Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< July 2010 >>
Category
Archives
Web拍手

↑クリックすると↑
web拍手が送れます
妄想 2010/07/30
キャプテン! まず彼女の歯を矯正してくれ!

『トーチウッド』観始めた。
ただ、キャプテン・ジャック・ハークネスはすごくカッコいいのに、ヒロイン(?)のクーパーがあまり可愛くないのはなぜなのか? いや、見ようによってはそこそこ見られるのだが、しゃべるともうダメ。何がダメって、この女優さん、上の前歯の真ん中に隙間があるのよ……。

第2シーズンの放送開始までに全部観とかんと!

妄想 2010/07/29
むしり。

『彼女は戦争妖精』第6巻、再校中。
いろいろとやらなければならないことがあるのだが、週末には『ポケモン』の映画を観てこよう。

ところで、イッシュ地方って中国じゃなくやっぱアメリカ東海岸? リバティチケットってリバティ島に行けるチケットという意味だろうか? ビクティニという名前がどう考えても中国的というよりアメリカ的なのだが。

妄想 2010/07/28
水曜日は『新9係』と『メンタリスト』の日。

もうここ何年も、水曜午後9時はテレ朝の刑事モノを見ることにしているのだが、昨年『臨場』が始まってからは、春『臨場』1クール→夏『新9係』1クール→秋『相棒』2クールという流れに固まりつつあるような気がしないでもない。
水曜9時枠にかぎらず、テレ朝の刑事モノは劇団系の俳優さんが多くて嬉しいのだが、『サラNEO』と続けて観ると、その顔ぶれに異様に既視感を覚える。

ところで、『メンタリスト』のヴァンペルトは本当に可愛いね。リグスビーとくっつくの反対。

妄想 2010/07/27
むふ。

かなり前に原稿を頼まれた『世界樹掘戮瞭壇詰兀子ができたというので、自宅に見本が届いた。
それはともかく、またぼくの『世掘戮離ートリッジが見つからない。

くそっ。

妄想 2010/07/25
そば+パン……?

きょうはきのうと同じお芝居を、ネムネムではなくリムリムと観にいった。
で、それはまあともかく。
お芝居が終わって中野駅まで戻ってきた時、ちょうど来た電車が中央特快だった。中央線のことを知らない人にはよく判らないかもしれないが、この中央特快というのは、東京を出発してほとんどの駅をすっ飛ばして西を目指す電車で、中野を出ると次は三鷹まで停まらない。そして、ぼくたちが帰宅するには、三鷹の手前の吉祥寺、もしくはさらにその手前の西荻窪で降りなければならない。
ただ、ぼくも足が痛かったし、『フラッシュフォワード』までに帰りたかったので、三鷹まで一気に突っ走り、そこからタクシーで家に戻ってもいいか、などと思っていたのである。

ところが、三鷹に着いてからリムリムがいうのである。
「わたし、おなか空いたんだけどー」
「は?」
「何か食べてこうよ」
確かに時刻はもう10時。夕食を食べずにお芝居を見ていたぼくも、おなかが空いているといえば空いている。そこで、三鷹のアトレでそばをたぐっていくことに。
「わたし、もりそばの大ね」
この少女はとにかくそばが好きで、もりそばやざるそばだと、かならず大盛り、もしくは2人前以上頼むのである。ところが、そのそばを食べながら、
「この時間てさあ、『サンマルクカフェ』って開いてるかなあ?」
「吉祥寺の駅前の店なら、確か朝7時から夜11時まで営業していたはずだが……なぜそんなことを聞くのかね?」
「いや、おなか空いたからパン食べたいなって」
「……今そばを食ってるだろう?」
「これじゃ明らかに足りないし」
だったらもっとそばを食えよ! と思ったのだが、その店はもうラストオーダー。仕方なく、また電車で吉祥寺まで戻り、駅前の『サンマルクカフェ』でパンを鬼のように買い込むはめになった。

ふたりでそばを食うよりパンのほうが高くつくっておかしいだろ。
おかげで『フラッシュフォワード』も見逃したし。

妄想 2010/07/24
最前列!

