Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2012 >>
Category
Archives
Web拍手

↑クリックすると↑
web拍手が送れます
妄想 2012/11/30
きょう発売。

幼女にあらず

11月の終わりとともに新刊発売。
リンデゴーア卿はリンデガール卿じゃないよ。

妄想 2012/11/29
ゴロさん!

ゆうべの『孤独のグルメ』。
お値段はよく判らないが、あのちゃんこ、あの量で一人前というのはちょっと多くないか? 力士基準で分量を見誤っているんじゃないか、このご主人? などと思わないでもなかったが、デブの多い街ならあれでいいんだろう。
ただ、あそこに来てちゃんこのほかにてんぷらの盛り合わせとか食べる客がデブ以外にいるのだろうか?

そしてアニポケ。
予想されていた通り、シュータロス退場。続いてベルが退場し、このあとはサトシがvsケニヤン、vsコテツ、vsバージルと連戦していって、最終的に優勝はバージル、サトシはベスト4止まりくらいか。これを年明けまでに終わらせるという話だから、シンオウリーグでの力の入れようとはくらべるべくもない。
もちろん、リーグ編のあと、いよいよNが登場してプラズマ団との戦いを本格的に展開していくことになるわけだが、『DP』ではきちんとシンオウ時空伝説としてギンガ団との戦いを描き、シンオウリーグも描き、ということをやれていた。それを『BW2』でできないというのは納得がいかない。
こんなことならメロエッタ絡みのシリアスなロケット団のエピソードはいらなかった。どうせプラズマ団との戦いにまた首を突っ込んでくるんだろうし。

やれやれ、仕方がないから届いたばかりのBD-BOXで『ラティオス・ラティアス』でも観るか。

妄想 2012/11/27
どこの女の子だ?

吹き替えの『マンチェスターユナイテッドTV』を観ていたら、MCの女性がリンデガール、リンデガールと連呼しているので何だそれはと思っていたら、デ・ヘアとの競争がどうのといい出したので、ようやくリンデゴーアのことだと判明。Jsportsでの実況ではリンデゴーアといってるんだからそれに合わせればいいのに。リンデガールなんてカナ表記自体、かなりの少数派だぞ。
まあ、これを放送しているフジテレビONEは、今季から香川が加入したので慌てて放映権を買ったのだろうが、肝心の香川が負傷して来年まで出番ナシとは大誤算であろう。
それをいうなら、ドイツでの香川の活躍を当て込んで放映権を買った『ドルトムントTV』が、香川の移籍によってわずか1シーズンで価値を失ってしまったテレ朝チャンネルも、大誤算だったろうけどな。

『銀河へキックオフ』。
そろそろ終わりが見えてきて哀しい。

妄想 2012/11/25
ゆうべのシャルケvsフランクフルトの試合は面白かった。

それはともかく、ウチのご近所で、古い家を取り壊す作業がおこなわれている。家屋はもちろん、敷地を囲む古くて頑丈そうな塀まで根こそぎ壊すらしく、デカいパワーショベルが活躍しているわけだが、そのせいでウチが揺れるのである。
何度かいった覚えがあるが、ぼくが住んでいる家は縦に細長く、横方向にすごく揺れる。なので、震度3くらいで感じるような揺れが、作業の間、断続的にずっと続くのである。そんな環境でパソコンのモニターを見つめて作業をしていると、うっかりすると船酔いに似た症状を呈してしまう。
さすがに家が揺れてキモチ悪くなるからパワーショベルを使わないでくれとはいえないので、しばらくは我慢するしかないわけだが、それにしても困った。

妄想 2012/11/24
見本到着〜。

幼女にあらず

それはそれとして、ポケセンに行く。目当てはグラードンとカイオーガの受け取り&イーブイミッション。
そしてその帰り、三鷹でお昼を食べる。どうもポケセンに行くと、帰りに東京から中央特快に乗って三鷹まで行き、「オリビエ」でパスタを食べて吉祥寺に戻る、というのがパターンになっている。
でもあそこのスペシャルオリーブおいしいんだよなー。

妄想 2012/11/23
きょうから『FRINGE』シーズン3。

物語のメインが並行世界との戦いになりつつあるので忘れかけていたが、クリストファー・チャンスっぽいオリビアの元カレの件はいったいどうなったのか。過去の記憶を追想している途中でインタラクティブに話しかけてきたり、エセ科学といえどもきちんとした説明がないと納得がいかないんだが、彼がそもそもこの物語にどういうかかわり方をしていたのか、最終的にきちんと描かれるのだろうか?

