<< 妄想 2006/03/24 | main | 妄想 2006/03/26 >>
 
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< March 2016 >>
Category
Archives
Web拍手

↑クリックすると↑
web拍手が送れます
ウレユサ日記27 2006/03/25
ぐるじお。

いまさらだが、この前PS2版の『Mi MANIAX』を買った。『Mi:2』発売前に少しでもはずみをつけるため、もちろん自腹で購入である。
何度も繰り返すが、ぼくはこれまでSNKからゲームソフトをもらったことはない。全部買っているのだ。
まあ、必要経費だし。

というわけで、『MiM』も発売日に自分で買ってきた。無印『Mi』とどこが違うのか、Xbox版とどう違うのか、ざっと知りたかったのと、収録されている『Mi:2』のムービーに興味があったからだ。

結果的にいえば、ムービーはすでに配信されているものと変わらない。ストリーミング配信でないぶん、こちらのほうがさすがに綺麗だが、ぼくはすでに何十回となく見ているので、当然ながらあらたな驚きというものはない。
オープニングのダイジェストにしたところで、こちらはテスト版でフルサイズのものを毎日のように見ているわけだから、「ああ、このあとに続くシーンが燃えポイントなんだけどな」などと思う程度だ。

肝心のゲーム部分は、無印『Mi』とはセーブデータが別物で、もう一度ミッションをこなさなければ衣装が揃わないと知った時点でやや萎えた。
が、これもまた毎日『2』で遊んでいる身としては、「まあ、あっちの衣装のほうがいいしなあ」と思えばさほど悔しくもない。
プレイに支障のあるバグはそれなりに修正されているようだし、これまで『Mi』を持っていなかった人が、『2』の予習のために触っておくという意味でなら、今買っておくのは無意味ではないだろう。『2』が発売したあとに買おうとすると、ちょっとその存在意義に「?」がついてしまうが。

『MiM』のセールスポイントといえばやはりマニアクスモードだが、『2』に搭載されるマニアクスモードは『MiM』のそれよりも優秀で、さまざまな改善点がある。
あくまでテスト版で遊んだ上でぼくが気づいた差異だが、簡単に述べると、

・『MiM』ではズームイン&アウトがRスティックに割り振られていたため、ネオジオスティックなど、Rスティックのないコントローラーでは完全なカメラ操作が不可能だったのに対し、『2』ではLトリガーにズームイン&アウトが割り振られている。
・『MiM』ではつねにキャラとキャラの中間点にカメラの焦点が固定されていたのに対し、『2』ではR1トリガーによって、キャラ同士の中間点、1Pキャラ、2Pキャラのそれぞれにターゲットを変更することが可能になった。
・『2』ではR2トリガーを押した状態でのカメラの移動速度が遅くなり、より細かいアングル調整が可能になった。


……といったところか。
身贔屓の部分もあって、どうしても『2』のほうが上という論調になって申し訳ない。

ちなみに、『2』はサバイバルモードも面白い。