Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2009 >>
Category
Archives
Web拍手

↑クリックすると↑
web拍手が送れます
妄想 2009/07/31
……ぬぅ。

ただいま再校作業中。この前初校をやったばかりなのに、と思うが、誤字脱字や矛盾を減らすためには重要な作業である。
ぼくもあちこちのレーベルで仕事をしてきたが、再校時にもきちんと著者にゲラを渡してチェックさせてくれる出版社は、じつはあまり多くないのではなかろうか。初校はともかく、再校は編集者と作家がメールでちょこちょこやり取りをするだけですませるというレーベルもよくあることを考えると、そのへんファミ通はわりとしっかりしている。

……まあ、それでも完全にはなくならないわけだが(ぼくもこの前やらかしたしな)。

妄想 2009/07/30
おひさ!

知人の出産祝いを選んでほしいとネムネムから頼まれ、いつもの紅茶専門店へ。おたがい名前も知らないのだが、会うといつも話をする店員さん(執事のコスプレが似合いそうなイケメン)が、珍しいお茶があると勧めてくれたので、調子に乗って5杯も試飲。おなかゴボゴボだが、後悔はしていない。

それはそれとして、きょうは『KOF XII』の発売日である。
ということで、ヨドバシでムックとともにXbox360版を購入してみた。ただ、このムック、いくらフルカラーとはいえこのボリュームで2000円……。
それと、初回特典だか何だかでついてきたサントラ、キャラセレ時のBGMを入れるより、『NEOWAVE』とか『MI』、『UM』あたりのOPを入れてくれたほうが嬉しかった。でなきゃいっそ、『XII』のBGMを全部収録するとかしてくれたら最高だったのに。

妄想 2009/07/28
めちゃくちゃ動きまくったぜ!

ウチの近所ではゾイドのキャンペーンがやっていない! と憤慨していたぼくだが、きょうふとミニストップに行ってみたら、コーラではなく爽健美茶にゾイドストラップがついているのを発見。ということで、とりあえずデスザウラーとレッドホーン、シールドライガーを確保。
しかしこれ、どうして新世代ゾイドがひとつもラインナップに入っていないのだろうか。

ベアフイターの改造のほうは、現在モーター搭載を完了し、電池ボックスの作成にかかったところ。あまり目立たないようにスイッチとかつけたり、電池交換の手間のことも考えないといけないわけだが、毎日暑くてごりごりパーツを削る気になれない。

妄想 2009/07/27
フニフニ……?

先週末、『FB Online』が更新された。で、少し前からちょろちょろと情報が出ていた、コミケで売るとかいうビジュアルブックなるものの詳細が発表されたわけだが、その収録タイトルの中に『彼女は戦争妖精』もセレクトされている。
いやはや、めでたいことである。

妄想 2009/07/26
来月末。

『彼女は戦争妖精』第4巻の著者校作業中。まだ再校が残っているのだが、たぶんさほど大きな修正はないはずなので、あとはあとがきを書けば今回の仕事もほぼおしまい。
次は11月発売くらいになるのかもしれないが、その前に長年の懸案となっている仕事をどうしても終わらせなければ。

ポケモン暴走日記 2009/07/25
うまい商売だな、これは。

『ポケモンスタンプラリー2009』に行ってきた。
実は去年も、ネムネムがグレッグルのスタンプが欲しいというので、アキバに行ったついでにつくばエキスプレスで南千住まで行ったことがある。そういえばあの時は、ぼくとネムネムがスタンプ目当てにうろうろしていたところを、某誌編集者のニンドリくん氏(仮名)に目撃され、のちにTGSの場で指摘されたりもしたが……。

で、今年はきちんと参加してみるかということになった。
JR東日本のスタンプラリーは、東京近郊の95の駅にそれぞれスタンプが設置されていて、そのうち6つをパンフレットにぺたぺた押してゴール駅(新宿とか東京とか、デカめの駅)に持っていくと、それでもうゴールしたと認めてもらえるようになっている。やけに簡単だなという気がしないでもないのだが、実際には、ゴールしてからが本当の戦いなのだ。
ゴールと同時にもらえる記念品というのが、全95個のスタンプをきちんと押せるスタンプ帳で、ほとんどの参加者は、このスタンプ帳にすべてのスタンプを押すべくさらなるグレートジャーニーを開始するのである。