妄想 2012/11/22
深夜グルメ。

ゆうべの『孤独のグルメ』は、どう考えても酒飲みの注文するようなメニューだったが、某山岡さんいわく、同じ米から作られるんだから、酒の肴がごはんに合わないはずがないらしく、そういう意味では、なめろうだろうとハマグリの酒蒸しだろうと、ごはんのおかずにはちょうどいいのだろう。
それにしても、あんなぷりぷりのハマグリがあれだけ盛られて1000円というのは、やはり銚子という場所柄なのか。ややうらやましい。

そして『アニポケ』。
どうやら来年の春からプラズマ団編に入るらしく、ようやくイッシュリーグがスタート。わりと最近になってコテツだのバージルだのといったにわかライバルが登場していたが、これまで登場していた数々の性悪トレーナーたちを再登場させれば、コテツもバージルも必要なかったのではないだろうか。
まあ、カベルネもラングレーも(思えば女子の名前としてはどっちもひどいな)、別にジムバッジを集めていたわけではないから、リーグ戦に参加できなくても仕方ないとは思うのだが、マサオミあたりは出してもよかったという気がする。そもそもこの展開だと、いきなりシュータロスが負けて敗退するわけだし、じゃあサトシは最後に誰と戦って話を盛り上げるのか? ケニヤンだのコテツだのでは今ひとつピンと来ないから、ちょっと強そうなバージルさんと準決あたりで戦って敗れてまたベスト4か。

ていうか、最初にまず予備戦をおこないます、とかいってるけど、これって単なるトーナメント1回戦じゃねえの? ここで勝ったトレーナーたちであらためてトーナメントを組み直すことになると思うんだけど、わざわざなんで予備戦なんていい方をしているのか判らん。フルバトルじゃなく1on1だからか?
もしかすると、予備戦で敗退したトレーナーの中から何人か敗者復活させて本戦に組み込む、というやり方で、サトシに負けるであろうシュータロスを救済するために予備戦という特別な形にしたのか?

妄想 2012/11/21
津上翔一。

賀集くんもいい年になったが、あのいかにも人のよさそうな顔立ちのせいで損をしているのか、俳優としてはあまり役に恵まれているとはいえない気がする。複数のイケメンライダーを用意しておかあさんたちのハートをがっちり掴むというコンセプトを軌道に乗せた『アギト』3人衆の中では、もはや完全に、G3>アギト>ギルスという序列になってしまった。
考えてみれば、15年近くも続いて数十人のイケメンたちを輩出してきたテレビ版平成ライダーシリーズ(『RX』を除く)だが、実際に芸能界にきちんと定着している人間はごく一部にとどまっているというのが、切ないというか世知辛いというか……。
どうでもいいが、初代ザビーがさかんにハモニカ横丁にライブのポスターとか貼りまくっていた時期があったが、彼は何か吉祥寺と関係があるのだろうか。ヒダリショウタロスが吉祥寺っぽい映画の主演をしていたのは知っているが、ザビーさんは……『あんてるさんの花』に出てたか、そういえば。

ということできょうの『相棒』。
賀集くんがあまりに好青年すぎるせいでむしろ胡散臭さが先に立ち、登場した瞬間からこいつが犯人だとしか思えなかった。
来週は超久しぶりにキッチュが出るようだ。

