Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2012 >>
Category
Archives
Web拍手

↑クリックすると↑
web拍手が送れます
妄想 2012/12/31
みなさんよいお年を。

きのうの昼間のうちに、お正月用の買い物をあらかた終わらせていたが、やはりそばは大晦日に買うしかないので、吉祥寺の「ほさか」へ。ついでにカニとマグロを買って、さっさと帰宅する。もう大晦日の混雑に巻き込まれるのはまっぴらなのである。

もう今夜は『ガキ使』観て、そのままだらだらと新年を迎えたい。大晦日だ新年だとはしゃぐほど若くないんだよ、こっちは。

妄想 2012/12/29
すわ!?

コンビニに行こうと思って外に出たら、何やらコゲ臭い。あたりを見回してみると、サイレンこそ鳴らしていないものの、複数の消防車が停まっている。おまけに軽い人だかり。
遠くから確認してみたところ、近所のアパートの前に停車していた青いマツダ車のルーフ部分が真っ黒になり、リアバンパーのところが溶けたようになっている。
「ほほう、クルマの火災か。あんなのがいきなり燃えるはずないから放火かなあ? だったらイヤだなあ」
などと他人ごとのように考えながら買い物をすませた。

そして夜。
別のコンビニに行こうとして、そのマツダ車の前を通ろうとした時に、真実が明らかになった。
燃えて消防車のお世話になったのはクルマではなく、アパートのほうだったのである。全焼というほどではなかったが、二階の部屋の中は真っ黒で、いわばガワだけが残っている状態。ぼくが想像するに、まずマンションが燃えて、その時に燃え落ちた建材がその真下に停車していたクルマの上にどざどざと降り積もり、ルーフ部分が黒く汚れ(別に燃えたわけではなかったらしい)、ついでにリアバンパーのゴム部分が焼けて溶けたのだろう。あたりにただよう異臭は、このゴムが溶けた臭いに違いない。

それにしてもこのアパート、ウチから100メートルも離れていないのだが、いったいいつ燃えていつ消火したのだろう? まったく気づかなかった……。

妄想 2012/12/27
いろいろと。

きのうは打ち合わせ。まだ詳細は伏せておくが、初めていっしょにお仕事をする編集部の初めていっしょにお仕事をする編集さんと、「ミュンヘン」でハムやソーセージをばくばく。来年アタマにまた打ち合わせがあるのだが、とりあえずひさびさにビールを飲んだ。

その後、日付が変わる頃から『孤独のグルメ』最終回。三鷹駅南口から出て北口から戻ってくるというゴローマジックを見た。

それはそうと、少し前から続いていたIEの不具合だが、システムの復元すらできない(その作業中にフリーズする)ため、IEそのものに見切りをつけることに決定。
じつはこの症状が出始めた頃から、IEではなくChromeにしたらいいんじゃないかという気はしていたのだが、グーグル先生のダウンロードページの、「Chromeを今すぐダウンロードする」というボタン自体が反応しなくなっていたため、断念していたのである。
なので、だったらIEもChromeも使わないでいいや、という消去法的な発想の転換により、IEユーザーからFireFoxユーザーに転身。
するとごくふつうにどのページもふつうに見られるようになって問題解決。

最初からIEなんていらなかったんや!

妄想 2012/12/26
ふう。

リム坊を連れて病院へ。別に具合が悪いというわけではなく、ちょっとした検査である。
ところがその待ち時間に、不意に声をかけられた。
「○○さ〜ん」
一応いっておくと、ぼくは○○という名字ではない。ペンネームは嬉野だが、本名は△野という。ここで呼ばれた○○というのは、リム坊の名字である。
見ると、それは昨年度のPTAでいっしょだったママさんだった。ぼくはリム坊の学校ではリム坊の父親代わりとしてリム坊の名字を名乗っていたので、このママさんも○○さんと呼んだのである。まあ、いきなり待合室で「嬉野先生!」と呼ばれるよりはマシだが、現実問題として嬉野さんと呼ばれることの多いぼくとしては、リム坊の名字で呼ばれるとどきっとする。

妄想 2012/12/25
まだだ! まだ終わらんよ!

