Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2012 >>
Category
Archives
Web拍手

↑クリックすると↑
web拍手が送れます
妄想 2012/04/30
ふー。

『くろの』第2巻の再校作業終了。これはあしたの夜にでも発送すればいいとして、あとがきのほうも片づけなければならない。今回、ちょいページ数多めなので、何を書こうか。

妄想 2012/04/29
遅めのランチの準備をしながらなでしこ。

何だろう、狭山のこのGK、きのう大ポカをやらかしたJ1の某GKよりよっぽどいい仕事をする。チームとしても、2試合連続7得点の神戸を3点に抑えて、あわや同点というところまで追いつめていたし、内容としては非常によかったんじゃないだろうか。
一部でひむひむによく似ていると噂のマンUのGKデ・ヘアが、アトレティコ・マドリーにいた時、バルサ&レアル・マドリー相手に豪雨のようなシュートを浴び続けていた。もちろん、スコアだけを見ればボコボコにされていたわけだが、その中で神がかったセーブを連発した結果、スカウトの目に留まってマンU移籍が決まったという経緯があったし、GKにかぎっていえば、スゴく強いチームであんまりボールに触る機会がないよりは、むしろ弱いチームでばんばんシュートを打たれたほうが、スキルアップにはいいのかもしれない。

何がいいたいのかといえば、川島はセリエでもプレミアでも、弱小でいいからとにかくスタメンでゴールマウスを守らせてくれるチームに移籍してくれ。

妄想 2012/04/28
告知。

『黒鋼の魔紋修復士』の第2巻が来月末に発売されるのだが、それに合わせて、ファミ通文庫公式サイト「FBOnline」で外伝の連載がスタートする。原稿のほうはもう納入ずみなので、たぶん予定通りに掲載されると思う。
あと、同時に特集も組んでもらえるらしいが、こちらの詳細はまだ不明。3巻以降のスケジュールも仮決めされているので、うまく連動させていけたらいいなあ。

へそ……

夜、仕事帰りのネム公と合流してタイ料理。
おいしゅうございました。

妄想 2012/04/27
いろいろと。

きょうはお昼からトクマの編集さんと引き継ぎ&打ち合わせ。あいにく雨が降ってしまったが、てくてくと渋谷へ。ずるずるパスタを食べつつ、今後のことなどを話し合う。思えば誰かが作ったパスタを食べるのは久しぶりだ。いつも自分で作って食べてるしな。

その後、地元へ大急ぎで取って返し、リム坊の学校の歓送迎会に出席。これは何かというと、年度末で学校を離れていった先生がた+今年度から転任してきた先生がた+前年度PTA役員を招いてお茶をする会。ぼくはとうぜん3つ目のカテゴリーになるわけだが、ちょっと遅刻してしまった結果、エラく目立ってしまった。

おみやげまでもらって解散となったあと、前年度の役員さんたち数人で集まってごはんを食べる。
その理由が、前会長さんの、
「ひさしぶりにみんなに会ったら、俺、泣きそうになっちゃったよ……」
とかいうアレだったのだが、あんた、先月みんなで打ち上げしたじゃん。まだひと月ちょっとしかたってないよ……?
まあ、PTA活動といってもサークル活動みたいなもんだったし(何かあると飲んでたしな!)、それがなくなってさびしい気持ちは判らんでもない。もともとお酒好きな陽気な人だし。

ほろ酔い加減で帰宅後、もらったおみやげをばりばり開けてみると、中身はチョコレートの詰め合わせだった。あの学校のPTA、予算厳しいはずなんだけど、本当にいいのかね、もらっちゃって?
……食べてからいうのも何なんだけど。

妄想 2012/04/24
勘違い。

リム坊が塾に行くというので、少し早めにぼくもいっしょに出かけ、「ミュンヘン」でフィッシュ&チップスをごちそうしてやることにする。確かこの少女はダイエットがどうのといっていたが、それを確認するたびに、「あー、大丈夫大丈夫、あしたから本気出すから」と答えているので、ぼくもことさら気にしない。

で、フィッシュ&チップスと、それにピザも食べて、いっしょに本屋を回って、ぼくだけひと足先に帰ってきて少ししたら、塾で勉強しているはずのリム坊から電話。
「あはは! きょう塾じゃなかった!」

金返せ!

