Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< March 2005 >>
Category
Archives
Web拍手

↑クリックすると↑
web拍手が送れます
妄想 2005/03/23
土曜日の夕食時のこと。
ネムネムとリムリムがビーフシチューを作ることになり、コクを出すために使うとかで、急にインスタントコーヒーが必要になった。調理担当ネムネム&その補佐リムリムという布陣がすでにできあがっていたため、消去法でぼくがコンビニへ行くことになったのはいいのだが、ちっちゃいコーヒーをひと瓶買うだけというのもアレなので、ついでにヱビスの黒生と少し甘口のドイツワイン、それにおつまみになりそうなものをいくつか買ってみた。

家に帰ってみると、案の定、「わたしも手伝うし〜」とかほざいていたリムリムはまったくの戦力外で、ネムネムがほとんどひとりで調理をしていた。さっそくぼくが持ち帰った袋の中身を物色し始めるリムリム。
「ねー、うれうれ、どうしてチョコなんか買ってきたわけ?」
「カレーやビーフシチューのコクを出すには、コーヒーやチョコを入れるといいという話だ。コーヒーも買ってきたが、チョコも使うかと思ってな」
「ちょっと食べていい?」
「かまわんが、苦いぞ?」
「……いらない」
あっさりチョコを放り出したリムリムを横目に、ぼくはネムネムにいった。
「ネムネムが好きな鮭とばも買ってきたのだが」
知らない人がいるかもしれないので一応説明すると、鮭とばというのは、簡単にいえば、塩で味つけをした鮭を寒風にさらして熟成させた一種の保存食だ。スルメのように、噛めば噛むほど味が出る系の酒のおつまみと思っておけば間違いない。
アイヌっ娘のナコルルも、きっと鮭とばを常食にしていたんだよ。うふふふふ」
などとぼくがほくそ笑んでいると、リムリムがいきなり大きな声で、
「えっ!? 赤兎馬買ってきた?」
……嫁入り前の少女が、素でそういう空耳をやらかすあたりに、我が家の環境がいかなるものかが窺える。

その後、みんなでフィギュアスケートの中継を見ながらビーフシチューを食べた。
「この選手は細くて可愛い」とか、「だっさいコスチューム。お国柄?」とか、「この子のコーチ、『ハウル』の荒地の魔女みたい」とか、好き勝手なことをいいながら食べるシチューはおいしかった。

妄想 2005/03/14
きのうの日曜日、ウチにリムリムの友達が3人ほど遊びにきた。当然のことながら、全員が若い女の子である。
なんだか照れ臭いので、ぼくは挨拶もロクにせずに1階の仕事部屋に引きこもってしまったから、彼女たちが何をして遊んでいたのかはよく判らなかったが、いろいろと騒がしかったことだけは確かだ。

で、そのお友達がきゃいきゃいいいながら帰っていったあと、夕食の時に年上女のネムネムがぼくに向かっていうには、
「きょう来たのはさ、リムリムの同級生の中でもトップクラスの可愛い子たちなんだって」
何ですと!? クラスのカワイコちゃんトップ3が揃って遊びにきていた!? ちっくしょう、だったら遠慮してねえでじっくりナメるように凝視してやりゃあよかった!
「ちょっと、どしたの、うれうれ? 顔が怖いけど」
「……いや、別に」
「あっそ」
人知れず唇を噛み締めるフクザツな男心を理解しようともせず、さらりと軽く流して人が作った味噌汁をすするネムネム。くそう。
「それはそれとして、じゃあ誰が1番なんだ?」
「さあ? AちゃんかTちゃんあたりかな」
名前でいわれてもさっぱり判らん! 写真を持ってきて簡潔に説明せよ! と叫びたいぼくの胸中も知らぬげに、ネムネムはリムリムに尋ねた。
「ねえ、誰がクラスで一番可愛いってコトになってるわけ? あんたじゃないってことは確実だろうけど」
すこぶる無礼なその質問に、リムリムは平然と答えた。
「違うよ、クラスで一番可愛いのはKくんだよ」
「は? それはひょっとして、きみがことあるごとに話題にする、同じクラスの男子のT・Kくんのことか?」
「うん」
「するとナニか、きょう来た女の子たちを押さえて、そのKくんとやらがクラスで一番可愛いわけか?」
「うん。……可愛いっていうとスゴく怒るけどね、Kくん」
リムリムがそういうのを聞いて、ぼくとネムネムは顔を見合わせて笑った。

本人はかたくなに否定しているが、どうやらリムリムは、そのKくんのことが好きらしい
もし今度Kくんがウチに来たら、どんな美少年なのか確かめてみよう。

妄想 2005/03/09
日中、ぼくはたいていひとりで家にいる。
年下女のリムリムは学校に行っていて、6時近くまで戻ってこないし、もうひとりの同居人である年上女ネムネム(これもヘンな仮名だ)は、昼頃に出勤、深夜に帰宅という変則的な仕事に就いている。
だから、日中、ぼくはたいていひとりで家にいる。
そういうわけだから、自然と、食事を作るのはぼくの役目になっていた。

