Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< September 2008 >>
Category
Archives
Web拍手

↑クリックすると↑
web拍手が送れます
妄想 2008/09/30
命名。

母から電話。
「この前あんたが『目薬』って名づけたあの野良猫のことだけどねえ、

見事な肉球

結局お父さんが家に連れ帰ってきて、ウチで飼うことにしたよ」
ほほう。
するってェと、今度実家に帰省した時には、人に抱っこさても暴れるということを知らない、ほとんど無抵抗の愛らしい仔猫をいじり放題好き放題にできるってェ寸法かい。
そいつはめでてえね、どうも。

妄想 2008/09/29
WiiWiiしい。

所用あって、雨の中を吉祥寺へと出かける。
いくつか用事をすませると、ちょうど昼時だったので、ひさびさにエスニックが食べたくなり、アムリタ食堂へ行ってみた。
ぼくが行った時は運よく待たされずに座れたのだが、その直後あたりから続々と人がやってきて、あっという間に行列が。行列のできるエスニックのお店というのもそうはないと思うが、ラーオターオ以下略を食べながら客層を分析してみると、おおむねこのご近所ではたらいている20〜30代の女性たちで、男性客はぼくも含めてたったふたり(ついでにいうなら向こうはカップルで来店)。
そんな中でちょっと気になったのが、セーラー服姿の女の子4人組。
「きみたち、学校はどうしたのかね?」
という思いが頭をかすめないでもなかったが、それ以上に思ったのは、
「きみたち、もしかしてエスニック食べるの初めて?」
ということであった。メニューを見ながら、これ何だろ? とか、どういう料理? とか、友達同士でこそこそいいながら、なかなか食べるものを決められずにいる姿は、この店に入ったのが初めてなんじゃないかということを思わせるものだった。

別にこのお店は高級店というわけではなかったが、さりとて親からおこづかいをもらっている立場の少女たちがふらっと入ってランチをたぐっていくというお店でもない。ドリンクをつければ1200円〜くらいはかかる。マックならこの半分でおなかいっぱいになるだろうに、なぜ彼女たちは、あえてこの店を選んだのか。
もしかして、オトナのおねえさんたちが入るような店に、ちょっと背伸びして入りたくなったのだろうか。
何か微笑ましいな。

妄想 2008/09/28
な、なんだってーっ!!

日経あたりからの情報で、年内にDSの新機種が出るというニュースを知った。
ぼくがふだん使っているジェットブラックのLiteは、ときおり上画面が消えたりする妙な現象が発生するため(まあ、何千時間使用しているかもはや自分でも判らないしね)、そろそろ買い替え時かなとは思っていたのだが、だからといってこの新型にすぐさま飛びつく気にはなれない。
まずはこの新型がどれくらいのサイズと重量かが問題である。もしこれがLiteより重くデカくなっているのなら、少なくともそんなすぐに買おうとは思わない。
それと、初期ラインナップにブラックがなければ、これまた買おうとは思わない。Liteが発売された当初、初期ラインナップにブラックがなかったため、ぼくが実際に無印からLiteに乗り換えたのはかなりあとになってからだった。

まあ、モックアップすら公開されていない状態であれこれいっても仕方ないわけだが。

妄想 2008/09/27
こらこら。

夕方から塾に行く時、リムリムはぼくが作った弁当を持っていくわけだが、この前、いきなりリビングで弁当を広げておもむろに食べ始めた。
「……何をしているのかね?」
「え?」
「そのお弁当は、きみが塾で食べるために用意したものなのだが」
「っていうか、早弁」
「は?」
「いやー、塾の授業がけっこう厳しくてさー、休み時間になっても落ち着いて食べてるヒマないんだよね。先生に質問したりとか。だから今のうちに少しでも食べておこうと思って」

彼女は彼女なりにたいへんなのだとは思うが、くれぐれも授業前に満腹になって居眠りなどしないことを願う。

ポケモン暴走日記 2008/09/26
ようやく。

『ポケットモンスタープラチナ』のポケモン図鑑をコンプリート。アルセウスが配信されるのがいつなのかは判らないが、とりあえず図鑑がすべて埋まっているのは気分がいい。

ただ、今回の『プラチナ』で、映画前売券配布のレジギガスでレジ系3種類がゲット可能、さらには全国図鑑にパワーアップ後にサンダー、ファイヤー、フリーザーの3鳥もゲット可能になることを考えると、どうしても足りないのはエンテイ、ライコウ、スイクンのケダモノトリオ。
思えばこいつらは、GBAでリメイクされた『FR』、『LG』を3回クリアするか、もしくはGC版『ポケモンコロシアム』をクリアしないと3匹揃ってゲットすることができないようになっている。その気になりさえすれば何十匹でもゲットできるが、そのために数十時間の労力を要求するレア度の高いポケモンだ。
それをあえて『プラチナ』で捕獲できないようにしておくということは、やはりゲームフリークは『金』、『銀』、『クリスタル』のリメイクでも考えているのか。

