でも撮っておこうというオシャレ心の発露なのだろうか。

とまれ、華やかな女子大生たちの群れを横目に見ながら、ぼくは吉祥寺への道を歩き出した。
なぜかこんな時にかぎって、iPodから聞こえてくるのは、さとう珠緒×2→千葉麗子という地獄のようなコンビネーション。世界広しといえども、今この瞬間、こんなスゴいラインナップで鼻歌を歌っているのはぼくだけに違いあるまい。

そんなことを考えていたら、いつの間にか吉祥寺に着いていた。いささか興が乗っていたので、夕食のおかずを買うのは後回しにし、駅前から中道通りを三鷹方面に向かって散策してみることにした。
今のところに引っ越してくるまで、ぼくはこの中道通りの西の端のほうに住んでいて、吉祥寺に行く時は、いつもこの通りを歩いてきていた。だからそういう意味では、ぼくの吉祥寺原体験はこの通りから始まっているといっていい。

その中道通りに、日本茶を出す喫茶店がある。そういう店ができたのはぼくも知っていたのだが、これまで立ち寄ったことがなかったので、きょうはためしにそこでお茶を飲んでみることにした。
「イラッシャイマセ〜」
ガラスの引き戸を開けて店の中に入ると、いきなり背の高いフランス人が声をかけてきた。カタカナで書くといかにも片言っぽいが、実際には日本語がぺらぺらである。どうやらこのお店のスタッフさんらしい。
「すいません、この、きょうの丼って何ですか?」
「きょうの丼は2種類ございまして、マーボー丼とアボカド丼になっております、ムッシュー」
「じゃあアボカド丼ください」
「ウィ、ムッシュー」
などというおフランスなやり取りはまったくなかったのだが、ぼくはまだお昼を食べていなかったこともあり、その耳慣れない響きに魅了され、アボカド丼というものを注文してみた。

こじんまりとした店内では和モノのグッズや日本茶も置いてあって、その場で買うことができるようになっていた。食事を終えたぼくは、自宅で飲んでいる緑茶が残り少なくなっていたことを思い出し、ことのついでに嬉野茶を買って帰った。
嬉野茶は、茶葉が細かくすぐに色が出る。以前どこだかで買った嬉野茶の紅茶はぶっちゃけマズくてゲンナリさせられたが、これはおいしかった。やはり緑茶用の茶葉を強引に紅茶に仕立てても、かならずしもおいしくなるわけではないということだろう。

ちなみにアボカド丼というのは、アボカドがごろごろ入っているタコライス丼のようなものである。