Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2013 >>
Category
Archives
Web拍手

↑クリックすると↑
web拍手が送れます
妄想 2013/11/30
うぐぐぐ。

案の定、喉の痛みと微熱、鼻づまり。
実際のところ、動き回るのに特に問題はないし、気分も悪くないのだが、大事を取ってきょうの狩りオフは欠席することにした。いつもこの狩りオフには声優さんたちも多数参加なさるので、万が一にも風邪をうつしてはまずいと考えた次第である。
『モンハン』面白いけど、あくまで趣味だもんな、

ということで、おとなしく自宅で作業しながらサッカー観戦。玉乃淳が解説をしているというだけの理由で、セレッソの試合をチョイス。
柿谷のちょいちょいボールをコネてからのシュートを見て、熱がちょっと上がった気がする。

で、きょうの試合の結果、セレッソには優勝の目がなくなり、優勝の可能性があるのは広島と横浜だけということになった。厳密にいうと浦和にもあるのだが、最終戦で10点くらい(?)取って勝利することが最低条件なので、実質的にはまず無理。
ということで前述の2チームだけに優勝の可能性があるということになるのだが、個人的には広島に勝ってもらいたい。毎シーズン後、浦和にぼこぼこ有力選手を引き抜かれて(それはルール上仕方ないとは判っているが)、それでもがんばっている彼らに勝ってもらいたいのである。

妄想 2013/11/29
きょうは打ち合わせ。

のあと、ミスターNとひと狩り。実はあした、イラストレーターの現津みかみさんたちとの狩りオフがあるのだが、『ポケモン』発売からこっち、『モンハン』をほとんどやっていなかったため、HRが低いのは無論のこと、操作方法すら忘れかけている始末だったのである。
そのリハビリとして小一時間ばかりファミレスで狩りをしたあと、帰宅。『くろの』8巻の著者校が終わったので、年末に公式サイトに掲載予定の短編を仕上げることにする。お目見えはまだ先なので今は伏せておくが、ちょっとばかり変則的なお話。
それとは別に、もう1、2本、短編を考えなければならなくなりそうではある。でないと文庫にまとめられないしな。

で、今の時点で少し気になるのは、微熱と寒気があること。
風邪だとすると、あしたはちょっと無理だぞ、これ。

妄想 2013/11/28
痛みは一瞬だ!

ケーブルで『ヘルレイザー・リベレーション』を観た。
正直いって期待はずれ。セノバイトたちのやることは昔と特に変わらない上に、ルマルシャンの箱を開けた若造のひとりが運命から逃れようとあれこれ画策したり、別人の皮をかぶってなりすましたりといった趣向も、歴代シリーズですでに見せられてきた趣向でしかない。まあ、一応最新作なので、初代とくらべればはるかに映像は綺麗だしCG処理も21世紀レベルではあるのだが、ハラハラするような局面はまるでない。
映像的に古さが目立つものの、これなら1〜3作目のほうがいろいろと無茶苦茶で面白かった。

きょうのアニポケ。
耳毛トリミングに妄想をふくらませるセレナはともかく、今回の目玉は頭脳戦を見せるサトシ。あと、思わせぶりにライボルトを繰り出してきたくせに、肝心のメガストーンを持っていないカロス地方のジュンサーさん。だったらガーディのままでよかったじゃん。ただでさえ今のサトシ一行にはピカのほかにデデンネまでいるんだから。

そして引き続き『科捜研の女』。
この犯人、ディエンドじゃん!

妄想 2013/11/26
ぶはは。

『ロンドンゾンビ紀行』→『ゾンビ革命』。どっちもバカ映画といえばバカ映画だが、面白い。だいたいどんなゾンビ映画でも、最終的にはゾンビであふれかえる地獄からクルマとかで脱出する、という展開になることが多く、この2作でもそうなるわけだが、どちらも悲壮感がないのがいい。
脱出→でもこのあとどうしたらいいんだ、俺たち?or脱出した先もゾンビ地獄だった! みたいなエンディングを迎える映画はいくらでもあるしな。
そういや『ゾンビランド』もその口か。

ワイヤーを使ってゾンビどもの首を一気にすっ飛ばすって、厨二っぽくていいな。

妄想 2013/11/25
ゆうべのプレミア。

シティ相手に6-0。スパーズがこんなにボコボコにされたのはいつ以来だったか。
……そういや少し前にガナ相手に5-0くらいでボロ負けしてたっけか。
にしても、今シーズンはいつもの上位陣がスタートダッシュにしくじって混戦模様になって、取りこぼしさえなければ3位フィニッシュくらいは現実的だと思っていたのに、こうまで点が取れないとイヤになる。
ホントに正視できなくて、途中からエールディビジにチャンネルを変えてしまった。
がんばれマイク!