まあ、ぼくらはさすがにそこまでする気はないので、西荻窪から荻窪、阿佐ヶ谷……と東進し、東中野で6つ目のスタンプを押すと、そのまま新宿駅でゴールし、スタンプ帳をゲットしてから金町へと向かった。なぜなら、今年のラリーではグレッグルのスタンプが金町にあるからである。

結局、日暮里でニャース、金町でグレッグルのスタンプを押しただけで、きょうはタイムアップになってしまった(ラッシュ時を避けるために、スタンプ台は9:30〜16:00までしか設置されていない)。
その後ぼくたちは、東京駅のラーメンストリートでずるずるとラーメンをすすって帰った。ネムネム的にはこれで満足なのだろうが、ぼくはもう1回くらい行くかもしれない。

妄想 2009/07/24
チーズ……?

うちから徒歩30秒くらいのところに、白いたいやきのお店ができることになった。オープンは来週なのだが、すでにビラとかを配り始めていて、それによると、黒あん、白あん、カスタード、チョコ、抹茶クリームという5種類のラインナップになっているらしい。

で、そのビラを持ち帰ってきたネムネムが、
「……チーズがないわね」
「は?」
「チーズよ、チーズ」
「たいやきにチーズ……?」
「チーズがあればカンペキなのに!」
などとひとりでぶつくさいっていたのだが、甘くないたいやきというのはいかがなものだろうか。それはもはやたいやきではなく、かぎりなく生地の薄いチーズドッグというかチーズワッフルというか原宿ドッグというか、とにかく別の種類の食べ物ではなかろうか。

妄想 2009/07/23
マウンテンサイクル発見!

ビルのオーナーが税金対策にやっているとしか思えない、どう見ても商売っ気があるようには思えないとあるおもちゃ屋にて、ちょい古めのゾイドの山を発見した。別段投げ売りされているわけではないのだが、今のご時勢、むしろ定価で販売されているのは奇跡といってもよかろう。まあ、中には小売店がつけるにはムチャすぎるプレミア価格でホコリをかぶってるものもあったが(キャノニアーゴルドスが1万円てどうよ?)、価格の高い安いに関係なく、この店の棚に押し込められているかぎり、たぶん売れないだろう。

で、そういうさびれたおもちゃ屋をうすうすとチェックしていたら、バーサークフューラーを発見した。
そこではたと思い出したのだが、確か『ゾイド新世紀/0』の放送が終わったばかりの頃に、何をトチ狂ったのか、ネムネムが当時発売直後だったバーサークフューラーを買ってきて、知り合いのグラフィックデザイナーの埋伏さん(仮名)に押しつけたことがあった。
バーサークフューラーの組み立てレベル(要するに組み立て難易度)は、全5段階中の5、つまりは一番難しいとされているのだが、実際のところ、あれはレベル6とか7といったほうがふさわしいくらいで、どう逆立ちしてもプラモなぞ生まれてこのかた作ったことのないネムネムに完成させられるものではなかった。
一方、埋伏さん(仮名)は手先が器用な人で、組み立ても塗装もお茶の子さいさいというクリエーターである。だから、ネムネムが埋伏さん(仮名)に組み立てを丸投げしたのは、ある意味では正しい。もしネムネムが自力で組み立てようとしていたら、たぶんバーサークフューラーはただのジャンクパーツの塊になっていただろう。

だがしかし、ネムネムのもとに完成したバーサークフューラーが届くことはなかった。埋伏さん(仮名)がいっこうに組み立てに取りかからなかったからである。
埋伏さん(仮名)いわく、
これ組み立てて渡しちゃうと、それっきりネムさんとの縁が切れちゃいそうでイヤなんすよ
ということだそうだが、おそらくは、本職が忙しくなったのでゾイドの組み立てなんかやってられるかというのがホントのところに違いない。

あのバーサークフューラーは、今は結局どこにあるのだろうか?

妄想 2009/07/22
たまにはweb拍手レス。

>サトシとシンジのどっちが好きですか?