妄想 2012/11/19
まあ、いまさら別の企画を捜すのも面倒だしね。

『お試しか!?』は、何というか、気づくといつも2時間SPとか合体SPとかをやっているイメージがあるのだが、あれは何なのか? よほどスポンサー収入がいいのか、さもなければ製作費が安く抑えられるのか。いずれにしても、もはや『お試しか!?』=「帰れま10」という図式が成立してしまっているこの番組は、この先もこんな感じで続けていくのだろうか。
いつの間にか2週に1度はゴチをやるようになっていた『ぐるナイ』以上のスピードで進化し、そして進化の袋小路にハマり込んだような気もするのだが……。
あんまり売れないアイドルに新作水着を着せてウォータースライダーすべらせる、みたいなことをやっていた深夜時代に戻れないというのは判るのだが、さすがに飽きてきた。

妄想 2012/11/17
おでん。

今シーズン、初めておでんを作った。といっても、買ってきた具をクルーゼ隊長でぐつぐつ煮るだけの簡単なお仕事なので、ぼくがわざわざやる作業といえば、大根を剥いて下茹ですることくらいだろう。
なぜぼくがおでんなど用意したかといえば、きょうはノースロンドンダービーの日だからである(そういうダービー戦があるのよ、サッカーの)。
ということで、はふはふと大根を食べつつスパーズの応援。エミレーツスタジアムに乗り込んでのアウェー戦だが、アデバイヨルが見事に先制! これは幸先がいいと、おでんを食べるぼくのピッチも上がる。

――が!
先制から10分もたたないうちに、そのアデバイヨルが危険なタックルでレッドカードを食らい、一発退場。その後、数的不利になったスパーズはぽこぽこと点を取られてあっという間に逆転された。
……こりゃ駄目だ。

アデバイヨルのせいであまりに気分が悪くなったので、3-1になったところでチャンネルを変え、『極道めし』の映画を観る。
正直、この映画に出てくる料理は、黄金たまごかけごはんとか海鮮焼きとか偽すき焼きとか、どれも今ひとつ喉が鳴らないものばかりなのだが、オムカレーカルボだけはちょっと食べてみたい。

妄想 2012/11/15
ゆうべの夜食。

きのうのオマーン戦は、わりと序盤に先制して、そのあとわりと落ち着いた試合運びで安心して観ていられたのだが、吉田のやらかし→FK→壁役がみんなジャンプしたところをグラウンダーのシュート→ゴール! と同点に追いつかれ、嫌なムード。
そこをゴートクからザキオカのシュツットガルトラインで追加点を取れたのはよかった。特にザキオカさんは、クラブでの立ち位置がやや微妙になっていた時期だったから、これでどうにか上昇気流に乗ってくれるとなおありがたい。

で、『孤独のグルメ』。
さすがに今回は食べすぎじゃないか? ライス×2はもちろんだが、一品料理をあんなにいくつも頼むというのは……。
でも、あのニンニクだれに豆腐をブッ込んで食べるのは、気持ちとしてはよく判る。おいしいものを食べ終わったあとにたっぷりソースとかスープとか残っていたら、もったいないと思うのが人情というものだしな、うん。

妄想 2012/11/14
いつもより早く。

年賀状が印刷できたので、ロフトまで取りにいく。
ここ何年も、年賀状はロフトに注文しているのだが、完成したブツを取りにいくと、かなりの高確率で待たされる。注文伝票を渡すと、係のおねえさんが「少々お待ちください」とかいって奥に引っ込み、ぼくの年賀状の束を持って戻ってくるわけだが、ただこれだけのことで10分近くかかるのである。
理由は何となく判っている。
たぶん、カウンターの奥には完成したみなさんの年賀状の束を並べておく棚があって、五十音順に管理されているのだと思う。そしてたぶんおねえさんたちは、ぼくの「嬉野」という名字を見て、「う」の棚ではなく「き」の棚を捜しているのだろう(「うれしの」ではなく「きの」と読んでいる)。
ぼくのペンネームは、高校時代に地図帳を見ていて目についた佐賀の嬉野町(今はもうないのかもしれんが)からいただいたものだが、どうやらこの名前を読めない人もいるらしく、最初にロフトで待たされた時に、何度か行ったり来たりした挙げ句、
「お客さまのお名前は……き、きのさま……?」
「うれしのです」
というやり取りがあったので、毎年この季節にロフトで待たされると、「ああ、このおねえさんも嬉野って読めないんだな」と心の中で呟くことにしている。