PCの不具合は相変わらず。いつもぼくがサッカー関連の情報を集めているサイトも、画面が崩れて見にくいことこの上ないのだが、そんな中、ナガティエーロの同僚のスナイデルが我がスパーズに移籍するのではないかという情報が。
マッチョ監督は戦術上の理由うんぬんといっているが、どう考えても契約関係でもめているために出場させてもらえないスナイデルにとっては、このままミラノにいるよりはロンドンに来たほうがいいとは思う。「お洒落な街以外は移籍禁止!」とかほざいているスナイデルの奥さんにとっては、オランダに戻るのもドイツやスペインに行くのもおそらくNGで、そもそもミラノにとどまる以外の選択肢はパリかロンドン、あるいはロサンゼルスくらいしかあるまい。
まあ、そういう観点でいえば、潤沢な資金を持つパリのPSGあたりにパストーレと交換ぽく移籍するのが一番現実的なのかもしれないが、トッテナムホットスパーファンのぼくとしては、ぜひロンドンに来てもらいたい。正直、ロンドンのトッテナム地区は治安が悪くてお洒落以前に住むのに向かない土地らしいが、ロンドンのお洒落なところに住んで、スナイデルだけがトッテナム地区に通勤すればいいだけなので問題なし。おまけにスパーズは、夏の移籍市場でモドリッチを40億円くらいでマドリーに売却しているので、スナイデルが今もらっているのと同じ年俸くらいなら出せなくもない。
今のスパーズの中盤に、怪我から復帰したパーカーとスナイデルが並んでゲームを組み立てられれば、今シーズンこそガナーズより上の順位(3位だな!)でフィニッシュできそうな気がするのだが。

妄想 2012/12/24
えー?

ゆうべの『THE RIVER』最終回。
行方不明だったコール博士を無事に救出したと思ったら、首吊り野郎ジョナスに撃たれてリンカーンが即死。それをテスとハヘルが怪しげな儀式で復活させたら悪霊(?)に身体を乗っ取られ、博士とテスが必死にそれを助けて――という、観たことのない人にはまったく理解不明なあらすじはともかくとして、あのラストはいったい何なのか。
このドラマ、スピルバーグとオーレン・ペリ(『パラノーマル・アクティビティ』の監督)がタッグを組んで作ったということで、おそらくすごく期待されてスタートしたのだとは思うのだが、本家アメリカでの視聴率が右肩下がりに急降下したせいで、シーズン1のわずか8話で打ち切りが決定してしまった。当然、8話ですべてに決着がつくわけもなく、たぶん足早にそれ相応のオチをつけて終わらせるんだろうな……と思っていたのに、どう考えてもシーズン2に続きますよといわんばかりのあのラスト。具体的には、「さあ、アマゾン川を下ってみんな国に帰ろう!」とウキウキしていたら、地平線の彼方まで続くアマゾンの密林がうごめいて地形が変わり、みんな船ごとアマゾン川に閉じ込められてしまったところでエンドロール。何をいっているか判らないだろうがうんぬんかんぬんな終わり方。
これはアレだ、『THE EVENT』の最終話で、「地球のすぐそばに月によく似た異星人の巨大人工天体が出現して、さあ、これからどうなる!?」というラストと同じ気がする。「どうです、続きが気になるでしょう? ぼくらは続きを作りたいんです、でも視聴率が悪くてダメなんです、すいませんねえ、へっへっへ」みたいな終わらせ方。

ああ、腹が立つ! 打ち切りって判ってるドラマを日本に輸入するな!

妄想 2012/12/23
むう……。

PCの調子がおかしい。より正確にいうならIEの調子がおかしい。
ずっとPCを使って仕事をしているくせにこんなことをいうのもアレだが、ぼくはPCについてはまったくの素人で、何かトラブルがあるとすぐにサポートセンターに泣きつくような人種である。いや、餅は餅屋というか、迂闊にいじってディスククラッシュとか、そういう悲劇はもう懲り懲りなのである(数年前にダイナブックでやらかした経験あり)。
そんな素人のぼくが思うに、今回の不具合は、JavaとFlashがきちんとはたらいていないことに由来している。ネットショッピングだのポケモングローバルリンクだの、果てはYouTubeだの、その手のプラグインがなければきちんと見られないサイトが軒並み全滅している。ついでにいえば、このウレクロのブログページもまともに表示されない(なので、ここの日記はかなりあとから過去にさかのぼって書いている)。
がしかし、Javaはちゃんと有効になっているし、Flashはいったんアンインストールしてから最新版をインストールし直したというのに、まったく症状は改善されない。
百歩ゆずってショッピングやポケモングローバルリンクは我慢するにしても、ブログが更新できないというのはちょっとまずい。
さて、どうしたものか……。

