Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2013 >>
Category
Archives
Web拍手

↑クリックすると↑
web拍手が送れます
妄想 2013/10/31
また『ポケモン』の話。

きょうは『ぶつ森』のハロウィンイベントの日だが、ぶっちゃけ、ホラーシリーズとかぼちゃのかぶりものを手に入れるのには1時間もかかるまい。
なので、途中まで進んでいたパルシェン(シェルダー)の孵化作業と個体値判定を再開。
実をいえば、すでにきのうの段階で、5Vのシェルダーは何匹か誕生していた。ただ、それが*-V-V-V-V-VとV-V-V-V-V-*だったため、そのまま使えなかったのである。ぼくが欲しいシェルダーは、あくまでV-V-V-*-V-Vなのである。
とはいえ、今回から個体値が5つ遺伝させられるとか、♀からでもわざが遺伝させられるとか、かなり厳選のハードルが下がったおかげで、その後ほどなくして、意外にあっさりとぼくが求めるシェルダーが孵化してくれた。
同じクチートから派生して育成しているバクオング(V-*-V-V-V-U)がレベル100になったら、シェルダーに努力値を振っていこう。

……でも、こんなに簡単に4Vとか5Vとかできちゃって、本当にいいんだろうか?

妄想 2013/10/30
『ポケモン』の話。

とりあえず、クチートの育成は終わった。とりあえず作ってみただけの4Vなので、すばやさが甘いというか、テキトーなところで妥協してしまったわけだが、このクチートは妖精+陸上というタマゴグループ。
なので、

クチート(妖精+陸上)
   ↓
ハブネーク(陸上+ドラゴン)
   ↓
ミニリュウ(ドラゴン+水中1)
   ↓
サニーゴ(水中1+水中3)


というルートを経由しつつ、シェルダー(水中3)の育成に取りかかった。もちろん目標とするのはいじっぱりスキルリンク持ちのパルシェン。途中でサニーゴを経由しているので、メインウェポンであるつららばりに加え、サブウェポンとしてロックブラストを遺伝させられるのがいい。
実際のところ、第5世代で脚光を浴びたこのタイプは、実は『B2』で一度チャレンジしたことがあるのだが、その時は何日粘ってもいい個体が孵化せず、最終的に、28-U-V-27-20-24などというハンパなものを1体育てて放り出してしまった。
が、今回は最初のクチートの時点で4V(V-V-V-22-V-24)なので、そこそこいい個体が生まれてくれるのではないかと期待している。

妄想 2013/10/29
何ィ!?

夜、リム坊の部屋から複数の女の子たちの声が聞こえてきた。
「まさかこんな時間にこっそり友達を連れ込んだのか!?」
と思い、保護者としての義務感から、少女の部屋のドアにそっと耳を押し当てて中の様子を探るぼく。決してやましいことなどしていない。これは良識ある大人として必要な行為なのだ!

……結果、単にリム坊が『艦これ』やってただけだった。
もう少し音を絞れよ……。

妄想 2013/10/28
ヤッフー!

あまり趣味がいいとはいえない金ピカの3DS LLにインストールずみの『ポケモンY』のほうでも殿堂入り。まあ、こちらはポケモン倉庫代わりにするつもりなので、イベルタルのデータさえいただけばとりあえずはそれでよし。

でまあ、未明にスパーズvsタイガース。タイガースといってもデトロイトや阪神ではなく、ハルシティというクラブチームのことである。もともとクラブのイメージカラーが黄色と黒で、それに合わせて愛称がタイガースというらしい。エスクードも虎。ドラゴン、鳥、ライオンなんかは珍しくないが、虎というのはそうないんじゃあるまいか。
でもまあ、昨シーズンまで2部にいたクラブに後れを取るわけにもいかないので、さくさくっとスパーズが順当に勝利。唯一の不安材料は、終盤でカメラ席に頭から突っ込んでいったタウンゼンの容体だけだが、ま、きっと大丈夫だろう。
その後、アトレティコの試合を観ていたら、ビジャがついに爆発!
何となく嬉しい。