妄想 2012/04/23
雨。

朝、短編の原稿が完成したので編集部に送る。
小さな山をひとつ越えてほっとしたので、やりかけだったポケモンの孵化作業をする。昨年暮れからニドクインを育成しようと何百個もタマゴを孵化させているのだが、理想の個体値を持つどころか、これならいいやと妥協できるレベルの個体も生まれない。

ぼくが欲しいニドクインは、3種類のとくせいを持つニドランのうち、「はりきり」という特性を持ったメスからしか進化しない。要するに、そもそも2分の1×3分の1=6分の1の確率で生まれるニドランにしか用はなく、しかもその6分の1のニドランの中から、せいかくが「おくびょう」か「ひかえめ」のものだけをチョイスするので、欲しいニドランが生まれる可能性はさらに低くなる。
ただし、これらは条件としては最低限のもので、これをクリアしたニドランの中から、納得のいく数値を持ったものを厳選するという作業が必要なのである。

……というような作業を、仕事の合間に昨年からずっと続けていたのだが、きょうになってようやく、妥協できるくらいの個体が生まれた。
さすがにもう、同じポケモンを孵化→リリースというルーチンワークには疲れた。これを育ててニドクインは完成ということにしよう。

妄想 2012/04/22
ゆうべのサッカー。

ボルトンもスパーズもバルサも、ぼくが応援すると負けるの法則発動。
ま、香川のところは勝って優勝を決めたのでよしとしよう。

お昼、レオネッサの試合を観る。先週の開幕戦と同様、すさまじいワンサイドゲームとなり、今回も完封、7得点。今年もまた無敗優勝とかやらかしそうないきおいである。

そして夜。吉田&カレンのVVVはまた負けた。これで7連敗か? 本格的に降格するぞ、これ。

ポケモン暴走日記 2012/04/21
きょろり。

浜松町、リアルポケセンへ行く。先週から始まった『BW2』の予約と、今年の映画の前売りを買うのがおもな目的。
店に着いたのは11時前だったのだが、週末ということもあってか、すでにけっこうな数のお客さんが来ていた。スマホ関連の新商品の発売日だったことも影響しているのかもしれない。もしぼくのINFOBARに適合するカバーがあったらひとつ欲しいところだが、あいにくとこういうものは、ユーザーの多いメジャー機種から対応されていくものなのだ。
さくっと予約&買い物をすませたぼくは、ここ何年も挑戦しようとして果たせなかったことをやってみることにした。すなわち、ポケセンでのお誕生日サービスを受けるのである。これは、誕生日とその前後7日間、トータル15日の間、ポケセンにやってきたお客さんだけが受けられるというもの(保険証やパスポートなどで誕生日を証明することが必要)。
で、このサービスでは以下の5つの特典を受けることができる。

1:特別なタブンネ
読んで字のごとく、お誕生日ユーザーの『BW』に、特別なタブンネをくれる(確か大昔はヒトカゲだった)。どこが特別かというと、おやの名前が「トウキョー」で、通常は覚えないはずのプレゼントを覚えており、これまた通常では手に入らないはずのバースデーリボンを所持、そしてふしぎなアメを持っている。ちなみにほかのわざ構成はいやしのはどう、てだすけ、リフレッシュ。正直、使い物にはならない

2:お誕生日スペシャルクーポン
ポケセンでの買い物に使えるクーポン券が発行される。「通常4800円の『BW』を1本あたり800円OFF(合計2本まで)」か、「ポケセンでのお買い物10パーセントOFF(ゲームソフト、ゲーム機、周辺機器、金券を除く)」か、どちらかを選べるのだが、もらったその日しか使用できない

3:お誕生日シール
バースデーリボンと同デザインのシール。これを胸などに貼った状態でポケセン内をうろつくと、それを見た店員さんから拍手と「おめでとうございます!」の言葉をもらえる。当然、周囲にはほかのお客さんもいるので、基本、ちょっとした羞恥プレイである。

4:B6サイズのポケモンカード
ポケモンカードゲームと同じ体裁(ただしサイズがデカい)の、ピカチュウの柄のバースデーカードがもらえる。名前と誕生日を記入する空欄があり、要するに「サトシのピカチュウ」だの「シロナのガブリアス」だのと同じノリで、「ウレシノフのピカチュウ」にすることができるのだが、当然、実際のゲームには使えない

