Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2009 >>
Category
Archives
Web拍手

↑クリックすると↑
web拍手が送れます
妄想 2009/11/30
このダボハゼがッ!

唐突だが、ネムネムは『ハゼドン』が大好きだ。
たとえば『みなしごハッチ』は主人公がすごく哀しい目に遭うわけだが、幼少期のネムネムにはそういう展開が耐えられなかったのだという。

「そんな時よ、わたしが『ハゼドン』と出会ったのは。あのアニメはいいわ……誰も哀しくならないところがいい……」
「……そんなカッコつけて語られても……」
「あの頃のわたしは、これ以上のアニメはないと思っていたわ……」
「ふーん」
「でも、そんなわたしの認識を打ち砕いてくれたのが『銀河鉄道999』なの」
「へえ」
「あの頃のわたしは、『銀鉄』以上のアニメはないと思っていたわ……」
「またかよ」
「でも、その認識はすぐにシャア少佐によって打ち砕かれたわ」
「『ガンダム』だろ」
「シャアよ」
「シャア好きだな」

そんなネムネムに、『ハゼドン』の一挙放送を教えてやったら、どうやら朝まで観ていたらしい。

妄想 2009/11/28
カフェ難民。

気分を変えて外でお仕事。
といってもノーパソを持ち出してどうのという気にはなれなかったので、愛用の手帳に思いついたネタやセリフをみしみしと書き込んでいくような作業をする。

まずは吉祥寺ダイヤ街のココスで紅茶を飲みながらみしみし。
その後、ぶらぶらっと本屋を覗いてからエクセルシオールカフェに移動し、ひさびさに澁澤龍彦を読み、カカオ成分70パーセントのチョコを片手にアイスロイヤルミルクティを飲みつつみしみし。
さらにその後、河岸をドトールに変えて、いまさらだが『ユリイカ』の諸星大二郎特集号を読みつつ、一方で紅茶を飲みながらみしみし。
さらにさらに、サンマルクカフェに行って紅茶を飲みながらみしみし。

そこでウチから「お腹空いたー!」という電話がかかってきたので、食べるものを買って帰宅。
ある意味すごく仕事がはかどった。

妄想 2009/11/26
謎の男=小田切。

いつも『深夜食堂』を観ていて思うのだが、あの謎の男の部分はやはり別撮りなのだろうか。ほかの共演者とのあまりの絡まなさぶりに、もはやそうとしか思えないのだが――。

それはまあともかく、『戦国無双3』の発売まであと1週間となった。
厳密にいえば、発売まであと1週間なのは、『PSp2』や『スーマリWii』も同じなのだが、やはりぼくにとってこの冬は『戦国無双3』、さらにいうなら鷹丸である。あいにくと店頭体験会に行けないので、実際に遊んでみるまで判らないのだが、ω-Forceが『謎の村雨城』をどういうふうに『無双』で再現するのか、興味深いものがある。

……あれ? そういえば『レイトン教授』はきょう発売?

妄想 2009/11/24
こんな時代もありました。

ここの右のところのオススメの部分に『小詩篇』を追加したついでに、著作一覧の中にあったのを見つけたので、ぼくが大昔スニーカーで出したノベルス『怨天賦』も追加してみた。
当然新品ではなく中古。とはいえ、ぼくの手もとにも1冊しか残っていないので、むしろ自分で買い占めたいくらいである。

確かこれは、『毎日中学生新聞』という中学生向けの新聞に連載していた『暁の風』という作品を、連載終了後に1冊にまとめたもので、『ホルス・マスター』と同時期に書いていたような気がする。
この新聞、連載小説もふつうの新聞みたいに横に細長いスペースを使って毎日(!)掲載するのだが、さすがにそれはキツいので、月〜金の週5だったか月〜木の週4だったか、とにかく通常より少ない掲載回数にしてもらって、だいたい半年くらい続けて完結させた覚えがある。ジャンル的には平安後期が舞台の陰陽師モノだったのだが、その手の専門用語のほかに、古文に登場するような単語の注釈まで自分で作ってつけていた。
偉い人に頼まれて、スケジュールがキツいのを承知で引き受けた仕事だったのだが、今にして思うと、あれはあれで楽しかった。
今はなかなかこういうものは書けないからな。

妄想 2009/11/23
また休みか!

