Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< November 2008 >>
Category
Archives
Web拍手

↑クリックすると↑
web拍手が送れます
妄想 2008/11/29
うーん。

リムリムは幼稚園時代からヤマハ音楽教室でピアノを習ってきた。
家ではロクに練習しているところを見たことがないので、本人の「わたしピアノうまいよ」という自己申告が客観的に正しいのかどうかは判らない。
がしかし、これだけ長く続けてきたというのは、そこそこにはピアノが好きだったからだろう(そこそこレベルで月謝を払わされ続けるほうは困ったもんだが)。

そのピアノ教室を、リムリムが、きょう辞めてきた。
理由はいろいろとあるが、一番大きいのは、やはり受験勉強のせいでピアノの練習やレッスンの時間を確保するのが難しくなったことだ。
というか、彼女が塾に通い始めてからずっと、ぼくはリムリムに、ピアノは辞めたほうがいいんじゃないかといってきた。塾がかなりスパルタで、正直、ピアノなんぞにかまけている暇がないのは端で見ていてよく判っていたからである。
だが、これまで長く続けてきたものを、そう簡単に辞めたくないということで、リムリムはなかなか首を縦に振らなかった。ピアノ教室には、学校や塾とはまた別のともだちネットワークがあり、先生があり、そうした人々と縁が切れるということも、リムリムの決断が遅れた大きな一因なのだろう。

ただ、リムリムは週に2コマ、ふつうのレッスン+個人レッスン的なものを受けていて、それだけで土曜の午後がほとんど潰れてしまうのに、平日の放課後がほぼ毎日塾通いという現状で練習する時間など確保できるわけがない。実際、ここひと月以上、彼女はレッスン自体に行っていなかった。
そういう自分の状況をかえりみて、リムリムもようやく決断したのだろう。

「まあ、受験が終わればまた通えるしな。一時休学と思えばいいじゃないか」
「わたし、受験終わってもピアノ科はやらないかもよ」
「え?」
わたし、ホントは歌が歌いたかったんだ
「は?」
「だからね、受験が終わったら歌のレッスンに通うよ! ピアノもやるかもしれないけど」

……ホントはピアノより歌がやりたかった?
きみ……それを聞いたら、きみとの別れを惜しんで泣いてた同じクラスの子たちも愕然とするだろうぜ。

妄想 2008/11/27
なんてこった!

『まちもり』。
たぬきちの店がランクアップしないと、パチンコとオノが店頭に並ばないのだということを初めて知った。
ついでにいうなら、カタログ注文でいくら買い物をしても店のランクは上がらないのだということも初めて知った。
道理で店の規模に変化がないわけだ。カタログ注文込みなら、とうの昔にスーパーになっていてもおかしくないくらい買い物をしていたし。

とりあえずオノがまだ手に入らないということが判ったので、おとうとくんの村からもらってきたナシは、確実な植樹のためにしばらく保管しておくことにする。ためしに2個植えてみたが、これがきちんと成長するかどうかはまだ判らないからである。

妄想 2008/11/26
けさ、我がきのきの村に初雪が降った。

初雪

しかし残念、シーラカンスにチャレンジするには少し遅すぎる時間帯だった!

妄想 2008/11/25
12月の末かな。

ハミ痛文庫の編集さんとあれこれやり取りして、いろいろと決めた。今週からまた忙しくなりそうだが、まあ、忙しいのはよいことである。
さしあたっては来月『彼女は戦争妖精』の2巻が出るのだが、近いうちにまた何かお知らせできるかもしれない。

いおりん

ちょこちょこと増刷しているようだ。

妄想 2008/11/24
そこまで好きか?