で、今年も軽く呟いた。

妄想 2012/11/13
オウフ……。

『銀河にキックオフ』というサッカーアニメがあるのだが、その番組の最後の5分間ほどが、「Jリーガーに挑戦!」みたいなミニコーナーになっている。そのタイトル通り、現役のJリーガーにチビっ子たちがサッカーバレーで挑戦するコーナーで、このチビっ子たちはそのへんの小学生ではなく、リーガーが所属するクラブのジュニアチームの選手。
で、今回はコンサドーレ札幌のリーガー&ジュニアたちが登場してサッカーバレーに興じたわけだが、コンサドーレといえば、つい最近J1からJ2への降格が決定したばかり。
もちろん、コレが収録されたのは降格が決まるより前のことだとは思うが、いずれにしても涙なしには観られないサッカーバレーだった。

それはそれとして、あしたはW杯最終予選のオマーン戦。相手チームがどうというより暑さが一番の敵になるのだろう、たぶん。

妄想 2012/11/11
む……?

気のせいか、ハチの捕獲難易度がこれまでより下がったような気がする。何だろう、スライドパットのせいか、持ち物チェンジシステムのおかげか、それ以前にハチが追いかけてくるまでのラグが増えたのか。
でもまあいずれにしろ、超速でカッ飛んでいった昔のオニヤンマほどの絶望感とはほど遠いな。あれはちょっと捕まえられる気がしなかった(といいつつ捕まえられるようにできてるのだが)。

じんべい

しゅもく

というわけで、スクショでお茶を濁す。ぱしゃり。

妄想 2012/11/09
解禁。

『ぶつ森』のことはともかく。
公式で発表されたので。

幼女にあらず

月末発売。

妄想 2012/11/08
ふっふー!

きょうは『とびだせどうぶつの森』の発売日。
といいつつ、ゆうべ『孤独のグルメ』を観ながらダウンロードし、深夜のうちからプレイをスタートさせていたわけだが。

ということで、いつものようにいつものごとく、きのきのむら+うれしのふでプレイスタート。
今度の戦いも長くなりそうだ……。

妄想 2012/11/06
06
寝られねーッ!

明け方、わざわざ早起きしてセインツ(吉田が在籍しているサウサンプトンの愛称)の試合を観た。
が、あまりのへなちょこぶりにあっという間に観る気力を失う。このチームにはオウンゴールとかやらかさないしっかりしたDFが少なくともあとひとりは必要だ……。

そしてお昼頃、学校から電話。リム坊が体育の授業中に突き指をしたとかで、病院に行くから保険証を持ってきてほしい、とのこと。ふつうこういう時は保険証なしでもいいんじゃないかという気がするが、リム坊が行く病院がウチのすぐ近く(ぼくがいつも血液検査をしているところ)だったので、そういうことになったのかもしれない。

そんなこんなで日中に仮眠を取ることもできず、夜。今度は隣の女子大がうるさい。
今週末、学園祭がおこなわれることは知っていたし、当日このへんが混み合うのは毎年のことだから別に気にもならないのだが、なぜきょう、夜の9時を回ったタイミングでマイクテストをしている!? 昼間のうちにやっておけよ、そういうことは!

妄想 2012/11/05
ふぬっふ!?

きょうはリム坊の学校の三者面談。
それはまあいいのだが、その帰り、来客用の玄関から帰ろうとしていたら、見覚えのある人と遭遇。ぼくが去年PTAをやっていた時の会長さんだった。
確か去年の時点で3年生の保護者だったから、今年はもうお子さんは高1のはず、それがなぜ中学校に来ているのか? という疑問をまずぶつけてみると、子供は卒業したけど地域のアレでいろいろ仕事を引き受けている関係上、今もときどき中学校に顔を出すのだそうだ。
それを話半分で聞きながら、ぼくの視線は元会長の右腕に。つか、この人、右腕を肩から吊っているのである。
「……それ、何やらかしたか聞いていいですか?」
「脱臼です」
即答する元会長。
「チャリで飛ばしていた時に派手に転んでやっちまいました」
「はあ……」
思えばこの人は、去年の1年間だけで、ほかの役員たちが「うえあ!?」と思うようなケガを何度かやらかしている。どうやら今も似たような感じらしい。
それにしても、コケて脱臼するほどチャリを飛ばすとは、若いな……ぼくより10歳くらい年上のはずなのに……。

ポケモン暴走日記 2012/11/04
ビィガァ……!