5:ポケセン内でのおめでとうコール
ポケセン店内に設置されているモニターで、その日このサービスを受けたお客さんの名前(下の名前ね)をモニターに表示し、以上のお客さま、お誕生日おめでとうございます、とやってくれる。これまた当然のことながら、いっしょに名前をコールされるのはあどけない少年少女たちばかりなので、大きなおともだちにとってはこれ以上ない羞恥プレイ


とまあ、これらのサービスを、ぼくも受けてきた。もっとも、ぼくのお目当ては1のタブンネだけだったので、ほかは正直どうでもいい。クーポン券は当日しか使えないのにぼくはもう買い物をすませたあとだったし、シールやおめでとうコールでチビっ子どものさらしものになるのもノーサンキュー、それにぼくはカードゲームはもうやってない(最初期にはやってた)。
なので、タブンネだけ受け取ってさっさと退散。
それにしても、ポケセンのおにいさんおねえさんは、相手がぼくみたいなオッサンでも、「こちらのサービスは……」などと懇切ていねいに説明してくれる。すごいプロ根性だ。

妄想 2012/04/19
めでたくもなし。

きょうは2巻の著者校の引き渡しを兼ねてFBのネガしまさんと打ち合わせ。といっても、すでに3巻のプロットは渡してあるので、きょうのメインは地図をどうするかというお話。シリーズを長く続けていくと、キャラが増えるのはもちろん、主人公たちがあちこちに出かけるので、物語中での町などの位置関係をはっきりさせた地図を用意したほうが、読むほうとしては助かるものである(『ホルス』の時も途中から載せたしな)。
ということで、ファミレスの上で紙を広げておっさんふたりがああでもないこうでもないと落書きしながら打ち合わせ。どうやらこの地図、2巻からつくらしい。

で、夜はアニポケ。
久しぶりのロケット団回なのだが、ネジ山の地下で時の扉がどうたらこうたら、原作にはまったくなかった要素満載のエピソード。そのカギになるのがプロトーガらしいのだが、無印の頃からたびたび化石系のポケモンが復元されるエピソードがあったにもかかわらず、「ポケモンの化石か〜!」と目を輝かせるサトシの頭の中がよく判らない。アルトマーレではプテラ+カブトプスに追い回されてたじゃねーか。
それにしても、このゲストの化石青年、プロトーガのしおみずをまともに受けてびしょ濡れになるだけですんでいるとは、10まんボルトを食らい続けてなお平然としているサトシに通じるものを感じるなあ。

妄想 2012/04/18
水曜コンボ。

『Answer』。
『相棒』もそれに近いのだが、これも女性キャストがほとんど登場しない。あまりに男臭い。まさにオッサンパラダイス。おまけに遠藤憲一と松重豊が揃って登場するという誰得なドラマだが、ぼくは大好物である。
それに、土ワイで定期的に「夜明さ〜ん」とかいっている風見しんごが、意地の悪いキャリア役というのは非常に新鮮である。とき〜どき、確変起こしてそれまでのイメージがガラッと変わってしまう俳優がいるが(たとえば『探偵はBARにいる』の高嶋弟とかな)、これを機に新境地を切り開いてもらいたいものである。
まあ、ドラマの内容的には、まだ第1話なので何ともいえないのだが、本当に日本の警察ってあのくらいの捜査しかしないのだろうか? FBIとかだと、最初の捜査の段階で放火犯の離婚のことやら息子の臓器移植のことやらあっさり判明して、「何かおかしくねえ?」ってなりそうなものなのだが……『クリミナル・マインド』の観すぎだろうか?

『コールド・ケース』シーズン1。
リリー可愛い。
でも、来月『メンタリスト』の新シーズンが始まったら、そっち優先になっちゃうんだよな。

『クリミナル・マインド』シーズン3。
すでにシーズン3は昼間の帯放送のほうで最終回まで観ているのだが、レギュラー放送のほうも来週ようやく最終回。このシリーズは、旧シーズン最終回と新シーズン第1回をひと続きのエピソードにしてくれやがるので、待たされるほうはたまったもんじゃない。
早くシーズン4を放送してくれ!
ちなみに、ひっそりとWOWOWで再放送していた『クリミナル・マインド 特命捜査班レッドセル』も、あした最終回。何というか……『相棒』が人気あるのでスピンオフのドラマシリーズを作ったら、視聴率取れずに1クールで打ち切りになったというか……アメリカのドラマ業界はシビアよのう。