リムリムが唐突にリクエストしてきた。
「今度のわたしのお弁当さあ」
以前もいったが、ハードなスケジュールで塾に通っているリムリムのために、ぼくは週3回のペースでお弁当を作っている。
「何か入れてほしいおかずでもあるのかね? いっておくが、野菜のおかずは入れるなというのは却下だ」
「そうじゃなくて、おかずっていうか……焼きそば?」
「なぜ疑問形なのかね?」
「いや、だからね、焼きそばを入れてほしいわけよ」
「そんなほんのちょっとだけ焼きそばを作るのは面倒だ」
「ちょっとじゃないよ! ごはんの代わりに焼きそば入れてって意味!」

リムリムは2段重ねのお弁当箱を使っているのだが、彼女いわく、いつもならごはんを入れる下の段にみっちりと焼きそばを詰め、おかずを入れている上の段の半分も焼きそばにし、残った部分におかずを入れてくれという。
つまり、容器の4分の3が焼きそばということになる。
「……それはどこの新作コンビニ弁当かね?」
「とにかくそういうのが食べたいの!」
なぜここまで彼女が焼きそば好きなのかはぼくにも判らないが、それでいいというのなら、ある意味楽ではある。

ということで、水曜日のお弁当は焼きそばに決定。

妄想 2008/11/23
こういうノスタルジーは本人にしか判らない。

所用あって、きのうは久しぶりに用賀へ行った。ネムネムとリムリムもいっしょである。
久しぶりといっても、本当に久しぶりである。最後に行ったのがド新人だった頃くらいなので、10年ぶりどころではない。

あちこちで発言した覚えがあるが、大学時代のぼくは、東横沿線の学芸大学という駅のそばに住んでいた。そこの駅前に恭文堂という本屋さんがあって、ここでしばらくバイトをしていたのだが、その時に知り合った人が、たまたま用賀に住んでいたのである。
「バイト先の従業員さんの友人」というその人は、ぼくより7つか8つくらい年上で、友人というより、当時のぼくにはすごい大人という感じだった。確かシステムエンジニアをしていて、その人のマンションに行くと、当時はまだそこまで低価格化が進んでいなかった(まだWindows95が出るかでないかの頃だしな)パソコンやスーファミソフトがごろごろしていた記憶がある。
ただ、何よりまずかったのは、その人&そこに集まる連中はおしなべて『スト供戮好きであり、コントロールボックスと『スト競拭璽棔戮隆霹廚あったということだった。週末ごとにそんなところに集まって対戦会をしていれば、イヤでも格ゲー好きになろうというものである。
そのうちぼくが中古のネオジオと『龍虎』や『餓狼2』などを持ち込んで夜通し遊ぶようになった。たぶんあの頃に、大学ドロップアウト→作家というルートが確定したのではないかと思う。

などという話は、大きく世代の違うリムリムに話しても理解できないと思うので、何もいわなかった。
代わりに、帰りに三宿によって、「夢吟坊」でうどんを食べてきた。

妄想 2008/11/22
『まちもり』の影響?

「碁盤の目を買えっていってたのよ」
「誰が?」
「タヌキが、だからがんばって買い集めたのに」
「碁盤の目を買うってどういうことだよ? 碁盤とか碁石ならまだ判るけど」
「あ、碁石だった」
「でも、そもそも碁石なんてアイテムこのゲームにはないしな(たぶん)」
「二重に騙された……」

ちなみに、太字の部分はネムネムが寝ながらいったセリフ
きっと逆行催眠とかで被験者に過去の体験をしゃべらせる時って、こんな感じなのだろうな。

妄想 2008/11/21
『まちもり』の話。

『PSU』用のキーボードは、とりあえずふつうに使えるのだが、キーボード側で「かな/カナ」の切り替えができないのが惜しい。ロジクールの純正Wii用キーボードでは、そのへんもフォローしているのかどうか知りたいところである。

我がきのきの村では、なぜかオノとパチンコが売りに出ないため、釣りと虫取りだけでちまちまとローン返済にいそしむ日々が続いている。新種のサカナやムシが登場する一方、以前はスズメバチという名前だったムシが、なぜかただのハチに変更されたり(しかも売値ががくんと下がっている!)、ニシキゴイの売値が逆に高騰したりと、細かい変更点も多い。
以下、さっそくゲットした大物たち。

マグロ
エイ
ロブスター

現在は2回目のローンを返済し終え、ようやく我が家に広さを感じるようになった。

ところで、DS版の頃よりもローンの額がデカくなっているような気がするのだが、いかがか。

妄想 2008/11/19
このアマ……!