自営+家事をやっているぼくには休みというものがない。考えれば考えるほど不条理だ。
勤労感謝の日くらい、感謝されてもよさそうなものだが、あいにくとこの日もぼくは仕事をしている。きょうは早朝から弁当作りである。

でもまあ、その弁当を持って、リムリムなどは朝から塾で勉強をしてくるわけだから、仕事とはいえ家にいられるぼくはまだましなのかもしれない。

それはそれとして、アマのほうに画像データが入ったので、この右の柱のところを更新してみた。

けんまー

月末発売。

妄想 2009/11/22
でに麻呂……?

「わたしのごはん、しばらくの間少し減らして」
リムリムがおもむろにそんなことをいい出した。
「理由を聞こうか」
「そういう年頃だから」
よく判らん。

そういいながら、食後に、
「お腹空いた! このふにゃふにゃしたパン食べていい?」
などといいながらでに麻呂をむさぼりやがって!

妄想 2009/11/21
じんたいじっけんだよ!

見本が来たばかりだが、もう5巻を書かねばならぬ時期である。
いわずもがな『彼女は戦争妖精』の話である。
このところ、いろいろとチーズを買ってきたり何だりしているのは、「それは素人がちょちょいと作って本当においしくなるのか?」ということを確認するためであって、つまりは創作のためである。そう考えると、食費の何割かを必要経費として計上したいくらいなのだが、あいにくとこのへんはたぶん基本控除がどうのというアレなテリトリーなので、そうそううまくはいくまい。

いずれにしろ、毎回作中に登場するメニューの多くは、こういう試行錯誤のもとに完成するのである。
でもなあ……スカモルツァはすごくおいしいんで、ぜひ登場させたいんだけどなあ……。

「おいしい! おいしいよ、イオリ! これおかわり! このブタチーズ!」
「……一応聞くが、おまえはこのチーズがいくらすると思っている?」
「え? 10円くらい?」
「……ものの価値の判らんおまえはこっちのフェタチーズを食え」

ダメだ……! 伊織が日常的な食事であんなコストパフォーマンスの低いチーズを使うわけがない……!

妄想 2009/11/20
今年のプラチナ会員特典は、復刻版ゲーム&ウォッチの『ボール』らしい。

ということはさておき、きょうのお昼、ファミ通文庫から月末発売の『彼女は戦争妖精 小詩篇 戮慮本が届いた。
ちょうどきょう、公式サイトのほうでも表紙イラストがアップされたので、ここでも公開。

けんまー

本編のほうでは、カバーに登場していたのはこれまでずっと伊織+クリスだったのだが、今回はけんちゃん+まーちゃん。本編ではないということと、このふたりの成分が多いということで、この組み合わせになったのである。

このぶんでいくと、『小詩篇◆戮良住罎蓮帖張潺奪繊次椒襯ァ

妄想 2009/11/18
ロックフォールはデパ地下以外にもあるから別にいい。

デパ地下を紹介するのにMGをチョイスするとは、さすがは細川茂樹。そこにしびれる、あこがれるゥ!
いや、MGはいい、実にいい。
なぜいいかと聞かれると何とも答えにくいが、銀座にはほかにも松坂屋とか三越とかいろいろとデパートがあるにもかかわらず、ぼくはなぜかMGが一番のお気に入りである。
そういえば、いわゆる生ハム1本(=ブタッキーの後ろ脚1本)が30万円とかするというのを知ったのも、確かここが最初だったな。

それにしても、メゾンカイザーが試食何でもOKとは初耳である。

妄想 2009/11/17
またチーズの話。

先週、スカモルツァといっしょに買っておいたフェタチーズをハーブオイルに漬けておいた。1週間ほどたてば食べられるというので、ためしにひときれ取り出し、食べてみる。
……しょっぱい。
何だ、これは? ギリシア人は本当にいつもこんなものを食べているのか? この塩味は決してオイルに漬け込んでついた味じゃないぞ?
不審に思ってフェタチーズについて調べてみると、「塩水に漬けて保存性を高めているため非常に塩味が強い」とか、「しばらく水に漬けて塩抜きしてから食べる」とか、めまいがするようなことが書いてある。
…………。

ジェイミー! てめーっ、この野郎! おまえが開封したフェタチーズをそのままハーブオイル漬けにしてたからこっちも同じ作り方しちまったじゃねーか!