妄想 2012/12/22
あんなところにあんな劇場あったら、青山劇場まで行かないよな……。

きょうは夜から劇団☆新感線の『五右衛門ロック掘戞渋谷ヒカリエのシアターオーブで上演されるのだが、ちょうどいいので、その前のタイミングで『ライダー』の映画を観る。
何というか、『MOVIE大戦CORE』の時から思っていたのだが、ふたつのライダーの話をドッキングさせてひとつにまとめるというこの手法はどうなのか。まあ、冬の映画はこの形でやるのがもはや慣例になっているわけで、それをいまさらどうこういっても仕方ないのだが、せっかくアクマイザーとかポワトリンをゲストに呼んでいるわけだから、もうちょいそちらにフォーカスが当たるようなお話をみっちりやってくれてもいいのではなかろうか。夏の映画は基本その時点での現役ライダーのピン主演だけど、代わりにゲストヒーローもいないし。
まあ、面白かったからいいんだけど。

で、『五右衛門ロック掘戞
これまで東南アジア、ヨーロッパとめぐってきて、ようやく日本が舞台のエピソードになったわけだが、完結編という感じ。これまではっきりと出さずにいた秀吉とか出てきたし、『機戮函忰供戮らそれぞれのゲストも引き続いて登場してるし、シリーズの総決算という印象がある。
まあ、内容には触れずにおくが、客演陣も豪華、そしてみんな歌って踊れて非常にゴージャス。三浦くんはアレだな、ワイルドアッパーとか、今回の心九郎とか、ああいう役しか来ないかもしれぬな。
やはり歌とダンスがある新感線は面白い。

妄想 2012/12/20
ゆうべのゴロさん。

ぼくもタイ料理は好きだが、あんなには食わないほうがいいと思う。翌日お尻がたいへんなことになる。さつまあげとかおいしいけどな。

ということで、歯医者。拍子抜けするほどあっさり抜かれた。以上!
やっぱり最初に10か所くらい麻酔打たれたのが効いてるよねー。ごきりごきり音がしてたのは判ったけど、いつ歯が抜けたかまったく判らなかった。最初こそ注射の痛みを感じたものの、それも2、3発までで、あとはいっさい痛くなかったし。
まあ、この麻酔が切れたらズキズキするのは避けられないので、その前に何か食べようと思い、「カヤシマ」へ。『孤独のグルメ』第1シーズンで登場した、ザ・昭和という感じの喫茶店で、日替わり弁当を食べる。麻酔のせいか、冷たい水を飲むと妙な味を感じたが、弁当そのものはとてもおいしくいただいた。
これで長年の歯痛ともおさらばだ。

妄想 2012/12/19
あしたは歯医者。

まるでその恐怖から逃れんがために、「まめ蔵」でスペシャルカレー大盛り。
腹を満たしたあとは白桃烏龍茶を買って帰宅。最近の日課である1日1ジンオウガにいそしむが、相変わらず天玉が出ない。
夕方になってインテルの試合を観ていたら、中川家の兄貴のほうがちょっと上下に伸びてヘッドギアつけて試合に出てる――と思ったらキブだった。
『MH4』延期のニュースに軽くショック。でもまあ、まだ『3G』で遊んでるしなあ。

……などと現実から目をそむけても、あした奥歯を2本抜かねばならぬことに変わりはない。

妄想 2012/12/18
リザードン、ちきゅうなげだ!

先日、こんなものが届いた。

当選!

これは何かというと、ポケモンセンター限定のNintendo 3DS LL リザードンエディションである。事前に申し込みをして、抽選で当たった人だけが購入できるというシステム。要はこの当選ハガキが届いた人にしか売ってくれない限定品である。
夏頃にふつうに先着順で販売されたピカチュウエディションは文字通りの瞬殺で、悔しい思いをしたわけだが、今回は運よく当選したのでさっそく受け取りにいく。

ギャース!

かっこいい!