妄想 2013/10/27
未明にクラシコ。

メッシ、ネイマール、クリロナにベイルと、ここ数年では一番豪華な顔ぶれのクラシコ。
ただ、両チームとも監督が変わったせいなのか――というより、たぶんモウさまがいなくなったからだとは思うが、わけもなくトゲトゲした空気はなくなった。現地の人々がどう思っているのかは知らないが、遠く日本からテレビ観戦している人間からすると、今年のほうがいいと思う。モウリーニョ時代は雰囲気のせいで試合が荒れがちで、いつ選手がぶっ壊れるか判らない怖さがあったしな。

試合そのものはバルサの勝利。レアルからすると、ここで勝ち点を落としたのは痛かったと思う。なかなかアトレティコが負けないしな。
個人的には、今回も最高のおにぎりが見られなかったのが残念。

妄想 2013/10/24
結局それか!

きょうは夕方からエンターブレイン本社――ではなく、KADOKAWAエンターブレインブランドカンパニーへ。……いろいろめんどくせえな。
それはともかく、エンブレ。思い起こせばエンブレに来るのはうっかりすると4年ぶりくらいか。まあ、4年前のは確かウィンパで開催された『KOF』のゲーム大会を観戦しにいった時なので、厳密にいうと仕事とは関係ない。
というより、そもそもぼくは今の三番町の社屋には数えるほどしか行ったことがないことに気づいた。その前の三茶時代には週一くらいの頻度で行っていたのにな。
でまあ、仕事で最後にエンブレに行ったのは、確か2006年度のえんため大賞の選考会だったと思うが、その時も1階ロビー横の会議室までしか行っていない。ファミ通文庫編集部に行ったのなんて、それこそ過去に1度しかなかった。今の担当ミスターNの前任者であるミスターGと打ち合わせをした時で、あれは確か今の場所に社屋が移転した直後だったはずだから、おそらく2005年だったと思う。それが最初で最後。それ以降、打ち合わせはいつも担当さんが吉祥寺とかまで来てくれている。ありがたいことである。

そんなこんなで数年ぶりにエンブレに来たわけだが、別に編集部にあいさつに行くでもなく、ミスターNとともに会議室に籠もり、サイン本にサインを書く作業に入る。何だかよく判らんが、世間話しながらだとまったく緊張することなくさくさく完了。
「じゃあ本題に入りますか」
「そうですね」
と、顔を見合わせるぼくたち。そしておもむろに3DSを取り出し、狩りがスタート!
おかげでちょっとHRが上がったぜ!

妄想 2013/10/23
ふふ。

早朝、CLのドルvsガナの試合を観る。リーグ戦だとなぜかうまくはまってなかなか負けないガナーズがドルに撃破されて、ちょっと溜飲が下がった。
まあ、ホントはスパーズがガナを撃破しないといけないんだが。

そういやあしたは数年ぶりにファミ通文庫の編集部に行くのだった。『くろの』の今後についての打ち合わせと、よく判らないのだが、何だかのアレでまたサイン本を書くことになるらしい。
というか、よくよく考えてみると、いつもサイン本うんぬんになると、ウチに10冊なら10冊、どさっと宅配便で送りつけられてきて、それにサインしてまた宅配便で送り返すということをしているのだが、ぼくのように東西線一本で編集部に行ける作家の場合、さっといってさらさらっと書いてさっと帰るほうが面倒がなくていいのではないか。
というか、ぼくはサインというものにとことん慣れていないので(多汗症ですごく手汗をかいてしまうため)、いつも何冊かサインに失敗するのを見越して書いているわけだが、自宅にだってそうそう自著のストックがあるわけでなし、とすればやはりこっちから編集部に乗り込んでいって、もし書き損じたら「すいません、1冊追加で」とか気軽にいえるほうが緊張せずに書けるから気分が楽かもしれない。
ついでにハンコ持ってって、契約書も一気に書いちゃうとかな。

妄想 2013/10/21
クチート育成。

とりあえず4Vのクチートが生まれたので、これをベースに育成する。世の中では同じく「ちからも」というとくせいを手に入れたおかげでマリルリが注目を浴びているわけだが、同じく「ちからもち」となるメガクチートは、確かにかなり汚いというか、ズルいと思うわけだが、可愛いので許す。
ちなみにここまで全部『ポケモン』の話。