きょうは1月に続いてネムネムのお知り合いのかたのご紹介で、「劇団しゅうくりー夢」の公演に行ってきた。わざわざ最前列の席を用意してもらっていたようで、2時間20分、ノンストップで楽しませていただいた。
ここは、カーテンコールのあとに次回公演の予告(!)を寸劇のような形でその場で演じてくれるので、1本観終わると、すぐにもう次の公演のことが気になって観たくなるという、何だか得したような、うまくハメられているような(いい意味でね)、そんな劇団なのである。
いやー、とにかく面白かった。

その後、西荻窪まで戻ってきて、ネムネムとふたりでイタリアン&スパニッシュのお店で、アルコール抜きでおいしいものをいろいろ食べて帰ってきた。
満足満足。

妄想 2010/07/23
うっうーっ!

『戦争妖精』の著者校の受け渡しついでに吉祥寺で打ち合わせ。
のついでに、「FB online」用の暑中見舞いがどうの某書店向け販促パンフがどうのというお話をする。
いろいろとやることがあるのである。

やることがあるといえば、今年もやってきた『ポケモンスタンプラリー』! 気づいたらあしたからだった!
今年もネムネムは行くのだろうか。行かないのなら、さっそくあしたからでもひとりで回るけどね!

>そういえば嬉野先生はポケモンの新作の黒と白どっちを買うんですか?どっちも買うんでしたらどっちから?
どっちも買います。プレイするのは『ホワイト』のほうから(予定)。1匹目はツタージャで決定。

妄想 2010/07/21
そうか……マイナーな食品だったんだな。

きのうは思わぬところでピーナッツみそ談義をしてしまったが、きょうは『新9係』と『メンタリスト』の日。月末からは『フラッシュフォワード』も始まるし、『トーチウッド』の集中放送もあるし、うかうか外出する暇もないな。

ところで、Twitterの、「引用して返信する」と「引用してツイート」って、どこがどう違うのだろう?
会社で講習会まで経験しているはずなのに、ネムネムはこういう時にあまり役に立たないからな。最近は、家に帰ってくるたびに意味不明の擬音で宇宙人と交信しているようだし。

助けて! キャプテン・ハークネス!

妄想 2010/07/20
ちくり。

ゆうべは早めにパスタを食べて、それ以降はお茶しか飲まずに朝まで断食し、そのままいつもの病院へ。
午前の診察開始20分前に来たというのに、すでに待合室はご老人がたでいっぱい。
まあ、暇だからこんな早くに来ているわけではなく、みんな差し迫った理由があって、朝から来ているのだとは思うのだが、そうするとどうしても割を食うのが、相対的に若くて健康なぼく。どう見てもぼくよりあとに受付に来たおじいさんたちが、ぼくを差し置いてガンガン診察室に呼ばれていく。確かに、「患者さんの病状によっては、受付順通りにご案内できないこともあります」という注意書きはあるが、それにしても、1時間以上も待たされたのは初めてだった。

で、激痛に耐えて打った痛み止めは、家に帰るくらいまでしかもたなかった。
ままならんのう。

>初めまして。僕は、嬉野さんの小説 【THE KING OF FIGHTERS】 が大好きです
どうもありがとうございます。ちょうどゲーセンで最新作が稼働中ですので、よろしければそちらのほうもプレイしてみてください。……まあ、ぼくは勝利メッセージくらいでしか参加してませんが。

妄想 2010/07/19
ムウゥンッ!

先日、あるルートで入手した毛蟹がウチにあったので、これを使ってトマトクリームパスタを作ってみた。
麺はディ・チェコのリングイネ。日本のパスタというのは、1人前ずつ結束されていたり早茹でができたりと、便利なところは便利なのだが、そもそもパスタとしてのバリエーションが少なすぎて、フェットチーネやリングイネを食べようと思ったら、どうしてもディ・チェコに頼らざるをえないのが困る(ちょっと高い)。

しかし、まあ。
見よう見まねで作ったカニのトマトクリームパスタは非常においしかった。
ただ、カニを解体していて思ったのだが、ミエロシ羊介の(だっけ?)、「カニは虫の中で一番うまい」という言葉に、ちょっとうなずきたくなった。
虫嫌いの人にはカニの解体はちょっと無理だな、うん。