妄想 2012/12/16
天皇杯。

ほぼ地元の武蔵野市の誇りを背負って柏に挑んだ横河武蔵野FCだが、1-0で惜敗。ホントに惜しかった。
千葉に流されたロボのことを考えると、柏憎しの思いがますますつのってくる。いや、試合そのものは悪くなかったし、そういう意味では遺恨には思わないが、たとえACLの決勝に残ったりCWCに出場することがあったとしても、もう絶対に柏は応援したくない。
そんな器の小さいぼく。

そして夜はCWC決勝。
ぼくがプジョル大好きだからいうわけではないが、昨シーズンのチャンピオンズリーグ準決勝での対バルサ戦、あるいは決勝の対バイエルン戦と、チェルシーの戦い方は欧州チャンピオンにふさわしくないとずっと思ってきたので、モジャ男(=ダビド・ルイス)には悪いが、コリンチャンスが勝ってよかった。
ふつうのリーグ戦なら、勝つためにルール内でなら何をしてもいいと思う。でも、CLは欧州各国のチャンピオンクラスのクラブが集まって戦う大会である。小国の弱小クラブが何かの間違いで決勝に勝ち進んでしまったとかならまだしも、チェルシーという名門+莫大なオイルマネーを投入して補強しまくっているはずの強豪クラブが、あんなドン引きフットボールしかできない時点で、チェルシーにはそもそも欧州王者たる資格なんかなかったんではなかろうか。

まあ、あくまで器の小さなぼくの個人的な感想。何となくコリンチャンスのほうがやる気見えてたしね。
チェルシーのみんなはボウリングしにきたんじゃないの?

妄想 2012/12/14
ホントにテレ朝のドラマは決めゼリフありきだよな。

実は地味に通して全部観ていた『Doctor-X』。わりとどうでもいいポジションの斬鬼さん目当てで観ていたが、存外に面白くて毎週楽しみにしていた。
『捜査地図の女』も悪くはなかったんだが、ちょっとパンチが足りなかったというか……というか、先週のあの最終回はないだろ。2時間の枠を確保しているのに中身は1時間ドラマの2本立てって、確かに昔『おみやさん』だか何だかでも同じことやっていたが……。
あいにくと「地図は生きている!」は定着しないな。個人的には『京都迷宮案内』か『その男、副所長』を復活させてほしいところ。

閑話休題、『Doctor-X』。
脇を固める俳優陣が、世間的な流れをほとんど無視しているところはテレ朝っぽくて好印象。「この人が流行ってるから」とかいう理由でキャスティングされると個人的に萎えてしまうのだが、同じオスカーでも米倉涼子は気にならないからよし。
……まあ、この人はこの人で、だいたいどんな役をやっても同じに見えるわけだが。

妄想 2012/12/13
ゆうべのゴロさん。

実際、ゴロさんのペースで食べてたら、おかず1品で白メシ2、3杯はいけちゃうのではなかろうか。
それはそれとして、第1シーズンのBD-BOXが出るというのは嬉しいニュース。買うか!

そういえばきょうは、WiiU版『三國志12』の発売日だったような気がする。
PC版が出た時は、仕事が忙しかったのであえて手を出さなかったような気がするが、そういう意味では今も忙しいので、とりあえずはスルー。
しかし、そうなるとホントにWiiUでやるゲームが『MH3G』しかなくなる……。
個人的には『Zombie U』も気になってはいるのだが、絶対にウチの女性陣から総攻撃を食らいそうなソフトだからな。あれを大画面でやっていたら文句も出るだろう。

で、CWC。
たとえ「史上初の前年度CLチャンピオンがグループステージ敗退! さすが師匠!」とかいわれても、そこはチェルシー。腐ってもチェルシー。
CWCって、どうやってもまだ高確率で欧州vs南米の戦いになるよね。

妄想 2012/12/12
月イチの血液検査。

早いうちに検査結果を聞いて薬をもらっておかないと、何かとよくものを食べる年末年始に発作が起きた場合にヒドいことになってしまう。クリスマスとか思い切りチキン食べたいしな。
……というようなことを考えていてふと思ったが、昨年末はノロにかかってクリスマスどころではなかったのだった。

それはそれとして、G級ウラガンキンの天殻が出て、ようやくガンキンXシリーズ完成。溜め攻撃が早く出せていい感じ。
あ、『MH3G』のお話。

妄想 2012/12/11
う?

先日の『モンハン』忘年会だが、うっかりすると来月にまた『モンハン』新年会があるかもしれないので、WiiU版『MH3G』を買ってみた。これを機に、少し別の武器もいじってみようと思ったのである。
がしかし、なぜにWiiUは、何かしようとするたびに更新更新いうのか。

それはそうと、編集部から連絡があって、『くろの』の第1巻にまた増刷がかかった。今回で6刷。ありがたいことである。
すでに5巻の原稿は上がっているので、やや早いが、6巻の原稿にも手をつけておくか。