妄想 2008/09/25
判らない人にはまったく判らないお話。
続きを読む >>

妄想 2008/09/23
アレルゲン。

お盆直後に帰省してからひと月ほどしかたっていないが、わけあって日帰り帰省。塾の補習があるリムリムは東京に残り、代わりにネムネムが同道した。
「いよいよ実物のラブやんと対面ね」
などと拳を握り締めるネムネム。これまでデジカメの画像でしか見たことのないラブやん(田舎の両親が飼っている猫)をいじれるとあって、猫好きの血がたぎっているらしい。
これが実家の猫たち。

ラブやんが本名

寝てます

目がくりっとしているのがラブやんで、いかにもふてぶてしい朝青龍みたいなのがさくら。

で、ぼくとネムネムが猫たちとまったりすごしていると、両親の話から、実家の周辺がすさまじい野良猫パラダイスと貸していることが判明した。
「すばらしい! それは是非確認しなければならないわね!」
と、なぜか土地勘ゼロのくせに率先して散歩に出ようとするネムネム。
それにつき合う形でぼくも実家の裏に出向いたわけだが、そこに広がる光景は完全にぼくの想像を超えていた。
とにかく多い! 多いのである。猫が!
うちは少し前まで銘木店をやっており、その名残で今もあちこちに材木が積まれていたりするのだが、その材木と材木の隙間にうじゃうじゃと猫が棲みついているのである。総数はうちの両親も把握していないそうで、少なくとも20匹近くはいるのではないかということだった。
実はうちの実家のすぐ裏には大きな池があり、業者さんがそこで鯉を養殖しているのだが、どうやらこの人が無類の猫好きで、いつもこの池に仕事に来るたびに、猫たちに刺身(!)を買ってきて食わせているというのである。そのためか、ここの猫たちは人間に対する警戒心が薄いようで、エサをくれるわけでもない人間がやってきても、意外に逃げない。
その最たるものが、ぼくが勝手に「目薬」と名づけた仔猫である。
何を考えているのかこの目薬、猫を捜しにやってきたネムネムの前によろよろと現れ、さして動きがすばやいともいえないこの女に、あっという間に捕獲されてしまったのである。

見事な肉球

どうもこの目薬、軽い眼病にかかっているようで、うちの親がわざわざ動物病院で処方してもらってきた目薬を定期的に点眼されているという。つまり、還暦をすぎたウチの親にも、点眼のたびにあっさり捕獲されているのであろう。
「可愛いわねえ」
ネムネムに抱っこされたまま、まったく抵抗しない目薬。目薬をさされ、さらには抗生剤を呑まされ、それでも逃げだそうとしないというのは、野良としてはいかがなものか。

もっとも、目薬の兄弟からして、見知らぬ人間がこんな至近距離にいるにもかかわらず、

目薬より小さい

こうして呑気に香箱座りするような猫なわけだが。

妄想 2008/09/21
ほろ苦い思い出。

『ポケモン』で遊ぶ時、ぼくはいつも男の子主人公を「ウレシノフ」と名づける。別バージョンでは女の子主人公を選んで「ウレシーヌ」にする。

話はトートツに飛ぶが、数年前、丸井で「このキャラクターの名前を大募集!」みたいなことをやっていた。その時のイメージキャラクターは、確かふわふわした犬っコロ(♀)だったと思う。
で、たまたまネムリムうれの3人で吉祥寺の丸井で買い物をしていた時に、このキャンペーンを見て、「ちょっくらわしらで名前をつけてやろうかい(超上目線)」ということになり、その場で考えて応募BOXに放り込んだ名前が、

大犬太

だった。
これはもちろん(何がモチロンだか)、「おおいぬふとし」と読む。ヒジョーに男らしい名前である。
トーゼンのことながら、審査の結果選ばれたのは大犬太などという性別を超越した名前ではなく、確か「ウレシーヌ・ミミー」とかいう名前だった。おそらく「嬉しい」+「犬」のステキなフュージョンであろう。