……ハァハァハァ、ああぁ。
何でも手でかき混ぜるイギリス人シェフにいまさら毒を吐いても意味はない。どうにかしてこれを消費する方法を考えないと……。

いざとなったら、ギリシア渡航経験のあるネムネムに「懐かしい味だろ?」といって全部食わせるしかないが。

妄想 2009/11/15
す、スカ、スカモル……モルスァ……?

この前のチーズの日(11月11日)に、魚屋のノリでチーズを売る店に行き、スカモルァというチーズを買った。ブタッキーの形に細工されて店頭に吊るされている、ちょっと愛嬌のあるチーズである。
実は以前にもこれを買ったことがあるのだが、その時は食べるのがもったいなくて冷蔵庫に放り込んでおいたら、いつの間にか悪くなっていて結局食べそこねたという――。

でまあ、今度買ってきたヤツは、食用ワックスでコーティングされているので日持ちするのだが、そういうのにかぎってすぐに食べたくなるもので、さっそくリムリムが、
「このメスブタがッ!」
などといいながらブタッキー型のチーズをざくざくとスライスし、フライパンであっためては食べていく(かなりウソ)。
「ん、ンめ〜〜っ!」
『包丁人味平』のような絶叫をあげるリムリム。

うむ、確かにうまい。というか、非常にうまい。めちゃくちゃうまい。ぼく的には、
「ドドドドド……ドカうまーっ!」
という感じである。

唯一の問題は、このチーズがそのへんの牛肉よりよっぽど高くてなかなか買う踏ん切りがつかないということである。

妄想 2009/11/14
華やかじゃのう華やかじゃのう。

きょうとあしたは近所の女子大の文化祭。
数年前、小堺一機があさりどを引き連れてトークショウに来たことがあって、その時チケットを取れなかったのがすごく悔しかったのだが、今年はそもそもチケットを取る気がしない。
というか、某ちょり〜すはここに来て何をしゃべるつもりなのか。

まあ、実行委員会が呼んだゲストの是非についてはともかく、おそらくここの女子大と仲のいいどこぞの大学の若者なのであろうが、路上禁煙地区指定のステッカーの真上でよくもまあすぱすぱ歩きタバコができるものだと、いっそ感心してしまう。
誰もしびれないしあこがれない。

さーて、原稿でも書くか。

ポケモン暴走日記 2009/11/13
闇に舞い降りた天才、アカギとシゲル。

きのうの『ポケモン』。
シゲルがただの噛ませ犬状態なのと、前半部の作画がスペシャルのわりには今イチだったのがどうも……。
何の脈絡もなくシゲルがナナカマド博士にコキ使われていたというのは、DP編冒頭でシンオウに来て以降、こっちでずっと研究をしていたということなのだろうが、それにしてもあのあつかいはないな。

まあ、小さなお子さまたちがどう見たかはともかく、ギンガ団絡みのエピソードには決着がついたようだが、どうしてアカギがあそこまでかたよった考えの持ち主になったのか、そのへんがすぽんと抜けているので、こちらとしてはちょっとすっきりしない。『Pt』ではアカギの幼少期にも軽く触れているので、アニメでもそのくらいはやってくれるかと期待していたのだが……。
でも、3幹部は再登場しないかもしれないが、プルートー博士はハードマウンテンのあたりでまた出てきそうだな。

ところで、シゲルがナナカマド博士に呼び捨てにされていたのは(サトシはくんづけで呼ばれている)、自分の後輩(=オーキド博士)の孫=自分の孫も同然という、家弓家正的判断なのか。

妄想 2009/11/12
なんて重さだ!

