<< 妄想 2006/03/29 | main | ウレユサ日記28 2006/04/02 >>
 
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< March 2016 >>
Category
Archives
Web拍手

↑クリックすると↑
web拍手が送れます
妄想 2006/03/31
本当に正気か、この女!?

「わたし、架空のキャラにこんなに入れ込んだのってシャア以来なのよね」
臆面もなくそんなことをいうネムネム。
ご覧の通りの軍人さん以来というほどネムネムがハマっている架空のキャラとは、もちろん、

くずのはくん

この葛葉ライドウくんのことである。

あのあと結局、ぼくが自腹で『デビルサマナー 葛葉ライドウ対超力兵団』のソフトを買ってきた。そして当然のように、ネムネムが家にいる時に、ネムネムの代わりにぼくがプレイしている。
それを横で見ながらネムネムがほざいた。
「せっかくのライドウくんの走り方がカッコ悪いんだけど、うれうれの動かし方がマズいんじゃないの? もっとこう、くいっとシャープに動けないの、シャープに?」
……誰が操作してもいっしょだ。

それにしても腑に落ちない。
たとえばシャア・アズナブルというのは池田秀一氏の声でしゃべるわけで、それをテレビでずっと見ていてシャアにハマったという話なら、まだ信憑性は感じられる。
だが、ライドウくんの場合はまったく違う。
そもそもゲーム中のライドウくんにはセリフがまったくないのだ。ときおり挿入されるムービーシーンを除けば、あとはもうあちこち走り回ったり悪魔に刀で斬りつけたり、銭湯でヤクザ相手に素っ裸で殴り合いをしたり、道端に落ちているものをいちいち意地汚く拾い上げたり、とにかくこのライドウくんが見せるモーションといえばそのくらいのものなのである。
おまけにネムネムがライドウにハマったのは、これらのゲーム中の動きを実際に見る前のことだった。

にもかかわらず、どうしてここまでハマったのか。
どうやらあの学帽にインバネス(マント?)に原因があるようだが、本当のところは彼女自身にもよく判らないらしい。
いずれにしても、
「会社で聞くからこれきょう貸して!」

超力音源

などといい出すくらいなのだから、相当なものだ。

それにしても……。
これを見ていたら、なんだか初代『デビルサマナー』がやりたくなってきた。
でも、そのために世界で一番美しい携帯ゲーム機を買うのもなあ……。