<< 妄想 2006/03/18 | main | 妄想 2006/03/20 >>
 
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< March 2016 >>
Category
Archives
Web拍手

↑クリックすると↑
web拍手が送れます
ウレユサ日記26 2006/03/19
マニアーックス!

やはり公式サイトに書き込むにはふさわしくない話題はウチでやるにかぎる。
というより、ウチでやるしかない。

不知火舞のストーリー公開に合わせて、アンディの一人称がうんぬんという話題をちらほらとネット上で見かけるようになった。
勝手な想像だが、おそらく今のファンたちにとっては、『美形会議』の影響もあって、アンディの一人称は「僕」になっているのではないか。
実をいえば、ぼくもアンディというと、ドラマCDや「KOF忘年会」でごいっしょした小板橋氏による、「やあ! 『餓狼伝説』の美形キャラ、アンディだよ!」というウソ臭い(←ほめ言葉である)ボイスが真っ先に思い浮かぶ。あのアンディの一人称も「僕」だ。

では、実際のアンディ――すなわちゲーム中でのアンディは、自分のことを何と呼んでいるのか?
ざっと調べてみたところ、ほとんど統一が取れていないという結論にいたった。「私」、「僕」、「俺」と、ひとつの作品の中ですら統一が取れていないこともあるという状況である。
ちなみに、ホームグラウンドである『餓狼』シリーズではなく、こふに出張している場合のアンディは、「俺」、もしくは「僕」という人称を使っている。

では、なぜ『Mi:2』のストーリー内でのアンディは、自分のことを「私」といっているのか。

ぼくは、『Mi』シリーズのシナリオ担当として、『餓狼』キャラは本来の『餓狼』的なものに、『龍虎』キャラも本来の『龍虎』的なものに、少しずつ軌道修正していこうと考えている。
そのために、今回のストーリーでは、これまでのこふに登場してきたアンディではなく、その原点である『餓狼』シリーズのアンディに沿う形で会話させてみることにした。
そして、そのために参考にしたのが、シリーズ中でもっともデモ&演出面が充実していた(と思われる)『餓狼3』だったのである。この作品の中では、アンディは自分のことを「私」といっているし、テリーのことを「兄貴」と呼んでいる。
そして何より『Mi』の世界観の中では、テリーにロックという養子(?)がいるのと同様に、アンディにもすでに北斗丸という弟子がいる。そして、『MOW』の北斗丸エンディングでも、アンディの一人称は「私」だ。

というわけで、今回のアンディは、作品内で珍しく統一の取れている『餓狼3』と、10年前とはいえ一応の最新作である『MOW』に準拠しているのである。

まあ、今回はね。