自分が『ポケモン』をプレイするスタイルとしてはシンジですが、キャラとしてはサトシのほうが好きです。
でも、アニメ版に登場するトレーナーで一番好きなのはハーリーさんです。

妄想 2009/07/21
立地条件のせいか!?

ウチから一番近いコンビニはミニストップである。
本当なら、きょうからミニストップほか一部コンビニで、コカコーラにゾイドストラップがつくキャンペーンが始まるのだが、近所のミニストップではなぜかやっていない。
仕方がないので西荻窪駅の近くのデイリーヤマザキに行ってみたが、ここでもやっていない。
吉祥寺駅の近くのam/pmにも行ってみたが、ここでもまたその存在の痕跡すらない。

こんな空気みたいなキャンペーンなら最初からやるなといいたい。

妄想 2009/07/18
あー腹立つ。

コドモはアレか、きょうから夏休みとかいうアレか。
塾や合気道の稽古があるとはいえ、長期休暇を満喫しようというコドモらには妬ましさのあまり殺意すら覚える。
「え? わたしも今年の休暇はちょっと長めよ?」
などとネムネムがほざくので、こちらにも殺意が湧いた。

まあ、考え方を変えれば、作家は毎日が夏休みなのだが。

妄想 2009/07/17
血染めのレアもの!

ようやく魔人アリス完成。でも、1週目がニュートラルクリアで2週目(現在)カオスルートなので、すべての別件依頼を完了するには3週目でロウ限定の依頼をクリアする必要がある。そのあと属性調整してニュートラルに戻せればいいのだが、それができなかったら4週目突入か……。
マサカドさま解禁への道は遠いな……。
というか、『ライドウ』のあとには『真・女神転生掘戮控えているわけだが、なぜか無性に『ソウルハッカーズ』がやりたくてしょうがない。

妄想 2009/07/15
ふぅ。

8月刊行予定の『彼女は戦争妖精』第4巻の原稿が仕上がってほっとひと息。
今回は締め切り前にリムリムの学校行事に従事させられたりだの何だの、いつもと違う障害が多かったのだが、さいわい、例の肩や背中の痛みが再発することもなく無事に脱稿できた。

それにしても、書きながら自分で思ったのだが、ぼくはどれだけ牧島さつきというキャラに対して冷淡なのだろうか。悪役でももっとマシなあつかいだろうに、これほど軽んじられる女子高生というのも珍しい。

さて、それじゃあ半月前にさかのぼって、7月アタマからブログを埋めていくか。

妄想 2009/07/14
あひー。

締め切り直前だというのに、先日リムリムの学校でやらかした行事の反省会という名のアンケート集計作業。来期への引き継ぎ資料の作成やらHP用の資料の作成やら、こまごまとした作業が残っているのだが、そんなものは夏休み中にやっておけばいいハナシなので、とりあえずひと段落。

そのせいか、ママさんたちもみんなだら〜っとしながら、自分の作業をてれてれとやっている。
これさいわいと、ぼくはぷちぷちアドエスを使って原稿書き。まさかこんな環境で、クリスタベルがどうのリリオーヌがどうのなんてことを書くとは思わなかった。
絶対に周りのママには読ませられねえな。

妄想 2009/07/12
ホントに始めた……!

「運足運足! 膝行膝行!」
リムリムがにわか武道家になってしばらくたつ。以前「合気道がやりたい!」といっていたのだが、先月から本当に教室に通い始めたのである。
まあ、黒帯の生徒はひとりだけ、全部で10人くらいしかいない小さな教室なので、彼女がどれだけ上達するかは判らないが、くれぐれもほかの子とのケンカに使わないで欲しいものだ。

妄想 2009/07/10
看板作家は土山しげる。

昔はともかく、最近のぼくはマンガをあまり読まない。気に入った作品はコミックになってから買ったりもするが、定期的にウチで買っているコミック誌はほとんどなくて、ホントに欠かさずに読んでいるのは「週刊モーニング」くらいのものである(あとは「フェローズ」もだな)。
が、それとはまた別に、ここ3カ月ほどで購買リストに食い込んできた雑誌がある。
それが「食漫」だッ!