ふと気づくときょうは19日。あしたは『まちもり』の発売日である。
がしかし、深夜になってもアマからは出荷したというメールが届かない。
これはアレか、はやばやと予約した人間にかぎって発売日に現物が届かないというアレか。
『ポケモン』関連のソフトと同じように、任天堂のソフトも、きちんと予約すれば確実に発売日に手に入るようなネット販売サービスをしてくれればいいのに。

ちなみに、Wiiリモコンを使った手紙や掲示板の入力が面倒そうに思えたので、Wii用のワイヤレスキーボードを購入しようかと思ったのだが、その矢先、我が家にひとつまったく使用されていないキーボードがあることを思い出した。
世にも珍しいかどうかは微妙だが、SEGAが作った『ファンタシースターユニバース』用キーボードである。PS2版無印『PSU』と同時に購入したものなのだが、接続障害騒ぎの時に放置されたままになっていたのを持ってきて、ものはためしとレシーバーをWii後部のUSB端子に接続。Wiiのインターネットチャンネルを起動してキーを叩いてみると、一応きちんと反応する。
ということで、とりあえずこのキーボードでやってみる。
まあ、誰かとチャットでもしないかぎり、なかなか真価を発揮するということはないだろうが、もしゲーム中にGC版の時のような日記があったら、ぼくはかなりまめに、しかも長文を書くほうなので、きっと活躍してくれるに違いない。

妄想 2008/11/17
年末発売。

『彼女は戦争妖精』の2巻の著者校作業中。
まあ、中身についてはまだナイショなのだが、今回はとにかく女の子がたくさん出てくる話になってしまった。
自分でいうのもアレだが、伊織くんというのはつくづく不感症なのだな、と。

妄想 2008/11/16
ティアラがその証。

『わがまま〜』クリア。一応エンディングを見たよというだけで、このゲームはまだえんえん続くわけだが。
このゲームは、セレクトショップの店長として、自分でアイテムを選んで仕入れ、それをお店にやってくる女の子たちのニーズに合わせておすすめして売りさばいていく一種のシミュレーションなのだが、それ以外の要素のひとつにファッションコンテストというのがある。
毎回出されるテーマに合わせてモデルさんをコーディネイトし、その完成度を競うものなのだが、それがまずビギナーから始まって、ブロンズ、シルバー、ゴールドとレベルが上がっていく。ブロンズに優勝できればすぐにシルバーに挑戦できるというわけではなく、お店ランク(顧客満足度によって上昇する)が一定水準をクリアしていなければ、高レベルのコンテストにはチャレンジできない。
特に、ゴールドの上にある国内最高峰のプラチナコンテストに優勝すると、ワールドクイーンコンテストという世界規模のコンテストの存在が明らかになるのだが、これに出場するためには、プラチナでの優勝+お店ランクMAXという条件を満たさなければならないのである。
で、そのワールドクイーンコンテストに優勝すると、みんなで記念撮影してひとまずエンディング。
この、

記念撮影

中央にいる、八神庵のヘンなコスプレしているような赤毛がマイ主人公のウレシーヌで、頭にちょこんと乗っているのがワールドクイーンの証であるティアラ(ワールドクイーンコンテストでは自分がモデルとなって花道を練り歩くので、記念撮影も自分が中心)。

しかし、見事優勝したのはいいのだが、それ以来ぼくがこのゲームをやっていると、隣で見ているネムネムが、
「へえ、優勝したんだ。中身はオッサンだけど
「なかなかいいコーディネイトじゃない。中身はオッサンのクセに
と、ことあるごとにウレシーヌ店長をあげつらうようになった。