ちょっと気になったので、Wi-fiアダプタを買う前に、ルーターのチャンネルを自動から切り替えてみた。
結果、すべての無線LAN対応機器が問題なく作動しやがった。
買っちまったケーブル代返せ!

そんな魂の叫びはさておき、あまり天気のよくない中、いつもの喫茶店でお茶を飲むぼく。一応ランチは軽くすませたあとだったのだが、ひさびさに来たので何かスイーツでも食らうかと思ってメニューを見てみると、いかにもこの時期らしく、クリスマスプレートなるものがあるではないか。
このプレート、中身はといえば、ティラミス、ワッフル+アイスクリーム、パウンドケーキ、さらにアイスクリーム+スノーマンクッキー。
具体的にどんなものかはここ参照。

……ぬう。
これは……いいのか? 女性にとってかなりのボリュームがあるのだが……。カロリーがすごそうだ……。

いや、ぼくは残さずきちんと食べたけどな。
夕食抜くぜ!

妄想 2009/11/11
退化かよ!

我が家のネット問題、ルーターとPCをケーブルで接続することで解決。
無線機能の就いたルーターをレンタルした意味がねえ!
……いや、まだWiiとDSとPSPがあるから、まるっきりムダになっているわけではないが、こちらもつながったりつながらなかったり、実用に耐えうるレベルではない。プリンターもワイヤードになっちゃったし……。
いずれにしても、DS用のWi-fiアダプタとかWii用のLANアダプタとか買ってこなければならんかもしれん。

……とかいっていたら、『PSp2』のネットワークトライアル、2次抽選に当たってしまった……!

妄想 2009/11/10
ねんまつしんこうだよ!

まだ『小詩篇』が出ていないのにアレだが、先日の打ち合わせでミスターNとあれこれひねくって直した『彼女は戦争妖精』第5巻プロットに、編集部からGOサインが出た。何の引っかかりもなくするっと通ったのは、それはそれでいいのだが、今後の年末進行を思うと結構キツそうではある。
春先発売ということは……優良進行でいくなら年内アップを目指さないとなるまい。

『戦国無双3』との兼ね合いが一番の問題だな、うん。

妄想 2009/11/09
光が……!

ウチはケータイから固定電話、ネット環境にいたるまで、すべてKDDIなのだが、きょう、我が家に「ひかりONEホーム」とかいうプランに加入してみた。
加入してみたというか、実際には、それまで加入していた何たらいうプランが終了してしまうため、消去法的に今度のプランに変更してください、工事費いらないししばらく割り引きますんで、というハナシになり、仕方なく加入することになったのである。

まあ、最大1Gbpsとか謳ってみても、ウチはそもそ少し古めのノーパソを使って無線LANをやっているわけで、どうやっても54Mbpsまでにしかならないわけだが。

などといっていたら、無線でネットに接続できなくなった!
まったくできないわけではなく、接続するとすぐに切れる→すぐにまたネットワークを検出して接続する→以下ループで、とてもじゃないがまともに使えない。

うぬぬぬ……!

妄想 2009/11/07
はずれた……?

ちょっと前、『PSp2』の体験版をダウンロードして、仕事の合間にミッション1周とか、そのくらいのペースで遊んでいる。
とりあえず前作で遊んでいたアナベルさまをインポートしてきて、現在レベル14くらい。昔よりドラゴンが強くなったような気がするのは気がするだけだろうか。

それはともかく、ついでにネットワークトライアルの抽選のほうにも応募してみたのだが、どうやら第1回の募集にはもれたらしい。
まあ、もし当選したとしても、今月はそうそう遊んでいるヒマはないだろうし、それならもっとガシガシ遊んでSEGAに意見を送れる人が当たってくれたほうがいいのだろう。

……にしても、キャラのイメージがかなり変わったな。何かこう、近年の『シャイニング』シリーズのキャラみたいだ。

妄想 2009/11/05
ミスターNと打ち合わせ。

仕事のハナシはつつがなく。
帰宅後、リムリムに夕食を食わせつつ『ポケモン』。いよいよ来週は1時間スペシャルでギンガ団編をどうにかしてくれるようだが、逆にいうと、今回の話+次回の計3話分で本当にどうにかなるのか?

