<< 妄想 2008/10/08 | main | TGS08日記02 2008/10/10 >>
 
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< March 2016 >>
Category
Archives
Web拍手

↑クリックすると↑
web拍手が送れます
TGS08日記01 2008/10/09
ビジネスデイ初日。

通勤ラッシュの時間をはずして家を出る。待ち時間なしで快速+快速のスムーズなコンボで11時前に海浜幕張に到着。
SNKブースでは、ちょうど新作発表会が始まったところで、部長→社長へとレベルアップした偉い人が壇上でマイクを握っていた。

立場的にもそうだが、ぼくの一番のお目当ては『KOF XII』と『KOF 2002UM』である。
どちらも実機で稼働しているのを見るのはぼくも初めてだが、こうして動いているのを見ると、とにかく感動する。
『XII』では、ライデンでかくてカッコいい。アンディさんもシャープでカッコいい(庵はぼくが褒めなくてもみんな褒めるだろ)。
格ゲーの本質的な楽しさとグラフィックレベルというのは、極論すると直接関係ないことなのかもしれないが、あのデカいキャラがぬるんぬるんとなめらかに動くのを見てしまうと、もう昔のグラには戻れない気がする。発表直後から、アテナがむっちりになったとか、ラルフがボリュームアップしすぎだとか、そういう意見があるのは事実だが、実際に動いているキャラを見るとそれらがすべて瑣末なことのように思えてくるから、やはりビジュアルインパクトというのは重要だ。
……というか、逆にテリーやリョウたちは、『'94』の頃にはスマートになりすぎて原作と違うといわれていたので、ある意味これでもとに戻ったんではなかろうか。

で、もうひとつ、『02UM』。こちらはすでにPS2でガシガシ動いていた。『2000』や『'98UM』のオープニングもカッコよかったが、個人的には今作のオープニングは歴代で一番かもしれないと思う。本当にカッコいい。ヒロアキさんの絵でアニメーションとかするしな。
今回はオープニングもキャラセレ画面もリザルト画面も、ほとんどすべてヒロアキさんにがんばってもらったということなので、グラフィック的な統一感があるのもよい。
そういえば、ファミリーデイにおこなわれる『02』の大会は、無印ではなくUMを使用しておこなわれると、博士がステージ上でいっていた。

ちなみに、これが『02UM』のメインビジュアル。

メインビジュアル

左上がけー、右がくー、そして真ん中にいるのがストーリーもないのに出てきてしまったオリジナルキャラクターのハザマクロオ(嘘)。中の人などいない。

以下、SNKとはあまり関係のない話。
会場でぼんやり『XII』の試遊台を眺めていたら、「嬉野さんですか?」と声をかけられた。
「はい、そうですが……?」
「NintendoDream編集部のニンドリくん(仮)です」
「ああ!」
どういうつてなのかはよく知らないのだが、この人はネムネムの知り合いで、毎月我が家にニンドリを送ってくれる親切な御仁だ。ゲームショウの取材にやってきて、偶然ぼくを見かけてぼくに声をかけてくださったのだろう。
ただ、おたがい初対面のはずなのに、どうしてニンドリくん(仮)さんがぼくの顔を知っていたのだろう。

こういうこともあるのだなというお話。