妄想 2010/07/18
そこには何か悪いものが溜まっているのだろう。

リムリムがおともだちと近所のお祭りに行くというので、ぼくとネムネムは吉祥寺に。昼間から無性にオニオンリングが食べたかったので、『GONO』でハンバーガーを食べることになった。
『GONO』はたいていのハンバーガーのパティの量を細かく注文できるので、たくさんお肉が食べたいぼくも、肉はあまりなくていいというネムネムも大満足。

ただ、そこで調子に乗ってビールを飲んだのがよくなかったのか、左足が痛くなってきた(ぼくは一応、お医者さんにお酒を控えるようにいわれている)。

ぬっ、くお……し、静まれっ、俺の左足……!

妄想 2010/07/17
むはー。

Twitterやり始めるとブログ書かなくなるって本当だな。

妄想 2010/07/15
どうしてこうなった!?

いろいろと買い物があったので、吉祥寺へ。
ゲーセンで『XIII』のEDを確認してから「ヨドバシ」に行って『FE』を購入。

で、実際に電源入れてちょこっとやってみた感想なのだが、これ、イベント的なグラフィックを描いてる人にキャラクターのグラフィックも描いてもらえばよかったんじゃないの?
あと、リフを出オチに使うのやめてあげて。

妄想 2010/07/14
ナビはあまり役に立たなかった。

きょうはお昼から渋谷で打ち合わせ。いろいろとお話して、夕刻吉祥寺へ戻る。
そのまま帰宅してもよかったのだが、ちょっと気になったので、北口方面のゲーセンをさらりと覗いてみる。

……全部回ったわけじゃないけど、『KOF XIII』は対戦台1セットしか見つけられなかった。

妄想 2010/07/13
ふゥ。

推敲もすべて終わって、『戦争妖精』第6巻の原稿納入。
あとは「FB Online」用の短編のネタを考えないと……。

おっと、その前に吉祥寺で『KOF XIII』の入荷店舗を調べないとな!

妄想 2010/07/12
眠い。

決勝戦を観ていたので眠い。
しばらくこのサイクルに悩まされそうな気がする。

妄想 2010/07/11
修羅場をしていて思い出したが。

『戦争妖精』の第1巻序章のタイトルは、「いもむし」となっている。
これは、クリスが迂闊に人前に出てこられないように、伊織がガムテープでぐるぐる巻きにしてクローゼットに隠しておいたことから来たタイトルである。いきなりこんなことされたのに、クリスもよく伊織になついているなと感心しきりだが、それはともかく。

「いもむし」に決まる前、最初にぼくが用意したタイトルは、確か「少女コレクション」だった。やっていることのイメージがまさにそれだったので、これでいいやと思ってつけたのだが、編集さんから止められた。
それならと、次につけたのが「拉致監禁」。やっていることのイメージ以下略だったのだが、これまた編集さんに泣いて止められた。

「別に犯罪行為を助長する内容でもないのに細かいこというなよ」と思わないでもなかったが、たぶんあの時のぼくはどうかしていたのだろう。このご時勢、幼女とばんばんちゅうをする作品に、「少女コレクション」も「拉致監禁」もないよな。危険すぎる。

ことほど左様に、作家は日々表現の限界に挑んでいるのである。

妄想 2010/07/10
ディエゴっていったらドン・コンドールだろ。……あ、あれはディーゴか。

今夜というかあしたの早朝に、ウルグアイとドイツの3位決定戦があるので、ネムネムが不穏な行動をしている。
「……行くわよ、うれうれ」
「どこに?」
「吉祥寺よ」
聞けばこの女、ウチで観戦できないこの試合を観るために、吉祥寺のスポーツバーに予約を入れたというのである。
「でも、深夜でしょう?」
「だからぼくにつき合えというのかね?」
「当然じゃない」

ということで、日付が変わってしばらくしたら出かける所存。

妄想 2010/07/09
折りたたんでたけど、持ち帰るつもりだったの?