妄想 2012/04/16
きょうのスパーズ。

最初の失点は仕方ない。
次の失点は世紀の誤審。ボールの行方が見えていないくせにラインを割ったと判断した主審もアレだが、行方が見えていたのに「入った入った!」と騒いだチェルシーの選手は全員シミュレーションでイエロー食らってろ。その空騒ぎを見た主審が、「ボールはよく見えなかったけど、みんな喜んでるから入ったんだね」と判断したんだろ、たぶん。

最近ちらほらと出始めた『BW2』情報。
『ポケモン』の主人公はかならず頭に何かつけていないといけないという縛りがあるので、今回は男女ともサンバイザー装着のようだが、個人的には男主人公の髪型がちょっと……。
まあ、今回も両バージョンとも買う予定なので、男女で最低1回ずつクリアするのは前提として、メインロムのほうは女主人公でいくことにする。ちなみにぼくの中での女主人公ランキングは、ヒカリ→トウコ→ハルカ→リーフ→コトネだったのだが、今回の女主人公はハルカの次くらい。黒いタイツにフレアのミニスカートと見せかけたキュロット(だよな、あれ?)というのは、健康的でよろしいとは思うのだが、シルエット的にはやはり冬服のヒカリが一番よい。

あと、ひみつのうらにわ以外でイーブイが出現しちゃうのは、ちょっと違和感がある。

妄想 2012/04/15
いまさらだが。

リム坊が軽音部のみんなと花見をするというので、弁当を作ってくれといわれた。何だかみんなで少しずつ持ち寄って、みたいな話になっているらしい。
ということで、夜明け前から弁当の用意。サンドイッチとか卵焼きとか、アスパラのベーコン巻きとか、せっせと用意する。あとはデザート。
あれこれと作業をしながらバルサの試合を観て、それから就寝。

お昼に目が醒め、リム坊に弁当を持たせて送り出し、なでしこリーグの開幕戦を観る。京川舞が男前だった。

夜。『平清盛』を観て、WOWOWで米米+プリプリ+TMのライブを観る。ぼくはそういう世代だ。

妄想 2012/04/13
きのうのアニポケ。

とりあえず、

・クルマユは『赤僕』の実が不貞腐れた時の顔に似ている。
・アーティさんと会ったことを忘れてしまったのか、まるでハハコモリを初めて見たかのような反応をするサトシたちは病院に行け。
・はっぱを集めるアイアントの習性を利用して尾行するなら、サトシとグレッグルがコスプレする必要はない。
・むし/はがね相手に焼豚を使わないサトシと、それを指摘すらしない同行者たちは、全員トレーナーとしての資質に疑問が残る。
・次回、ロケット団が久々に登場し、化石泥棒という判りやすい悪事をはたらく!


……一番重要なのは最後だな。

それはそれとして、オランダサッカーを観る。フィテッセとVVVフェンロの試合。たぶん、オランダリーグで一度にもっとも多くの日本人選手をチェックできるカードだからだろうけど(全部で4人)、テレビカメラがたびたびスタジアムに来ていたザックを抜いている。
がしかし、残念ながら先発した日本人選手はVVVの吉田だけ。ほぼフィテッセの勝利が決まった後半、ハーフナー・マイクがラスト10分くらいだけ出場して、ザックの御前でちゃっかりアシストを決めていた。
個人的には、もはや松井が出場する見込みのないフランスリーグの放送枠はいらないから、オランダリーグの枠をもうひとつ増やすか、さもなければブンデスの放送枠をあらたに確保してもらいたいもんである。
……というか、『ドルトムントTV』なんて番組を放送してるのにドルの試合を中継しないテレ朝チャンネルはどこかおかしい。そんなの、『ポケモンサンデー』を放送してるのに『ポケットモンスター』を放送しないテレ東みたいなもんじゃないか。

妄想 2012/04/12
枝垂桜。

日付がきょうに変わってすぐ、雨がやんでいるのを確認して買い物にいく。
シャルケの試合があるのでそれまでにさくっと買い物をして帰宅し、明け方に帰宅するネム公のためにミツカンの「だしむすび」でおにぎりを作っておく。ぼく、ちょっとしたクッキングパパだな。

朝、リム坊を学校に送り出したあと、ばったり倒れて睡眠。午後2時すぎに目が醒め、慌てて出かける準備をする。3時からリム坊の学校の本年度最初の保護者会があるのだが、勝手にクラス委員とかを押しつけられたりしないよう、これは絶対に出席しなければならないのである。
さいわい、「ぼくは昨年度PTAの役員やりました」という印籠が効果を発揮し、今年は肩書なしですんだ。昨年度は週3くらいのペースで学校に行ってたぶん、今年は仕事に集中したいしな。

さくら

深夜の買い物の途中に目撃した枝垂桜。
オレンジ色なのは街灯のせい。

妄想 2012/04/10
うまいぞ!