妄想 2008/11/14
別に続かねえよ。

『わがままファッション ガールズモード』第1話

登場人物紹介
*ウレシーヌ……主人公。いちおう女の子だが中身はオッサン。
*ライ……ブティック「ルミナ」店員。ウレシーヌの先輩。


「ふふふ……」
「どうしたんです、ライさん? きょうはもう上がりなんじゃないんですか?」
「そうよ。つまり今のわたしはアンタの同僚じゃなくてお客さま!」
「はあ」
「さあ、ウレシーヌ! このインナーに合わせてわたしをゴージャスにコーディネイトするのよ!」
「じゃあ遠慮なく――ボレロとパンツ、ハイヒール、サングラスにお帽子、こんなカンジでどうでしょう?」
「こ、このコーディネイト……! ウレシーヌ、アンタいつの間にこんなにウデを上げたの!? とっても気に入ったわ……。完敗……わたしの負けね……」
「どうでもいいですけど、お支払いは現金で? それともカードになさいます?」
「え、おいくら?」
「税込で¥411,800になります」
「よっ……41万!? あ、アンタ、同僚にこんなムチャな買い物させる気!? 社割は!?」
「いやあ、今は同僚じゃなくてお客サマですから」
「こっ、このアマ……!」
「いやでも、だってライさん、1回のお買い物の予算が¥650,000ぐらいって表示されてますよ。しがないブティックの店員のクセに」
「……アンタ、それほめてんの、けなしてんの?」


……だいたいこんなゲーム(ウソ)。
けっこう面白いよ、これ!

妄想 2008/11/12
かつてこれほどお洒落な攻略本があっただろうか?

以前、ブログで『わがままファッション ガールズモード』が面白そう! というようなことを書いたら、ハミ痛文庫の編集さんからこのゲームの攻略本が届いた。
いつもの、「大丈夫! ファミ通の攻略本だよ!」というオビのかかった書籍タイプの攻略本ではなく、雑誌コードのついた、いわゆるゲーム誌サイズの攻略本である。よく判らないが、たぶんこれは、本屋さんのファッション雑誌コーナーに置いてもらったり、コンビニの雑誌コーナーに面出しで置いてもらうことを想定した作りなのではないかと思う。
平とじフルカラー、約100ページ。ファミ通はしばしば通常のフォーマットから明らかにはずれた攻略本を出すが、それはたいてい、『Nintendogs』や『脳トレ』といった、ふだんゲームの攻略本を買わない購買層に向けたタイトルのものであることが多いのだが、おそらくこれもそういう判断なのだろう。

というか、本を開くとふつうにモデルの女の子がオサレなカッコでポーズを決めている攻略本なんて初めて見た。

妄想 2008/11/10
もうそんな時期。

夕刻、ふらりと吉祥寺に行ってみると、去年同様、冬季限定のイルミネーションがきらびやかに駅前ロータリーをいろどっていた。
去年同様というのは、しかし場所だけの話で、イルミネーションそのものは、明らかに去年よりバージョンアップしている。去年のがVガンダムだとすれば、今年のはVダッシュガンダムくらいのバージョンアップである。
……まあ、つまりは去年よりあれこれ増えたのは判るが、かといってまったく原形をとどめていないほどの大幅改修ではないという感じ。
例年通りなら、たぶんこの冬のイルミネーションも、3月まで続くのだろう。

もう冬です。

妄想 2008/11/09
オペを開始する。

デルから新しいバッテリーが届いたので、万一に備えて仕事用のファイルだけバックアップを取り、電源を引っこ抜いてバッテリーを交換する。
所要時間30秒。
交換したらインジケーターの点滅もキーボードの不調も直った。
ただ、このバッテリーがもう生産されていないらしく、今度また同じようなバッテリーの不調があったらマシンごと買い替えることになると思う。
2、3年で新しいパソコンにしなければならないのだとしたら、いっそ仕事用にはウルトラモバイルPCを使ったほうがいいのかもしれない。

妄想 2008/11/08
多機能なのね。

ゲーマガ買いにふらりとヨドバシ吉祥寺に行ったら、ふつうにDSiが売っていたのでさくりと購入。
で、家に帰って説明書を詳しく読み込んでみて、MP3プレイヤーとして使えないことに気づき、愕然とする。
何だよ!? 「プレイやん」とか「PLAY-YAN」とか、GBA用のMP3プレイヤー作ってた意味はどこにある!?
せっかく「PLAY-YAN」用の隠しファイル後生大事に取っといたのに!

