<< 妄想 2006/03/23 | main | ウレユサ日記27 2006/03/25 >>
 
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< March 2016 >>
Category
Archives
Web拍手

↑クリックすると↑
web拍手が送れます
妄想 2006/03/24
きむらくん。

アメリカで、ゲームデベロッパーズカンファレンスというイベントがおこなわれている。ゲーム開発者をターゲットにした、かなり大規模なイベントだ。
そこでまた、任天堂の社長さんが基調講演に立った。
どうやら任天堂のニューハードは、メガドラ時代のソフトをダウンロードで遊べるようになるらしい。
数年前、マイクロソフトがセガを買収するなどというウワサが立ったこともあったが、あの時本当にマイクロソフトがそうしていれば、レボリューションにこんな秘密兵器を持たせてしまうこともなかっただろうし、それ以前に、Xbox360のウリのひとつであるXbox Live Arcadeのラインナップを、セガのアーケードタイトル群で飛躍的に拡充させることもできたはずだ。
まあ、そんなことまで見通せる先見の明があったら、そもそもあんなデカい箱のままの後継機を日本で発売なんかしなかっただろうが。

GDCでもうひとつ個人的に嬉しかったのは、DS版『ゼルダの伝説』が発表されたことだ。

『風のタクト』に登場した、トゥーンシェイドで描かれたリンクは、ウチでは「きむらくん」と呼ばれている。なぜそうなるのかはよく判らないが、ぼくがプレイしていたのを脇で見ていたリムリムが、ごろごろと砂浜で前転する愛らしいリンクを称して「きむらくん」と呼んでいたのがきっかけだ。
たぶん、猫目小僧みたいな目をした木村くんという友達でもいたのだろう(勝手な想像)。

今回発表された『ゼル伝』は、その『風のタクト』の独特なグラフィックを利用した、半2Dタイプのアクションゲームのようだ。ゲーム中のマップ画面に、タッチペンで実際に手書きのメモを書き込めるというのは、これまでありそうでなかった機能で、ゲーム内容を紹介した動画を見た時、目から鱗が落ちる思いがした。
最近のDSというと、「いかにもなゲーム」よりも「新しくて異質なゲームっぽいもの」のほうがクローズアップされがちで、それはそれで、ユーザーの底辺を広げる意味ではいいのかもしれないのだが、もとからのゲーム好きにしてみれば、もっとゲームゲームしたもので遊んでみたいというのも本音ではあった。
そういう意味では、『ゼル伝』の発表は素直に嬉しい。
おそらくリムリムも大興奮だ。

いや、たぶんゲームはぜんぜんヘタだろうが。