で、香川の応援でもするかと思ってふたたびプレミア中継にチャンネル変えたらベンチでやがんの。
モイモイの考えはよく判らん。

妄想 2013/11/24
ひとりオールナイト終了。

『かぐや姫』は、ちいちいの熱演が輝いていた。
『清州会議』は、鈴木京香が怖かった。六兵衛ナイス。
『ベヨネッタ』は、ほぼゲームのまんま。

というか、ゲーム中であれだけ動き回る美麗なムービーを観ているわけだから、それを元来の意味でのアニメーションでやるというのは、いい悪い以前に、違和感がある。

「は!」→フラッシュ→ベヨと天使が交錯→ベヨの背後で天使が爆発

とか、『ベヨネッタ』のアニメ化としては違うといわざるをえない。そもそも最後の最後にしかトーチャーアタック出なかったし、『FLY ME TO THE MOON』も流れなかったしな。
せめて本編上映後に、『ベヨネッタ2』のPVでもあれば、購買層の拡大につながったかもしれないのに。

妄想 2013/11/23
リム坊は合宿。

ひさしぶりにひとりオールナイト。今回はアニメ版『ベヨネッタ』がメインなので、これを中心にスケジュールを組んだら、本数を稼げなかった。
まず、最初に『かぐや姫の物語』を観て、それから『清州会議』、最後に『ベヨネッタ』、そして帰宅の予定。

それでは出かけよう。

妄想 2013/11/21
きのうの水曜コンボ。

『相棒』。
安定の井田國彦。この人が警察の人間として登場する場合は、ほぼ100パーセント悪い人。大昔、『未来忍者』や『ゼイラム』に出ていた頃はさほどでもなかったのに、どうしてこんな悪人ヅラになってしまったのか。

『メンタリスト』。
シーズン最終回。やっぱりわざとCBIをクビになって身を持ち崩したフリをしていたジェーンさん。さすがジェーンさん! といいたいところだが、警察内部にレッドジョンの敵がいるのはもはや既定路線なんだから、もう少し慎重に行動すべきだったんじゃない?
というか、ジェーンさんがリズボンを信頼しきってるのが意外。リズボンがレッドジョンの仲間だって可能性は微塵も考えていないのだろうか?
いずれにしても、これでまた来年の夏まで新作はお預け。
一応、シーズン6までは製作されているのが決定しているのだが、同時に、リグスビーとヴァンペルトがシーズン6で降板するという噂もあるので、いろいろとやきもきさせられる。というか、日本でシーズン6が観られるのって、今のペースでいくと再来年だけどな。

そしてアニポケ。
セレナはサトシのいうことを何でも肯定して、結果的にサトシをダメにする女のようだ。

妄想 2013/11/20
明け方、ベルギー戦。

ランキングがすべてとはいわないが、ここ1、2年のいきおいでいうと、オランダはEUROでも不甲斐なく敗退していたし、スナイデルは往年の輝きを失っていて、若手の台頭いちじるしいベルギーよりはやはり下だ、と感じないではいられなかったわけだが、いざふたを開けてみると、日本が逆転勝ちしていた。オランダ戦の後半のような、一方的に相手を押し込むようなプレイはさすがに見られなかったが、先制されても心が折れずに点を獲り返すというのは立派だと思う。長友、内田という左右の大駒を落とした状態での勝利だからなおさらである。
とはいえ、1失点目の吉田のプチやらかし、ゴートクのポカや、2失点目にあっさりヘッドで合わせられたあたりは、日本の守備の弱さがまたぞろ露呈した感じ。世界中のスポーツマスコミが、日本は侮れないといいつつ、口を揃えて守備が駄目というのもうなずける。今の日本は攻撃偏重というか、中盤から先の攻撃陣には多士済々なのに、センターバックに人材がいなさすぎる。
たとえば、もし『キャプ翼』の石崎とか次藤が美少年として描かれていたら、この状況ももう少し変わっていたのかもしれないと思うと、その功罪に思いを馳せずにはいられなかった。せめて、もっと全国のサッカー少年があこがれるようなセンターバックが登場していれば……!

それはそれとして、『くろの』8巻のカバーができてきた。年末に向けて何かと忙しいが、ミスターNとミユ☆キルリア嬢にはがんばってもらいたいものである(他人ごと)。

妄想 2013/11/18
ぷんぷん!

最近、よくKindleでコミックを買うのだが(紙の本だと家に置き場がないので)、買ったデータを端末内に綺麗に並べておける機能というのがないのはどういうことか。著者順、タイトル順にソートするくらいしかできない上に、巻数通りにきちんと並ばない謎仕様。領収書の発行の面倒さと並んで、このふたつがKindle最大の不満点。

……どうしてBOOKWALKERでできることがKindleでできないかな?