ハァハァハァ……ああぁ。

専用ソフトが出るまで特に用事がないので、リムリムの写真しか取ってない。

妄想 2008/11/06
Жってふつうに変換で出るのか。

SNKの公式サイトで『KOF02UM』のムービーが来た。画面停止させてじっくり見てみると、意外なことが判って驚き。一応ぼくもちょこっとはかかわっているのだが、やっているのがメッセージ関連なので、実は知らないこともたくさんある。
何しろ前回の公式更新まで、ネームレスの正式なコードネームを知らなかったしな。

ゲームショウのある日の閉会後、電源の落とされた『02UM』の試遊台の前でのやり取り。
ぼく「今回のオープニング、カッコいいっすね」
博士「博士としましても、そこは特に力を入れた部分のひとつです」
「もっとじっくり見たいですね」
「博士としましても、そういっていただけると嬉しいです」
「ところでこの試遊台に使われているのは、デバッグプレステとβ版ぽいディスクですよね」
「博士としましても、たぶんそうだと思います」
「じゃあ、ディスク持ち帰れば、ぼくが『MI2』の時から借りっ放しのデバステで遊べますね」
「博士としましても、それはやめてください」
「……ちっ」

博士の一人称は、「博士としましては」、「博士としましても」とかなんだぜ!

妄想 2008/11/05
『ぼくシム キングダム』。

これまでEAのWiiソフトは、メモリーの管理がヘタなのか何なのか、画面の切り替え時にいちいちガクガクと不自然に読み込んだり、セーブとロードが異様に長かったりと、ゲーム以前の部分が非常にまずかったのだが、そこがいきなり改善されていた。「なぜ最初からやらない!?」と思ったのも事実だが、とりあえず遊びやすくなったのはいいことだ。

あ、ゲームはとても面白いです。
これで前作同様の家具作りが残っていればパーフェクトだったかな。

妄想 2008/11/04
ひさびさに。

リムリムが風邪っぽい。
寒気がするだの頭が痛いだの、彼女がいうのを久しぶりに聞いた気がする。
そういえば、数年前までは、リムリムは自分のキャパシティがよく判っておらず、限界を超えて無理をして、「大じょ〜ぶ!」などと、アニメ版『ポケモン』のヒカリちゃんのような口癖とともにまったく大丈夫じゃない体調になることがしばしばあったが、最近では学校を休んだり早退することもなくなり、ここ2年ほどは皆勤賞(遅刻があるので褒められはしないが)のはずだ。

そのリムリムが頭が痛いという。しばらく観察していると、くしゃみがはなはだしい。もともと喘息持ちのリムリムは呼吸器系が弱く、ふだんからくしゃみが多いほうだが、それでもきょうは多い。
考えてみればもう11月で、それなりに寒くなってきている。彼女の喉に負担のかかる乾燥した季節がやってきたということだろう。

妄想 2008/11/02
ノーパソのこと。

デルのサポートセンターに問い合わせてみたところ、ぼくの使っているノートは、ちょうど先月のアタマに保証が切れたところで、修理となると有償になってしまうらしい。
それ以前に、もうこのノートはデルのほうで生産していないらしく、「修理のためにサポートセンターに回収する」だけでまず2万かかるといわれた。もちろん、このほかにパーツ交換などが必要になれば、それも実費で修理費に加算されていく。
もし故障が単なるバッテリーの消耗だけだとすれば、その交換で+1万ほど、バッテリーではなくCPU周りのトラブルであればCPU交換で+3万〜ほど、場合によってはその両方というケースも考えられますが、いかがいたしますか? などと、さわやかな語り口で意志確認をされた。
ただ、いずれにしても、まず2万払ってサポセンに回収してもらうのが大前提である。
つまり、バッテリーだけなら3万円ほどで直るが、CPUもダメなら6万円以上はかかることを覚悟しなければならない。加えて、ノーパソがない間は仕事もできないことになる。

結局、ぼくは新品のバッテリーだけ注文して、自分で交換することにした。これでトラブルが回避できるのならOKだし、ダメなら割り切って修理に出せる。その間の仕事には、現在はiTunesのライブラリー専用となっているDynabookを使えばいい。

まあ、バッテリー交換で直るのならそれが一番だけどね。

妄想 2008/11/01
ひと山越えたので。

さっそく『ぼくシム キングダム』をプレイ。
ライドウくん? あれは攻略本が出てからでいいや。