土曜日に引き続き、中1日で昨夜もスパーズの試合があった。相手はノリッチシティという今季昇格してきたチーム。なので軽〜く一蹴してくれると思っていたら、むしろ一蹴される感じで負けた。ここ8試合で1試合しか勝ててない……。それまでの貯金をどんどん吐き出していく我がスパーズ、最悪でもチャンピオンズリーグの出場権は確保してくれ。でないと来季、ギャラ的にもモチベーション的にも、モドリッチとベイルを引き止められなくなる。

そんなこんなで夜。フーディーズTVで放送が開始されたアニメ版『クッキングパパ』を観る。原作がかなり進んでからアニメ化された作品だからか、大平課長がカマっぽくない(初期の課長はカマ言葉だった)。
毎週土曜日がちょっと楽しみになるな。

妄想 2012/04/08
てくてくと。

先週、弟くんと会った時に、ぼくが持っている『X-FILE』のDVD全巻を貸す約束をしたので、またお昼にヨドバシで落ち合う。ついでに、かくれとくせいを持ったニョロモ、ロコン、ニドラン♀を譲渡。それにしても、ニョロモのかくれとくせいって、なかなか遺伝しないんだな。
で、近くのガストでランチ食ってだべってたら、店が混んでいるからという理由で放り出されてしまった。しかしぼくは、7時に仕上がる予定のクリーニング品を回収する用事があったので、それまで時間を潰さなければならない。
そこで、ふたりで意味もなく吉祥寺めぐり。まあ、おたがい吉祥寺近辺に20年近く住んでいるのでいまさらという感もあるのだが、最近行ってなかったところもあるし、とにかくうろうろと歩き回る。歩きながらオタトークをかます。ついでにぼくの新刊(『くろの』ね)を渡したり、彼が今やっている仕事(劇場版『タイバニ』とか『AGE』とか)の話を聞いたり。

帰宅後、『平清盛』→サッカーのコンボ。
いつもの休日。

妄想 2012/04/07
ニューカッソゥ。

きょうは土曜日。ネム公とリム坊は、夕方から『コードギアス』の舞台を観に葛飾へ行くという。
なので、ぼくはリム坊を吉祥寺駅で見送ってから、ひとりでふらっと駅周辺を散策。今夜は9時からプレミアリーグの試合があるので、それまでには帰るつもりだが、その前に食事をすませることにする。
――が、天気のいい土曜日、しかも花見のシーズンである。井の頭公園を擁する吉祥寺界隈の人出は尋常ではない。できれば公園近くの「いせや」で……と思わないでもなかったが、とてもじゃないが入れない。
結局、ぼくが腰を落ち着けたのは、ハモニカ横町の「ミュンヘン」。ここは世界各地のビールが飲めるお店である。もし今夜観るのがチャンピオンズリーグなら、迷わずハイネケンを飲むところだが(CLのスポンサーはハイネケン)、ぼくが観るのはプレミアリーグなので、何かそれと関係のありそうなビールを、ということで、ニューカッスルブラウンというのを飲んでみる(ニューカッスルというチームがあるのよ)。お酒のおともはもちろんフィッシュ&チップス。
このお店のはこんな感じ。

でかいんだよ。

ひとりで食べるとおなかいっぱい。できればこの半分くらいのサイズ&半分のお値段で出してくれるとありがたいんだが、ま、ここのはおいしいので文句はいうまい。

妄想 2012/04/06
ホジョキン!