この前、マクドの新作(チキンバーガー?)を食べていたら、隣のおじいさんが謎ムーブを展開。それに何の意味があるのかは知らないが、ハンバーガーをつつんでいた紙を広げて、まるで油汚れをぬぐい去るかのように、紙ナプキンで何度もごしごし……。
おかげでこっちは10分近く、わしわしという紙のこすれる音を我慢するはめになった。
けっこう耳障りなんだ、あの音が。

で、チキンバーガー。
あくまでぼくの個人的な感想としては、まずくはないけどとびきりおいしいわけでもなかった。なぜ本物のレモンを使わなかったのかも不明。
たぶんもう二度と食べないと思う。

妄想 2010/07/07
うーん。

きょうの『メンタリスト』は、最後がちょっと釈然としなかったな。
もともとジェーンはインチキ霊能力者で、そのテレビでの言動が目の敵にされて、家族をレッドジョンに殺されたわけでしょ? 要するに彼は、世にいう霊能力というのはすべからくトリックがあって、高度な分析力や推理力、たくみな話術でそれらしく見せることができる――というのを誰よりもよく知っているはずの人間なのに、ラストシーンでは、簡単にクリスティーンの話を信じてしまっている(ように見える)。
それともあれは、クリスティーンがインチキだと見抜いた上で、それでも彼女の言葉に救われたような気がして落涙してしまった、という表現なのか。
どちらにしても、ぼく的には、ジェーンにはクリスティーンのインチキを暴いて、スカッと終わらせてほしかった。

どうでもいいけど、ヴァンペルトって、よくあれでCBIの捜査官が務まるな。いかにも霊感商法や詐欺に引っかかりそうな性格をしてるんだが。

妄想 2010/07/06
うお!?

パンチ嬢から次の新刊のカバーラフが届いた。まだこちらの原稿が完成していないというのに……。
今週中には上げなければ。

妄想 2010/07/04
『サムスピ』のCMの前にこんなもんやってたのか。

この前、中村又五郎版の『剣客商売』を観た。原作の『まゆ墨の金ちゃん』と『悪い虫』をベースに再構成した脚本だったのだが、三浦金太郎役をやっている俳優がいいカンジにキモい。
この三浦金太郎(通称がまゆ墨の金ちゃん)というのは、「男のくせに化粧をしてオネエ言葉を使うスゴ腕の剣客」で、40年も前にこういうキャラを作っていた池波大先生はすごいなと思うのだが、それはともかく、平成版『剣客商売』では伊原剛志が演じていたこの金ちゃん、又五郎版のほうがキモさが上。
しかし、どうもどこかで見覚えがある。ややハスキーな声にも聞き覚えがある。
で、ドラマもラスト近くになって、ようやく気づいた。

こいつ、ちぃちぃだ!

妄想 2010/07/02
きょうのジェネレーションギャップ。

リムリムがふつうに「だが断る」というフレーズを使っているので、元ネタが何なのか知っているのかと聞くと、知らないという。……まあ、『JoJo』第4部がスタートした頃、リムリムはまだこの世に存在すらしていなかったしな。

「でね、でね、MEIKOがね」
と、リムリムがいうので、
「ほう、『女囚さそり』がどうかしたのかね?」
「はぁ?」
「MEIKOといえばMEIKO-KAJIのことだろう?」
「誰それ――」
タランティーノにあやまれッ!

>ツイッターアイコンのぬこかわゆす。
名前は恋次郎です。

妄想 2010/07/01
借りたものは返すでしゅ!

最近、何かというとネムネムが、「〜でしゅ!」と妙な語尾をつけてしゃべる。本人に聞いてみると、
「あのブタポケモンの真似よ」
などとうそぶくわけだが、彼女がここでいっているブタポケモンというのは、ブーピッグでもなければポカブでもなく、かんしゃポケモンのシェイミのことである。アレは別にブタをモデルとしたポケモンではないのだが、ネムネム的には、ランドフォルム時のあのむちむちした体型がブタっぽいらしい。
むしろぼくにはハリネズミっぽいフォルムに思えるのだが……。

でまあ、シェイミがブタだろうとハリネズミだろうとどうでもいいのだが、ぼく的には、ネムネムが調子に乗って、会社でも「そこのおまえ! この書類をコピーするでしゅ!」などと、ついうっかりをやらかしていないだろうかということである。
あと、かんしゃポケモンの真似するくらいなら、ぼくから借りたシャーペンをまず返せ。