今でも『ポケモン』で遊んでいると、ときどきこのことを思い出す。

『KOF』日記 2008/09/19
いまさらだが。

AMショーで発表された『KOF XII』の動画を見た。
モバイル用のサイドストーリーなんかでちょこちょことお手伝いをしている関係で、ぼくはたびたびSNKの東京支社に出入りしているのだが、その時にちらりちらりとドット打ち作業中のパソコン画面を目撃したことがあるくらいで(確かあれはシェン・ウーさまだったな)、実はまだネットで配信されている以上の映像とかを見たことがなかった。
しかし、今回公開された動画を見ると、何というかこう……『餓狼SP』? 『龍虎2』? とにかくあの頃のことをふと思い出す。
「そこまでやらなくたって!」というくらい背景がわさわさとうごめき、デカいキャラが縦横無尽に動き回るさまは、あの頃の、「とにかく触ってみてえ」と思わせる何かがある。
TGSでじっくり見られるとよいが。

妄想 2008/09/18
ダブルダブルチーズバーガー。

いつも午前さまのネムネムが、珍しく日付をまたがずに帰宅してくるというので、彼女の希望で西荻窪で合流。駅から徒歩10秒のところにある、「Village Vanguard Diner 西荻窪店」で、ハンバーガーをテイクアウトしてきた。
ぼくはここのハンバーガーが好きで、しかしカロリーのことを考えるとそうそう通うわけにもいかず、西荻窪店には1年ほど行っていなかったのだが、さいわいにしてメニューの変更もなく、見慣れたラインナップが揃っている(確か吉祥寺店は去年メニューが変わってしまった)。
特にぼくが好きなのは、チーズたっぷりビーフたっぷりのダブルダブルチーズバーガーというヤツで、あまりの破壊力に総カロリーがいくらなのか知りたくもない(まあ、もっとスゴげなハンバーガーもあるのだが)。ちなみに、某ソワレの好きなハンバーガーもこれである。

もっとも、きょうぼくが買ったのは、マッシュルームモッツァレラバーガーで、その名の通りキノコとチーズたっぷりの、これまた破壊力抜群の一品。ネムネムはチリとチーズを組み合わせたものがいいということで、コニーアイランズバーガーというのを選んでいた。

帰宅後、ヒューガルデンホワイトを飲みながら(ビールも久しぶりだな)、ふたりしてもっくもっくとハンバーガーを食らう。
その後、ケーブルテレビでやっていたウルトラマン関係の番組を観ながら、ネムネムがウルトラマンレオ体操を踊り出した。

やはり彼女には、何か前世からの呪いでもかかっているに違いない。

妄想 2008/09/16
前世戦士?

「ノモセシティで……やらなければならないことがあるのよ……」
いきなりネムネムがそんなことをいい出した。無論、寝言である。
ノモセシティというのは『ポケモン』に出てくる町の名前で、グレッグルを使って町興しをしているようなところである。
そのノモセシティでネムネムがやらなければならないことがあるというのだから、おそらくグレッグル絡みだとは思うが、何しろ妄想にいろどられた夢の話なのではっきりしない。
ネムネムが起きたあとに、あれはいったい何だったのかと尋ねると、
「あの町で何か大事なことをやり残しているのよ。でも、それが何なのか思い出せなくて……」
「ていうか、結局は夢だろ? そもそもきみ、『ポケモン』やってないじゃん」
「それでもとても大事なことだったのよ」
それはつまり、アレか? 数奇な運命にみちびかれて、前世での記憶が夢の中でよみがえってきたというアレか。
まさかこんな近くに前世戦士がいたとは気づかなかった。

妄想 2008/09/14
最初の殿堂入りまで24:14。

『プラチナ』。
ひとまずチャンピオンになってひと区切りついたのだが、考えてみると、ハナシの流れでギラティナこそゲットしてはいるが、ディアルガもパルキアもテンガンざんの頂上に放置したままだし、あのマッドサイエンティストのじじいもどうなったのか不明。
アカギさま(27)も無事にやぶれたせかいから帰ってこられたのかどうか判らんままなので、おそらく前作以上に殿堂入り後の比重は高いと思われる。

まったく関係ないが、深夜に観ていた『銀河鉄道999』の話。
鉄郎が幼少期を思い返す回想シーンがあったのだが、そこで登場していた鉄郎の父が、どう見ても無職のダメオヤジ風だったことにネムネムとふたりでポカーン。
「原作にこんなシーンあったっけ……?」
ぼくもネムネムも、初代原作は全部読んでいるはずなのだが、こんなにはっきり鉄郎の父が登場していたという記憶はまったくなかった。というか、あの頬傷のあるヒゲ無職が、この直後になぜかハーロックの親友になって、さらに袂を別ったあと、機械の身体を手に入れて黒騎士ファウストになるという展開でいいのだろうか?
まあ、あのファウスト自体、『さよなら銀河鉄道999』のためにあとづけで作られた父親キャラだということは判っているのだが……。