某社新作の話。
つらつらと全体の5分の1以上書いてみて、どうにも話が転がり始めるのが遅いような気がしている。
ううむ。

妄想 2013/10/20
初色違いがゴローン……黄土色なんですけど、これ。

ゆうべのマンUの試合。相手は吉田を擁するサウサンプトン。まあ、香川も吉田も出番はなかったわけだが、一方のマンUは土壇場で追いつかれて痛恨のドロー、一方のサウサンプトンは勝ちにひとしいドロー、といえなくもない。現段階での順位を見ると、サウサンプトンのほうがずっと上にいるわけだから、いまさらそう驚くようなことでもないのかもしれないが。
ただ、これで香川には少し出場の目が出てきたかもと思える半面、吉田はますます先発から遠ざかった印象。何より、今のサウサンプトンはリーグで1、2を争うくらいにディフェンス陣のできがいい。それこそカップ戦でもないかぎり、ここまでうまくハマっているディフェンスラインをいじることはありえまい。すなわち、吉田には当面出番はないということである。
どうしてこうなったのか……やはり昨シーズンはたらきすぎて、コンフェデでボコボコにやられて、合流が遅れてチームにフィットする時間がなかったのがアレだったのか。

そして我がスパーズ、きっちり勝ってくれて上位をキープ。ベイルが抜けたのはキツいにはキツいが、昨シーズンとは違ってうまくパスを回して点を取れるチームになりつつあるような気もする。

そういやベイルで思い出したけど、来週はクラシコだったな。

妄想 2013/10/18
きょうはえんための授賞式。

去年だけなぜかぴょるっと別のホテルでの開催になっていて、いろいろな意味ですごく遠いと感じていたわけだが、今年になったらいつものドームホテルに戻っていたのでひと安心。
そして、パーティーそっちのけでひむひむあたりとしゃべり倒していたのもいつも通り。特に今年は『ポケモン』発売直後で、ひむひむも『FR』以来ひさびさに買った! と会場に3DSを持ち込み、主人公が自分の理想通りの外見にならないと嘆いていた。色黒金髪ツインテールに変更された女主人公は、これはこれで可愛いのだが、どうも彼の理想ではないらしい。メイちゃん(『BW2』の女主人公)の髪型がない! といっていたが、そんなこと知らんがな。あと、誰がどう見ても、今のきみの主人公は金髪ビッチだ。田口先生もそういってたろ。

でもってそのまま二次会に突入。
思えば昨年の二次会のビンゴ大会では、REGZAを購入してまだ2か月というぼくが、よりによって一番高価な賞品であるAQUOSを当ててしまい、思案の末に田舎の両親にプレゼントするというようなことがあったわけだが、その反動ということもなかろうが、今年は特に何も当たらなかった。
まあ、二次会はファミ通文庫の作家さんやイラストレーターさんだけを集めてだらだら好きにおしゃべりする場なので、そこが楽しければそれでよいのである。
今年は『くろの』のイラストをやってもらっているミユ☆キルリア嬢が、実はコスプレ経験もある『KOF』のファンだと発覚し、「何だよー、だったらルキウスの髪型とか、テリーっぽくお願いします、で通じたんじゃねえかよー、そういう共通言語があるなら最初からいってくださいよー」と、内心嬉しいのを押し隠して軽く愚痴ってみたりもした。
あと、今年もまた野村先生(いわなくても判ると思うが『文学少女』の人)に、膀胱がゆるい少女への思い入れを熱く語っていただいた。野村先生はすごく熱心に『くろの』を読んでくださる上に、ベッチーナの大ファンなのである。
だからというわけではないが、ガチャピンクはあまり不幸な終わり方にはさせたくないな。

妄想 2013/10/17
きのうの『相棒』。

個人的には、ここ何シーズンかでは一番いい初回スペシャルだったような気がする。ただそれは、ストーリーがどうのというより、三浦さんの一件のせいかもしれない。
三浦さんが今シーズンで退職ということになると、トリオ・ザ・捜一はどうなるのか。陣川くんを足して新トリオというのは……たぶんないな。あれで陣川くん、確か伊丹より階級上だし、トリオを組んでもうまくいかないだろう。となると、どこからかまったく無名の新人を引っ張ってくるのか。こういう時ばかりは、『科捜研の女』や『京都地検の女』の、ドライなまでにあっさり新刑事をねじ込んでくるやり方がうらやましい。