妄想 2012/12/10
うままままま。

ということで、ゆうべは現津さんが企画してくださった忘年会。
あいにく、用事があって最初から参加するというわけにはいかなかったが、夕方から会場のカラオケボックスにお邪魔し、誰が誰やらわからないままに(20人近くいた)、狩りに混ぜていただく。どうやらみなさん、お昼からずっとパーティールームに籠もってクエストを繰り返していたそう。当然のように、限定解除していない(HRが8を超えていない)のはぼくくらいのものだった。
そんなわけで、ぼくはみなさんに引っ張ってもらってランク上げということになったわけだが、その際ごいっしょしたかたが、どこかで聞いたことのある声をしていらっしゃる。プレイしながら話を聞くと、声優さんだという。実際、この日集まったメンバーの半分くらいは声優さんだった。あとはマネージャーさんとかイラストレーターさんとか漫画家さんとか、あとはラノベ作家とか。
で、イビル・ジョーにガツガツやられながらぼんやり考えていて、はたと気づいた。
「こ、この人……! クリだ! クリの声の人だ!」
といっても、別にクリというキャラがいるわけではなく、ぼくがよく観る『LAW&ORDER』という海外ドラマに、ケビン・バーナードという巨漢刑事がいるのだが、これをウチのネム公やリム坊は、なぜか「クリ!」と呼んでいるのである。たぶん、いがぐりっぽい頭をした丸々した黒人だからだろう。リンクをきむらくんといい張る、我が家でしか通用しない呼称である。

そんなこんなで、バーナード刑事のおかげでぼくもようやく限定解除。その後、メンツをシャッフルして別のクエストに挑んだが、ジョジョブラキに何度もブッ殺され続けたのが一番の思い出。

その後、場所をちゃんこ屋に移してみんなで鍋。ひむひむも合流し、「いいぞ、いいじゃないか、ちゃんこ……!」とゴロさん的なことを考えながらはふはふ。バーナード刑事がいる卓だけ鍋の減りが異様に早いのには笑った。

妄想 2012/12/08
……え?

かなり遅くに予約を入れたので、発売日には入手できないだろうと思っていた(そしてそれでもかまわないと思っていた)WiiUが、なぜか買えることになってしまった。何なのだろう、みんな買い控えているのか?
しかしまあ、全額前金で支払っている立場のぼくとしては(ヨドバシはそういう予約システム)、入荷したのなら取りにいく以外にない。
ということで、夜、ヨドバシまでWiiUを取りにいく。

……重い。
帰宅後さっそく開封してみると、箱の内部は大雑把に二分されていて、片方には本体、もう片方にはあちこちで物議を醸しているWiiU Game Padが格納されていた。
このパッドさま、実際に手にしてみると、想像していたよりずっと軽い。重いのはやはり本体。まあ、本体は持って取り回したりしないから別に重くてもいいんだが、ちょっと丸みを帯びたフォルムに、「すごく小さくした360みたいだなー」と思ったのは極秘。
とりあえず、さくさくセッティングして、長いと噂の更新もしたわけだが、ここでひとつ大問題。

遊ぶソフトがない……。

妄想 2012/12/07
おや……?

いきなりだが、週末に忘年会がある。今年の頭にあったのと同じく、イラストレーターの現津みかみさんにお誘いいただき、まずはカラオケボックスで狩り(『MH3G』でな!)に興じたあと、みんなでちゃんこを食べようという企画。先日、『孤独のグルメ』のちゃんこ回を観て以来、ずっとちゃんこを食べたかったぼくとしては渡りに船である。
それに備えて、久しぶりに『MH3G』を起動。軽くいじって感覚を取り戻そうと思ったのだが、あまりに久しぶりすぎて、取り戻すはずの感覚がまるでないことに気づく(何しろ直近でいじったモンハンは360の『F』だったしな)。
操作感覚はもちろん、モガ村のどこで何をするのか、装備は何を作っていた途中だったのか、そもそもどこでセーブするのか、根本的なことまで忘れていた。
まあ、操作感覚は少し遊んでいたら指先のほうが勝手に思い出してくれたのでどうにかなったが、それ以外のことはさっぱり。

地道に思い出すしかないな。

妄想 2012/12/06
ゆうべの水曜コンボ。

『相棒』。
何だかいまさらヨンさまみたいな風貌のこの天才棋士、どっかでみたことあるなー、と思ってたら、『仮面ライダー剣』の牛乳男だった。
今ひとつカイトくんの存在感が薄い回だった気がする。