3DS LLリザードンエディションを予約するために、きょうもきょうとて浜松町へ。
リザードンエディションというのは限定生産品で、予約すれば誰でも買えるわけではない。予約を入れた人たちが抽選にかけられて、運がよければ買える、というシステムである。
少し前に、ピカチュウエディションをポケセン限定の予約販売品としてリリースしたが、予約開始当日にすさまじい数のファンが押し寄せて、あっという間に限定数に達してしまったことがあったが、おそらくあの不公平感(
リアルポケセンに行けないファンは買うチャンスすらもらえない)を解消するために、今回はこういう予約方法になったのだろう。

予約後、帰りの電車の中で、そういやNのポケモン全部揃えてなかったっけ、と思い立ち、リゾートデザートをうろうろ。すると、いつもと違う色のメグロコを発見。野生の色違いは、確かイッシュ地方に来てからは3匹目、『BW2』では初めてのような気がする。

妄想 2012/11/03
乾の同僚のデミトフ、何だか名前がおいしそう。

この前食べそこねた「みんみん」の餃子はちゃんと食った。ついでに生のやつを自宅で食べるために買った。
という話はともかく。
お昼すぎ、吉祥寺をうろうろしていると、まつげをいじりに出かけていたネム公から緊急連絡。どうやらきょうの駅前イルミネーション点灯式の関連イベントで、アトレの地下で久住先生のライブをやっているらしい。確かにスピーカーの向こうからは、「いっのっかしっらっ! ふぅ〜♪」あたりの聞き慣れたフレーズが。
それを聞いて慌てて走り出すぼく。さいわい、そう遠くない場所にいたおかげで、「荒野のグルメ」が流れている間に会場へ到着。
まずはぱちり。

店を捜そう

その後、ネム公と合流して、しばらくその場で清聴。
実はこの会場(広場?)のすぐ隣には、「はらドーナツ」の系列のカフェがあって、ごはんを食べたりお茶を飲んだりできるようになっている。このあと、夜から知り合いのかたの結婚式の二次会に行くというネム公と、そこで軽くごはん。
おいしくいただきながら、残りのライブを聞いたのでありました。

妄想 2012/11/01
今のおれは何腹なんだ……?

などと井之頭五郎ばりに呟きつつ、買い物がてら吉祥寺でランチ。ゆうべの『孤独のグルメ』の流れでいくと、ブラジル料理のお店でがっつり肉を食うべきところなのだろうが、あいにくと吉祥寺でぼくが知っているブラジル料理店は、夜からしか営業していないらしい。
なのできょうは餃子にする。なぜ餃子なのかは判らんが、ぼくの腹センサーが餃子だといっていたのである。

ということで餃子。吉祥寺で餃子といえば、個人的には「みんみん」。ここの皮の厚い餃子は焼くのに手間がかかるのだが、もっちりしていて食べ応えがあり、とても好きな味である。

とっこっろっがっ!
年中無休だと思っていた「みんみん」、行ってみると、「しばらくの間、木曜定休にします」みたいなフリーダムな張り紙が!
おいおい、待ってくれよォ、このぼくの、盛り上がった餃子ライス心をどうしたらいいんだよぉゥ!? あァんまりだぁぁァァァ!

……などと絶叫できたらぼくにも違う地平が見えるかもしれなかったが、仮にも英国紳士の精神を持つ自称日本男児のこのぼくである。努めて平静をよそおい、すぐにきびすを返し、正面の店に入った。
「みんみん」の向かいちょっと右には、「まぐろのなかだ屋 離れ」という海鮮丼+立ち飲みのお店があるのである。

ぶり!

ということで、きょうのおれはブリのあぶりとまぐろの赤身丼腹だ……!