で、きょうのアニポケ。今回からついに『XY』編。
初回から「ポケモンのためなら命もいらぬ!」とハナコさんが激怒しそうなサトシっぷりが爆発していてグッドなのだが、ぼく的には、セレナママの美人ぶりにばかり目がいってしまった。ハナコさん(サトシママ)をはじめ、ハルカママ、ヒカリママと美人ママが何人も登場してきたが、セレナが文句なしに一番だな。

妄想 2013/10/15
日本代表戦。

何というか、先月の2試合で下がったはずの溜飲が、またもやぐぐぐと上がってくるような展開。おそらく今回のアウェイ2連戦を両方スタジアムまで観戦にいった日本人サポも少なからずいたと思うが、そこでこんな何の収穫もない負け試合をふたつ続けて見せられて、果たしてどう感じただろうか。
一時期のような大量失点こそしなかったが、あれはそもそも強豪が相手だからボコボコやられていただけで、裏を返せば、W杯に出場できなかったこのへんの国が相手なら、そもそも失点せずに終わらせなければならないのではないか。
本番のGSでは、日本がどのブロックに入ろうと、おそらくアフリカから1国、残りの2国は欧州×2、もしくは欧州+南米(もしくは北中米)とかいう組み合わせになるのが目に見えている。この状態で、どうにか勝てそうなのがアフリカ勢だけというのでは、どう考えても予選突破はできそうにない。

ザックジャパン発足直後はすごく勝率がよかったのに、どうしてこうなった……?

妄想 2013/10/14
ふう。

『ポケモンXY』、最初の殿堂入り。プレイ時間としては40時間ちょいなので、『Pt』や『BW』より手間取った(確かあのへんは25時間くらいで殿堂入りできた)。
今回は、しばらくは過去作からポケモンを輸入できないというしばりがあるのでそのせいもあるのかもしれないし、純粋にシナリオ的に長くなっているのかもしれない。ただいずれにしても、いつも『ポケモン』をやっている人間からすると、25時間だろうと40時間だろうと、まだまだ始まったばかりだなとしか思えないのである。

それはともかくとして、当面の問題は、三鳥やら三犬やらいわれているあのへんの徘徊系伝ポケをどうやって入手するか、ということである。
さっそくファイヤーさんには遭遇できたのだが、どうもファイヤーさん以外は手に入らないっぽい。となると、ぼくの場合はゼルネアスにジガルデ、ミュウツー、ファイアーさんしかゲットできないということか。12月のポケバンクのサービス開始まで待つしかないのか。

妄想 2013/10/12
へんたいのおおいせかい。

『ポケモンXY』発売日。実際には日付変更の直前からダウンロードができるようになっていたので、深夜の2時すぎにはすでに冒険に出ていたぼく。
以前はこんなことをいっていたぼくだが、少し前にフラゲ画像で御三家の最終進化形を見てしまった結果、旅の相棒はフォッコではなくケロマツに決定。まあ、物語の序盤でカントー御三家からも1匹もらえるという情報があったので、メガシンカを見越してこちらはヒトカゲをチョイスするつもりだったし、そうなればほのおタイプがかぶるフォッコはどのみち選択肢からはずれる運命にあったのである。

というわけで、いざ、カロス地方へ!

妄想 2013/10/11
  • 2013.10.11 Friday
  • -
  • 16:02
  • -
  • -
  •  
むう……。

一時の激痛は収まったものの、下腹部を中心に、まだ鈍痛と違和感が残っている。
調べてみたところ、結石になりやすいのはビールが好きな人(これまたプリン体がよくないらしい)なのだそうだが、そのほかにも紅茶もよくないらしい。
……じゃあイギリス人はみんな結石持ちかよ!? 紅茶好きのぼくにもう紅茶を飲むなというのか!?