読んで字のごとく、「食漫」というのはグルメマンガばかりを集めた雑誌である。それもただのグルメではなく、B級グルメ限定。
正直、連載陣の中には「誰これ?」という作家も混じっているのだが、土山しげるとビッグ錠と富沢順が描いているだけで満足。さらに今月号からは、『孤独のグルメ』の久住昌之のコラムまでスタートした。これはやはり毎号追いかけねばなるまい!

中でもネムネムのお勧めは『グルメ探偵りょうじ』。なぜか料理が得意な冴えない中年探偵&斯界の権威である料理人の父の確執をストーリーの軸のひとつに持ってきているのだが、これがどう考えても山岡士郎&海原雄山とダブる妙な作品。ネムネムいわく、「どうしてこの作品が連載されているのか理解できない」らしいが、バカヤロウ! そんなのこれがB級グルメマンガだからに決まってるだろうが!
ちなみに作者は『ザ・シェフ』の中の人。

妄想 2009/07/08
もうギブアップかよ。

先日『ライドウ』を始めたばかりのリムリムが、「もっと簡単なのないの?」などとほざき始めた。たぶん、アクション部分に自信が持てなかったのだろう。
ということで、GBA版『真・女神転生』を貸してやることにする。これならDSでもプレイできるし、反射神経が必要とされる要素もないので、初心者にはもってこいだろう。
「うわ、これ吉祥寺が舞台じゃん! サンロードあるし!」
まあ、きみが生まれる前の吉祥寺だがね。
せいぜいこれでトレーニングを積んでくれたまえ。

妄想 2009/07/06
ついに。

ずっとぼくのプレイを脇で見ていて興味をそそられたのか、リムリムが『ライドウ』をやりたいといい出した。
これまで数年にわたって彼女のゲームライフを間近で観察してきたぼくが思うに、『ポケモン』のシルフカンパニーをクリアできない彼女にこのゲームをクリアすることはできないだろう。いかに3Dダンジョンを捨てたとはいえ、『メガテン』系をなめてはいかん。

そういえば、一時期さかんにプレイしていた『トモダチコレクション』はどうなったのだろう?

妄想 2009/07/05
うぐぐぐぐ……。

どうにか筋肉痛に耐え、朝から肉体労働を終えてお昼に帰宅すると、リムリムとネムネムがいない。どうやらふたりでどこかに出かけたらしい。
まあ、あのふたりがいたところで、どうせ腹が減ったとかどうとか、疲れ果てているぼくを使役するだけなので、むしろラッキーかもしれぬ。

ぐったりと疲れて仮眠を取ると、夕方になっていた。
今夜はくだんのイベントを中心となって運営したメンバーたちで集まって、居酒屋で打ち上げをする予定になっていたので、のそのそとシャワーを浴びて着替え、西荻の駅前へ向かった。

今夜の収穫は、ホントにオタクっ気のない一般人と酒を飲んでも、どうにかそこそこに話を合わせる能力がぼくにもあると判ったことぐらいか。

妄想 2009/07/04
痛!

リムリムの学校の行事で朝から奔走。ぼく自身はあれこれとそつなくこなして大過なくすごせたのだが、それと引き換えに、夜からひどい筋肉痛に襲われた。
あしたはきょうのイベントの後片づけで、また朝から肉体労働をしなければならないというのに、これで本当に起き上がれるのだろうか?

というか、締め切りまであと十日くらいなんだよな。

妄想 2009/07/02
ベアフイター。

捜し物をしていて、ふだん開けないクローゼットの奥をごそごそとやっていたら、引っ越しの時に処分したと思っていたゾイドが出てきた。クマとかワニとかオオカミとかカニとか。
で、懐かしさのあまり、いきおいでクマをパチ組み。
昔から思っていたのだが、こいつは腹の中にわりと空洞があるので、できればゼンマイではなくモーター駆動にしてやりたい。ブロックスゾイドのモーターを強引にぶち込むか、あるいは小型モーターを調達してきて自作するか。
どちらにしろ、モーター駆動にすればガシガシ動き回るクマの完成である。せっかく4足と2足を切り替えられるのだから、それに合わせて射撃角度を大きく変えられるキャノン砲でも背負わせるか――。

「あれ? うれうれ、仕事は?」
帰宅したネムネムに現実に引き戻され、すごすごとパソコンに向かうぼく。