で、きのうの昼。
食材を買おうとコンビニに行ってみたら、お弁当コーナーの前に、まだ20代なかばくらいのゆるゆるな女の人がいるのが目についた。
たとえば、何か目的があってそうしているわけじゃなく、単に美容院に行くのが面倒だったために延びてしまったとおぼしい、無造作にヘアゴムで束ねられたもっさりした黒髪とか、相当にゆるいと思う。
さらに、いかにも寝起きのまま家を出てきましたといった感じの、少し年季の入ったスウェットの上下+ピンクのサンダル+スッピンの顔とかも、かな〜りゆるめだった。
その女の人は、おにぎりとかサンドイッチとかペットボトルのドリンクとか、調理する手間がいっさいかからないものばかりをカゴにブッ込み、大きなあくびをしながら、スウェットの裾から手を突っ込み、おなかをぼりぼりとかいていた。
繰り返すが、その人はどう見てもまだ20代だった。怖いもの知らずの小娘でもないし、さりとて恥じらいを捨てるほどの年でもない。好みもあるだろうが、素材としてはけっこう綺麗めの人だった。
なのに、周りに店員やほかの客がいるところで「ふあ〜……ぼりぼり」である。ぼくも、同年代の会社勤めの人間とくらべれば、かなりゆるゆるだるだとは思うが、それでもコンビニでズボンに手を突っ込んで「ふあ〜……ぼりぼり」とはやらない。
それを彼女は平然とやってのけているのだ!

なるほど、太上老君が唱える無為自然の境地とはかようなものであるか」などと感心しているぼくの前で、彼女は食べ物ばかりを買い込み、店を出ていった。
まだ若いのに女を捨てている、というよりは、どこか達観したようなたたずまいが彼女にはあって、でもやっぱり男としては、「アレはいかがなものか?」と思ってしまった。

家に帰ってみると、とっくの昔に仕事に出かけたとばかり思っていたネムネムがホットカーペットの上で寝ていた。テレビがつけっぱなしになっていて、『冬の輪舞』のケリー・チャンに似た女優がまた懲りもせずに泣いている。
ネムネムも、ゆるゆるなところが満載の女だが、家の外に出る時はパリッとしているし、むしろそうしたことには必要以上に気をつける口だと思う。
ぼくが目撃した彼女についてどう思うか、ネムネムが起きたらちょっと聞いてみよう。

曹操さまを殺そうなんて、おめぇ悪い奴だぁ!
みなさん、真・三國無双4してますか。
管理人・たいへいたは許楮で戦ってます。
(えーと、KOFでいうところのチャン・コーハン?)
3ではじめてプレイしたとき、つぶらな瞳で「曹操さまぁ〜! ハラが減っては戦はできねえだぁ」というセリフを繰り返すので、すっかりファンになりました。

4でも、足が遅くてすぐに味方が敗れてしまところ(赤兎馬をゲットすればそんなことはなくなる!)、袁紹に「もっさりのっぺり」とか暴言を吐かれてしまうあたり、ほっとけませんな。だけどそんなことをいっているうちに、何度も戦死してます……。

曹操さま、おらぁ次がんばるだよ!

(でも、いちばん好きなのは惇[とん]兄。夏候惇はかっこいい!)

妄想 2005/03/03
ランチアのプラモを買ってくる

というのは、ウチでは、「他人から何かの目的があってあずかったお金をまったく別のことに使ってしまう」行為を意味する。
その来歴はこうだ。

ぼくには双子の弟がいて、その弟くんが子供の頃、何の用事だったか、とにかく母親から金を持たされて、学校の近くにある雑貨屋に買い物に行った。
小一時間後、買い物から戻ってきた弟くんの手には、母親に頼まれたお使いのブツはなく、代わりにランチア・ストラトス(白いボディに赤とか緑のラインが入ったアレだ!)のプラモデルの箱があった。
弟くんいわく、「買ってこいっていわれてたものがなかったから、代わりにランチアのプラモ買ってきちゃった」んだそうだ。
別に小遣いとしてあたえた金銭でもなかろうが、たぶん当時の彼には、それが自分の好きに使っていいドリームマネーに思えたのだろう。まあ、コドモのしでかしそうなことではある。

その話をして以来、たとえばリムリムにちょこっとお金を貸したりする時には、かならず、「いっとくけどランチアのプラモは買うなよ!」と釘を刺すようにしている。

ちなみに、母親に怒鳴られてすごすご店までプラモを返品しに戻った弟くんは、今では『ケロロ軍曹』の原画マンをしている。
リムリムは『ケロロ』が大好きだ。