ハァハァハァ、ああぁ……。
あしたはいよいよ『XY』の発売日なのに憂鬱だぜ……。

妄想 2013/10/09
きのうの顛末。

結局、昨年リム坊が入院してお世話になった病院にかつぎ込まれ、激痛に耐えつつCT撮ったり尿検査したりした結果、まごうことなき尿管結石だった。
さすがに病院で処方される鎮痛剤は効き目が強く、ほどなくして痛みはやわらいだが、だからといって治ったわけではなく、どうも石が排出されやすくなる薬を飲み続けて、自然に出るまで待てということらしい。手術で取り出さなければならないほどでかい石ではなかったのが、不幸中のさいわいというべきか。
ともあれ、痛みが麻痺している間にさくっと家に帰り、コンビニのカレーを食べて薬を飲み、「あー、何か楽になったなあ」などと呑気にブログを書いたり『MH4』で遊んだりしていたら、ふたたび腹が痛くなってきた。

……というのがきのうの8時くらいまでのお話。
要するに、戦いはまだ始まったばかりなのである。

妄想 2013/10/08
うぐお……!

ネム公を会社に送り出したあと、「おお、そういえばカブを売却せねば」と、午後の値上がりのタイミングを見計らってきのきの村のカブを売り払ったあと、某社新作の執筆にかかろうとしたタイミングで、妙な痛みを感じた。
左の脇腹、わりと下のほうに、これまで体験したことのない種類の痛みが生じた。しかも、どんどんそれが強くなってくる。
「ぬ……!」
よく判らないが、とりあえず横になり、痛みが引くのを待ってみたが、まったく好転しない。というより、どんどん痛みが激しくなり、脂汗がだらだら出てきて止まらない。
これは明らかにおかしい。
すぐさま近くの病院に駆け込もうと思ったのだが、あいにくと時刻は午後1時すぎ。もはやそのへんの病院は午前の診察を終え、電話をかけても自動でメッセージが流れるのみ……!
いっそ直接病院まで行って、ドアをどんどん叩きながら、
「先生、診てやってください! ウチの子ではありませんが、ぼくが! ぼくが苦しんでるんです!」
とかやろうと思ったのだが、その前に路上に倒れて大騒ぎするはめになりそうだったので、迷わず119番。
救命士の人にあれこれ今の症状を電話で伝えたところ、救急車が到着した時には、
結石かもしれませんねえ」
などといい出しやがった。

ギャワーッ! その可能性だけは考えなくて、あえて口に出さずにいたぼくの努力を無駄にしたな!

……ハァハァハァ、ああぁ。

そろそろロキソニンが切れそうだ。

妄想 2013/10/07
青天の霹靂。

きのう栃木SCがガンバに勝った。なぜだ? としかいいようがないが、とにかく嬉しい。はらドーナツを買ってきてお祝いしよう。

それとはまったく関係なしに、WiiU用に買っておいたHDDを、間にYケーブルを噛ませて使用してみる。この某社のHDD、任天堂が推奨していないセルフパワーでそれなりにWiiU用で動いていたのだが、『風タク』をプレイしていると、画面切り替えなどのタイミングでロードに失敗するらしく、エラーを連発していたのだ。原因となると、やはりセルフパワーによる電力不足としか考えられないので、YケーブルでもうひとつのUSBポートから電力をいただいてみると、今度はエラーが生じることもなくプレイできた。
まあ、どちらにしても任天堂が推奨している組み合わせではないので、これでHDDがクラッシュしても自己責任。『風タク』は始めたばかりだからいいとして、もし『LEGO』のセーブデータが吹っ飛んだら泣くぞ。

何だかゲームの話題ばかりのようだが、『くろの』の原稿は完成したし、サイン本も書いた。

妄想 2013/10/05
ウェーイ!

シャガルマガラ討伐。
……あれ? 思っていたほどキツくない……?
とはいえ、シャガルマガラを何周もしてシャガル装備を揃えようという気力はない。
ぼくにはレウス装備とかのほうが合ってるんですよ。いいんですいいんです、今度編集部の人に引っ張ってもらって、集会所のほうでハンターランク上げたらいろんな村クエにも挑戦しますよ、ええ。
つか、ジンオウガの逆鱗出ないな……。

それはそれとして、編集部で思い出したが、そろそろサイン本を書いて送りつけないといけない。
が、その前に『くろの』8巻上げないと。
こっちも大きな転換期だな。

妄想 2013/10/04
三茶。

いつものお店に髪を切りにいく。思えば、ここの美容師さんのK田さんとは、かれこれ10年以上のつき合いになる。もともとネム公&リム坊がお世話になっていた人で、ぼくはネム公経由でK田さんのお店に行くようになったのである。
今ではネム公もリム坊も忙しくてK田さんのお店に行けない状態が続いているが、自由業のぼくだけはふらふらと定期的に出かけている。これはたぶん、ぼくが三茶という街が好きだからというのも理由のひとつなのだろう。