「これだから昔のアニメはやめられないわね……」
ゴクリ……と喉を鳴らして食い入るように画面に見入るぼくとネムネム。
意地の悪いオトナだな。

ポケモン暴走日記 2008/09/13
ポケモン。

というわけで、『ポケットモンスタープラチナ』の発売日である。
前もって予約してあったため、朝7時にセブンイレブンに受け取りに行ってきた。
とりあえずの目標は、この連休中に殿堂入りまで進めることである。

妄想 2008/09/12
10周年。

きょうはエンターブレインのえんため大賞受賞パーティー。
いつもここのパーティーには、某ひむひむや現津みかみさんなど、『PSp』(ポータブルのアレ)好きの人間が集まるので、「こいつぁマルチモードでプレイするチャンスか!?」とブツを用意して挑んだのだが、よりによって某ひむひむが、先日の帰省の折に実家にPSPを忘れてきたとかで超がっかり。

まあそれはともかく、いつもなら近場のダイニングバーに移動して二次会となるところを、今年はファミ通文庫が10周年ということで、ホテルを移動してわりときちんとした二次会があった(東京ドームホテル→ホテルグランドパレス)。
いつもの二次会はファミ通文庫で仕事をしている作家&イラストレーター+編集部のみなさんだけでやるのだが、今回は裏方のデザイナーさんたちもいらしていた。
というか、会場となったホールに行ったら、どこかで見たことのあるふたり組と遭遇。ウチのサイトや『龍は躍り〜』などでお世話になっている、ムシカゴグラフィクスのスズキクモさん&百足屋ユウコさんである。
そのほか、顔見知りのデザイナーさんなどともご挨拶できて、なかなかに有意義な数時間であった。
くじびきではちょいとお洒落なグッズが当たったりもしたし。

などと満足感にひたりつつ帰宅したぼくは、朝一番にまた出かける。

ポケモン暴走日記 2008/09/11
もうすぐ。

アニメの『ポケモン』に、ようやくメリッサさん登場。サトシくんやヒカリちゃんがこれまでゲットしてきたバッジの数から単純計算すると、まだまだ全行程の半分にもいたっていないのではないかという気がする。サ〜トシくんは8つのうちの4つ、ヒカリにいたっては5つのうちの2つしかゲットしていないしな。
たぶんサ〜トシくんが次のジムリーダーと対決するよりも、ぼくが『プラチナ』で殿堂入りするほうがずっと早いに違いない。というか、土曜発売なので、連休明けには片をつけたいものだ。

妄想 2008/09/10
相変わらず。

リムリムが裸族。
きょうもまた入浴後に肩からタオル1枚はおっただけのなりであたりをうろついているので(本人いわく、まだ暑いかららしい)、いい加減にしろと説教しようと思ったのだが、ふと気づくと姿が見えない。寝室に引っ込んで寝たのかなと思っていたら、トイレのほうでじゃ〜っと水の流れる音がして、リムリムが階段を上がってくる足音がした。
「きみ、いくら何でも――」
「ん?」
怪訝そうに首をかしげてリビングに上がってきた彼女はタオルすらはおっていない完全なすっぽんぽんだった。
「きみが風呂場から出てきて10分以上たつが……きみ、その恰好でずっとトイレに入っていたのかね?」
「うん」
「トイレの窓、開きっぱなしじゃなかった?」
「え、そう? 気づかなかったけど」
「…………」
自宅内限定で羞恥心ゼロの勇者少女は、恥らう様子もなく自分の部屋に入っていった。
その後ろ姿を見送ったぼくは、彼女のケツに、おそらく便座の痕であろうUの字型のうっすら赤いラインが残っているのに気づき、それを聞こえよがしな大声で指摘してやった。

暑いのは判るが、せめてブラとパンツぐらいつけろ。

妄想 2008/09/08
潰れた……!

きょうは吉祥寺で打ち合わせ。今はまだヒミツだが、

いおりん

コレ絡み。

で、その打ち合わせに行く際、暑い中を徒歩で吉祥寺まで向かったのだが、ヨドバシの近くにあったデニーズがブッ潰れていた。
吉祥寺ではおそらく唯一の24時間営業のファミレスだったのに……。
まあ、セブン&ワイは以前からファミレス事業の見直しがどうのこうのといっていたようだし、正直、この吉祥寺店はお世辞にも繁盛しているとはいいがたかったので、閉店もやむなしといったところかもしれない。吉祥寺にはほかにガストとココスがあるが、この3店の中ではデニーズが立地条件的に一番厳しかった上に、ドリンクバーもなかったからな。

跡地にジョナサンでも入らないかな。

妄想 2008/09/06
チチチチ!!