で、『孤独のグルメ』。
これも一応原作準拠回というべきか、明らかに原作にあるコンビニめしの回を下敷きにしたエピソード。
ただ、さすがにそのへんのコンビニからどこのメーカーのものかはっきり判ってしまうコンビーフだの魚肉ソーセージだのを買ってきて、事務所の机の上で「何だかすごいことになっちゃったぞ」とやるわけにはいかなかったのだろう。冷たいコンビーフやソーセージにそのままかじりつくというのは、それなりにおいしそうではあるし、ラストの「おれ、何やってんだろ……」という、ふっと兆してきた哀切なフレーズにはよく合うわけだが、ドラマとして見せる上では、やや「美味そう感」に欠けるのも事実である。
ということだったのか、原作ではすべてコンビニでチープなおかずをたくさん調達するという部分を、ドラマでは、砂町商店街でできたてのお惣菜を大量に買い込む、というふうにアレンジしている。

うん、正解(松重ゴロさん風に)。

やはりこっちのほうが見た目的に圧倒的においしそう。
ただ、この分量に対して食べすぎた、とかいうのは謙遜だろう。どう考えても、この前のひとりちゃんことか四川風家庭料理の回のほうがトータルでたくさん食べてる。

あと、せっかく吉田類がゲストで顔を出したんだから、最後は「ふらっとKUSUMIの酒場放浪記」にしてほしかった……。

妄想 2012/12/04
ふぅ。

幼女にあらず

すでにこの4巻のあとがきでも告知しているのだが、次回の『くろの』第5巻は短編集を予定している。これまで公式サイトのほうで掲載してきた2本に+αして1冊にまとめるという、以前の『小詩篇』パターン。
で、このところ、その+αの部分の作業をしてきたわけだが、ゆうべからけさにかけて久しぶりに徹夜作業などをして、ひとまず終わらせた。あとはサイトに掲載していた2本の加筆&修正作業をすませれば、これに関する仕事はほぼ終了(あとがきや著者校はあるが)。
今のところ2月くらいに刊行する予定なのだが、発売まであと3か月近く残して作業が片づいているというのは気分的にすがすがしい。

……といいつつ、これがすんだらもう第6巻のプロットを詰める厄介な仕事が待っている。いろいろと案はあるので、あとはどうまとめるかというレベルの話なのだが、さて――。

妄想 2012/12/03
歯医者。

ゆうべ深夜にネットで予約を入れた歯科が、さっそくきょうのお昼に診てくれるというので行ってみた。
レントゲンを撮ったり何だりした結果、ずきずき痛む問題の歯は、もはや砕けたり削れたりして、歯茎からほとんど顔を出していないらしい。そこで、その歯とその奥の歯(=親知らず)を抜くことになった。
担当してくれた先生には、麻酔が効きにくい体質だということを伝えたのだが、ちゃんと理解してもらえているかどうか……。

ただ、すでに入っているほかの患者さんの予約やぼくの空いている時間などの関係で、実際の施術は今月下旬ということになった。
たぶん、それまでにはまたこの痛みもなくなってしまって、「抜かなくてもいいかぁ」みたいなテンションになっているような気もするが、その考えで15年以上も虫歯を放置してきてしまったぼくとしては、やはり覚悟を決めねばなるまい。
まあ、今年はもう年初からアテローマの手術でかなり痛い目に遭ったので、いまさらという気もするが。

妄想 2012/12/02
うぐぐぐ……。

また歯が痛くなってきた。
年に数回、右奥上の歯が痛む。触った感じ、かなりひどい虫歯になっているのだが、数日我慢すると痛みが引くので、ついつい医者にかかることなく数年がすぎてしまった。
確かぼくが最後に歯医者のお世話になったのは、デビュー間もなくの1994年頃だったような気がする。あの時はいくら麻酔を打ってもろくに効かず、最終的には痛みをこらえて強引に引っこ抜いた。そのくせ、帰宅してからじんじんと顔の下半分がしびれ始めたという……。
しかし、さすがに「麻酔効かなくて痛いから抜かない!」ともいっていられないので、今回は医者に行くことにする。

さっそく今夜、ネットで予約を入れてしまおう。

妄想 2012/12/01
ややイメチェン。

10月のパーティーで配りまくった結果、名刺の在庫がほぼ尽きかけていたため、少し前にあらたに発注したのだが、それが完成してウチに届いた。

みどり

これまで臙脂、群青と2種類作ってきたが、今回は3種類目、深緑。
作ってくださったのは、ウチのサイトデザインでもお世話になっているムシカゴグラフィクスさんである。