それはさておき、K田さんがぼくにいった。
「そういえばわたしも村長デビューしたんですよう」
前回髪を切っていた時に、K田さんが、「甥っ子が3DSを手に入れたので、わたしも通信プレイをしたい」といっていたのだが、そのあと、本当に3DSと『ぶつ森』を買って、甥御さんと毎日のように遊んでいるらしい。
なので、ここぞとばかりにぼくがあれこれとレクチャー。
「そういえば、今、パンプキンパイっていうのを配信してますよね?」
「ああ、そうですね」
「あれってどうやったら手に入るんですかぁ?」
「あー、あれは3DSステーションとかニンテンドーゾーンとか、すれちがい通信中継所で配信してるんで……そうですね、このへんで一番近いところだと、たぶん駅前のマクドナルドでもらえるんじゃないんですか?」
「マクドナルドに行けば手に入るんですね?」
「マクドナルドの店内で受信できるんで、あそこで『ぶつ森』始めて、郵便局のぺりこに話しかけてもらえれば――」
「ええ!? マックの店内で3DS開いてゲームやるんですか? ハードル高い……

これがふつうの大人の反応か! ぼくからしたらマックで3DSなんて、ハードルでも何でもないのに!

妄想 2013/10/03
しびれびれ……。

きのうは『The Orogin』できょうはふだんのアニポケのちょっと外伝。
おそらくデントの登場は、OPやEDを除けばこれが最後になるだろう。オーキド研究所という、何度となく登場する重要な場所ではたらいているにもかかわらず、ここ何年もケンジの出番がないということを考えると、ケンジと同じく「サトシのかつての同行者」ポジションにあるデントにも、そうそうチャンスはあたえられまい。何よりデントはサンヨウジムに戻るわけだから、再登場の可能性はかぎりなく低い。
そういうことを考えながら観ていると、このくどいソムリエっぷりも何となくいとおしい。

そういえば、今回は本編内でグレッグルとマッギョが同時に登場するという、ネム公には天国のような回だった。

妄想 2013/10/02
うぐぐぐ……。

台風のせいか、腰が痛い。
それはそうと、今夜は『ポケットモンスター The Origin』の放送日。判る人にはいまさら不要な説明だろうが、これはいつもの『ポケモン』のアニメとは別に、初代『赤青』に熱狂していたオッサンたちをメインターゲットにした、お子さまお断りのスペシャルアニメなのである。よくよく考えてみると、レギュラー放送しているテレビアニメのスペシャルでない、それ1本で独立している特番のアニメ放送って最近あんまりないよな。

で、肝心の中身はやはりジジイ大歓喜。昔のゲームそのままの展開、そのままのセリフ。これで熱くならない人間は、そもそも『ポケモン』をやらなくてよろしい。
……まあ、カスミ、エリカ、ナツメにカンナといった女ジムリ&四天王をすべてすっ飛ばした、あの大胆な演出には賛否両論あると思うが(キクコは正直どうでもいい)、メインで見せるべきはレッドとグリーン、あるいはサカキとの戦いなので、それも些細な問題であろう。ラストのメガシンカも盛り上がったしな。
特に、10年以上にわたって議論を呼んでいた、フジ老人=フジ博士説が公式で認められたのは非常に大きい。

ちなみに我が家では、リム坊もネム公も『XY』をプレイすることが決まっている。
4本予約しておいてよかった……。

妄想 2013/10/01
『ぶつ森』の話題。

10月になった途端、我がきのきの村をパンプキングがうろつき始めた。このゲームが発売されたのが去年の11月8日だったはずだから、今月末のハロウィンで、ちょうどイベントが一巡することになる。
何だか1年がすぎるのが早い。

などとジジィめいた感慨にふけっていると、なぜかリム坊が平日だというのに家でだらだらしている。
「え? だって都民の日じゃん」
そうだった! 東京には都民の日というワケの判らん子供のためにならん祝日があるのだった!