先日の『クッキングパパ』の影響で、きゅうにハヤシライスが食べたくなり、クルーゼ隊長にいっぱいのハヤシソースを作る。
ああうまいうまい。
……でも、ついカッとなって作ったこの分量からすると、たぶんぼくはあしたもハヤシライスを食べることになるだろうな。

それはそれとして、きょうは月イチでかかっているクリニックに行った。
いつも血液検査をしてお医者さんのお話を聞いて、近所の薬局で薬を買ってくるだけなのだが、きょうはハヤシライスの材料を買うため、そのまま西荻窪の駅前へ。
その道中、お茶を買おうとして硬貨を自販機に入れようと思った時、
「うおぅ!?」
自分の右肘の内側が真っ赤に染まっている! どうやらさっきの血液検査で針を刺したところから、知らぬ間にどくどくとまた出血していたらしい。血小板が極端に少ないとかいうことはないのだが、どうもぼくは、しばしば出血がなかなか止まらないことがあるのである。
しかし、この時点でこれだけ出血しているということは、検査後の待合室ではともかく、そのあと薬局で薬を買った時にはそれなりにもう血が出ていたはずなのだが……ぼくも薬局のおねえさんも、どうして気づかなかったのだろう?

妄想 2008/09/05
ぎゃふん!

きょうからケーブルで『雪山飛狐』の放送が始まっていたのに、うっかりしていて見逃した! 再放送でチェックせねば。
先週までやっていた『碧血剣』は、わりと原作に忠実な作りだった(ような気もする)が、おそらく『雪山〜』のほうは、原作を大胆にアレンジしているか、もしくは『飛狐外伝』とミックスした超展開になっているのではないかと予想。
というか、原作通りにやろうとすると、全体の半分以上消化しないと主人公が登場しないしな。
とりあえず、アテナ・チュウが出ているらしいので注目してみる。

あ、判らない人にはまったく判らないと思うが、中国の武侠モノのドラマの話。

『KOF』日記 2008/09/04
ようやく。

今週のS社の公式サイト更新で、今年のゲムショの出展タイトルの発表があったわけだが、その中に『KOF2002アンリミテッドマッチ』の名前を発見。実はコレのお手伝いもかなり前からちょぼちょぼとやらせていただいていたのだが、『〜アンリミテッドマッチ』というサブタイトルに決まったというのは初耳である。
まあ、お手伝いといっても、『98UM』の時のお手伝いと大差はないわけだが。

『ADK魂』というのは、ふつうに考えて『熱血GANGAN行進曲』と『ニンジャマスターズ』のカップリングソフトだと思うが、これが発売されると、いよいよオンコレの残弾数もかぎられてくるような気がする。
あとはハイパーネオジオ系? 正直、それ以外のメーカーのタイトルでぜひ欲しいと思うのは、『FHD』と『ブレイカーズ』シリーズと『天外魔境』と『レジドラ』と……けっこうあるな。

ほかにもゲムショ当日に発表されるタイトルもあるかもしれないので、ちょっと楽しみ。

妄想 2008/09/03
む〜ん。

ネムネムが足を捻挫したため、家の中にサロンパス臭が充満している。

いおりん

売れてるらしいですよ。

妄想 2008/09/01
こらこら。

「わたし、きょうから丸味屋のことを丸味屋さまと呼ばせてもらうよ!」
ごはんを食べながらいきなりそんなことをいい出したリムリム。
「こんなにおいしいものを発明するなんてすごいよ、丸味屋さまは!」
彼女がそういって絶賛しているのは、「混ぜ込みわかめ」である。あったかいごはんに混ぜ込んで使うふりかけ的なものなのだが、彼女はなぜか異様にこれが好きだった。類似品(たとえば「おにぎり山」とか)はまったく眼中になく、銘柄指定で「混ぜ込みわかめ」でなければならないらしい。
その「混ぜ込みわかめ」を炊き立ての白いごはんに振り掛けてもっすもっすとかき込みながら、そんなことをいうリムリムに、ぼくは、
「それをいうなら、まず毎日きちんとごはんを用意してやっているぼくをサマづけで呼ぶべきなんじゃないかな、きみは」
といってやった。
「そっか! じゃ、これからはうれさまって呼ぶよ!」

単純だな、おまえ。

いおりん