きょうからリム坊は新学期。春休みの間、あの子を早起きさせるということをしてこなかったので、ぼく自身が早起きできるかどうか不安だったのだが、何とかもとのサイクルに戻れそうである。
とかいいつつ、あしたは入学式があるので、土曜日なのにあの子も登校しなければならないということで、また起こしてやらなければならないのであった。

重版が決まったので、『くろの』の修正ポイントの洗い出し。捜すと意外にミスがあり、へこむ。
スムーズにいけば、GW前には2刷が書店に並ぶかもしれない。
へそ……

妄想 2012/04/05
ふんふんふ〜ん。

きのうたけのこごはんを炊いたので、きょうは久しぶりにネム公にお弁当を作って持たせる。
そのこととはまったく別問題だが、

へそ……

『黒鋼の魔紋修復士』第1巻、緊急重版が決定。専用帯も作ってもらえることになり、めでたいかぎり。

妄想 2012/04/04
台風一過。

よく晴れていたので、ネム公を駅まで見送るついでに買い物へ。
そういえばもう4月、そろそろ『ポケモン』映画の前売りの発売時期である。6月には新作も発売される。そこで帰宅後、手持ちのカートリッジの中身を再確認してみると、『HG』にかなりのやり残しがあることに気づく。確か勝った当時、ぼくは『SS』を先にプレイしていて、『HG』はリム坊に貸していたのだが、リム坊が殿堂入りした時点で放り出したため、すべての伝ポケ回収とレッド撃破までぼくが引き継いでから、データを消去して一からやり直したのである。
そんなわけで、『HG』のほうはカントー地方をクリアしたあたりで止まっていたため、少しずつこれもクリアしていこう。
まずはレッド撃破だな。

それはそうと、『くろの』2巻のカバーラフが届いた。
ミユキルリア嬢、仕事が早いぜ。

妄想 2012/04/02
やっほう!

深夜の試合では我がスパーズが久しぶりに勝ち点3を上げ、昼間は栃木SCも千葉に勝った。このところぼくが応援するチームはことごとく勝てずにいたので、何となくほっとした。

それはそれとして、先週、田舎の母親が弟くんのところに何か荷物を送ったとかで、その中にぼくに渡すものが混じっていたというので、受け取りにいく。
弟くんはアニメーターで、今は何をしているのかよく知らないが、昔は『クレしん』をずっとやっていた。『ケロロ』がハッピーセットになった時、版権絵を描いてマクドからクレームをつけられた、とかいう話を聞いたことがあるので、きっと『ケロロ』もやっていたのだろう。あと、『S』『SD』とか『00』とか『A』とか、一連のシリーズの原画もやっていたはずだ。
その弟くんとヨドバシで合流。まったく観ていないので何が何だか判らないが、作画用に最新のガンダムのプラモを買うという。ぼくはといえば、トミー版のゾイドがまったくあつかわれなくなっていたことを再確認してショックを受けた。まあ、仕方ないといえば仕方ないのだが。……コトブキヤのは、がちゃがちゃ動かないのがなあ……。

そこでたっぷりアニメや特撮のオタク話をしたあと、ファミレスに移動して今度はドラマのオタク話。ぼくはスパドラ系でアメリカのドラマをたくさん観ているが、彼は彼で、MX系でいろいろ観ているのである。
それで思い出したが、彼に『X-ファイル』のDVDを貸す約束を忘れていた。

妄想 2012/04/01
日本vsアメリカ。

この前のアルガルベ杯で対戦したばかりだが、あそこで一度勝っている以上、親善試合とはいえ、あまりみっともない負け方をしてもらっては困る。何しろ日本代表のほとんどの選手は、2週間後になでしこリーグが開幕する=コンディションもモチベーションも充分なのに対して、アメリカ代表の選手たちは、自国のリーグが経済問題で開催されていないため、コンディションもモチベーションも低い(逆に試合が楽しみだったかもしれんが)。
――とか思っていたら、おたがい点を取り合ってのドロー。日本はアメリカに苦手意識を植えつけられなかったし、アメリカも日本に雪辱を果たせなかったということで、「この決着はオリンピックで!」みたいな流れになって、これはこれでよかったのかもしれん。

お次はリバポゥvsニューカッソゥの試合を観戦。
これまで長い間、チェルシーのフェルナンド・トーレス先生が、チェルシーサポはおろか世界中のサッカーファンから生暖かいまなざしで見守られてきたわけだが(移籍金に67億円もかかったのに、ろくにゴールを決められなかったんです、この人)、そのトーレスがこの前ついに待望のゴールを決めて復調の兆しを見せ始めたことから、今度は42億円ことアンディ・キャロルにスポットライトが当たり始めた感がある。
続きを読む >>