妄想 2009/11/04
10年前のデータ。

先日いっていた、『水滸伝・天導一〇八星』をちこっとプレイしようと思い、いまさらながらプレステ1のメモリーカードを引っ張り出してきた。
まだ現役のプレステ2ならともかく、ふつうならプレステ1のゲームデータなんぞ持っていても意味がないような気もするのだが、気に入ったゲームのデータはいまだに持っているぼく。
この場合の気に入ったゲームのデータというのは、おもにSNK、アトラス、コーエーの三社であり、特にコーエーはシミュレーションがメインなので、1タイトルにメモカ1枚という贅沢な使い方をしている。当然、『水滸伝』のデータもメモカ1枚にたったひとつだけ。それくらいデータを食うゲームなのだということをあらためて実感した。

で、10年近く前に遊んだゲームのデータを引っ張ってきてロードしてみた結果、どうやらぼくは楊志で遊んでいる途中らしい。よりによって青面獣。とんと記憶にないが、さぞかしいろんなキャラで遊んだあとなのだろう。でなければ、選択可能な好漢の中でもわざわざこんな地味な男を選ぶはずがない。
だいたい、ぼくが最初に遊ぶとしたら林冲で、次いで武松、晁蓋、史進といった順番であって、楊志などというのは優先度でいえばかなり低いのである。

ま、それはともかく昔を思い出して続きをプレイ。

……3分ほど遊んで、昔のぼくは今よりも確実に心が広かったのだということを確認。
そういう時代だったのかもしれないが、よくもまあこんなスピードのゲームで遊んでたな、当時のぼく。

妄想 2009/11/03
寒いいっ、寒いいいいっ!

何なのだろうか、この急激な冷え込みは。まだ11月アタマだというのにこんなに冷えるということは、2月アタマはいったいどれだけ冷えるというのか。これは近いうちにまたシチューかグラタンか、さもなければ鍋焼きうどんでも作らねばなるまい。

ベヨさままたクリア。当たり前だ、レベルはまだEasyである。体力ゲージも長いし、敵の一撃もさほど痛くないので、詰まるところはまったくなかった。むしろVeryEasyの時よりプラチナトロフィーを取りやすくなっているような気がする(これはたぶん、修羅刃と鉄山なんとかを多用し始めたことによる攻撃力アップの恩恵だろう)。
が、ぼくごときがぶいぶいいっていられるのはここまで。

Normalで始めた直後、ヴァルキュリアの機体上でジャンヌといっしょに戦うシーンがいきなりタイムアップの連続でクリアできない……。
なぜだろう? ふつうに戦っていると、溜まっていたはずの魔力がいつの間にか減っていて、相手をなかなか拷問にかけられないんだが。
いや、最終的にはウィッチタイムばっかり狙って魔力溜めてクリアしたけど、これまでこんなに溜まりにくかったか?

妄想 2009/11/01
……あれ?

もしかして『P3p』、もう発売してんじゃね?
――と思ったのだが、たぶん今買っても遊ぶ暇がない。確か9月には、「1本2週間のペースでクリアしていけば〜」などとふざけた計画を立てていたが、『メガテン』を買いそびれている時点で計画も何もない。
まあ、『戦国無双3』が来月に延びたので、11月の大物は『P3p』だけといえばだけなのだが、だったら完全新作の『メガテン』捜してきたほうが、とか思ってしまう。

で、どうしようどうしようと悩んだ挙句、ぼくが選んだのは、『水滸伝・天導一〇八星』
パソコン版を持っているのだが、何しろWindows95用だし、そもそも弟くんに貸してそれっきりなので、わざわざPS版を買ってしまった……!
どうしてもやりたかった、どうしてもやりたかったんだ!

ということで、以下拍手。

>それじゃあ伊織の傍に大人の美女増やしてw
ぼくも増やしてえ。

>常葉先輩との色っぽいイベントをもっと。
>短編、伊織と常葉先輩のイチャイチャ見せつけ期待。

そんなのこうこうせいのくせにふきんしんだよ!