妄想 2013/11/17
ふう。

さっき終わったばかりのオランダ戦。
ファン・ペルシがいないことを除けば、ほぼほぼベストメンバーだと思われるオランダ相手に、2点のリードを許してから追いついてドローというのは、コンフェデでイタリア相手に見せた惜敗と同じかそれ以上に立派だと思う。一応今回の試合は日本がホーム、オランダがアウェイという形式になっているが、会場がベルギーという時点で、日本にとってはほとんどアウェイと変わらない。オランダからは簡単に応援に来られるが、日本からだとそうはいかない。
そういう条件で、W杯本番に向けてアジアのチームとの戦いを体験しておきたい(=わりと本気で来る)オランダとやってドローなら、決して悪くないだろう。
特に、狙いがあってそうしたのか、あるいは単に疲労のことを考えてそうなってしまったのかは判らないが、OMFとして山口を先発させ、後半で遠藤に代えてくるというカードの切り方が、何だかんだで一番効いていたような気がする。

できればこれは本番でもやってほしい。
ただし3バック、てめーは駄目だ。

妄想 2013/11/16
がぶがぶ。

昼前、東京駅へ向かった。関西住まいのおともだちFさんが、仕事できのうから東京に着ているというので、大阪に戻る前にちょこっと会ってダベろうという次第。まあ、夏に会って夜通し狩りオフしたばかりなのだが。

で、たっぷり数時間ほどダベりまくったあと、みどりの窓口で別れ、ぼくは山手線のホームへ。せっかく東京駅まで出てきたのだから、リアルポケセンへ行くことにしたのである。
さすがに天気のいい土曜日の昼下がり、ものすごい人出だったが、さいわい、入場規制になるほどではなかった。グレッグルバザールとか、マッギョまつりとか、ああいう特別な新製品シリーズをフィーチャーしたフェアでもないかぎり、なかなかそれほどの人混みにはならないものである。『XY』の発売からもひと月以上たってるしな。
そもそもぼく自身、特に何か買う予定はなかったのだが、前回行った時に買ったKING OF GAMESのシャツがなかなか着心地がよくて質もよさげだったので(初代『ポケモン』のドットキャラが小さく入っている)、まったく同じものをもうひとつ買って帰った。
ぼくのようなデブの場合、一年中半袖のシャツを着るものだし、こういうものは何着あってもいいのである。

帰宅して数時間後、なぜかそのシャツは、リム坊が寝間着代わりに着るようになっていた。XLサイズなのでぶかぶかじゃないのかとも思ったのだが、まあ、女の子がシャツ1枚ですごす場合は、オーバーサイズのほうが可愛く見えるのでそれもよかろう。

妄想 2013/11/15
久しぶりに。

ふろくについてくるガブリアスのシリアルコード欲しさに、『コロコロコミック』を買う。『レッツ&ゴー』の頃は毎月欠かさず呼んでいたのだが、『〜MAX』で明らかにトーンダウンして、ミニ四駆ブームがひとまず終焉に向かうのとほぼ同時に、ぼくも購読をやめた記憶がある。

で、それはそれとして、このガブリアス、さいしょからりゅうせいぐんを覚えていて、ついでにりゅうのキバを持っている以外に、何か特別なメリットはあるのだろうか? りゅうせいぐんはゲーム中でふつうに覚えさせられるし、りゅうのキバも、めちゃくちゃレアなどうぐというわけでもない。これがやみのいしやめざめいしなら2、3個欲しいところだが……。

妄想 2013/11/14
きのうの『メンタリスト』。

いよいよ来週はシーズン4最終回。結局ハイタワーがあのあとどうなったのかよく判らないまま1シーズン終わってしまうわけだが、ここまで来てしまうと、視聴者が納得するような終わり方ができるのかどうか、そちらのほうが気になってくる。
ジェーンさんが追うレッドジョンは、血のメッセージ以外にこれといった証拠を残さず、一見すると不可能とも思える殺人を繰り返すシリアルキラーで、なおかつ警察やFBI内部にまで狂信的な信奉者を持っている。なので、ジェーンさんががんばってレッドジョンにつながる証拠や証人を集めても、片っ端から消されてしまうのである。
それこそホントの最終回で、リズボンが「実はわたしもレッドジョンの仲間だったのよ」とかいってきたとしても、さほど驚かない。

さて、今シーズンのオチはどうやってつけるのか。
とりあえず、ジェーンさんがCBIを追い出されたのは、あえて上司を怒らせてクビになるようにしむけたんだろうが――。

妄想 2013/11/12
ふう。

血液検査の結果を聞きにいく。なぜかピンポイントでヒドかった前回よりはもろもろ好転しているが、薬を多用しなければならないことには変わりない。まあ、月イチ血液検査でそれ以外の病気の早期発見につながるなら、一病息災も悪くない。
……結石は早期発見してくれなかったけど。

ポケばな。
バトルハウスのうざったい口調の末娘(?)を撃破。最初にトライした時はブニャットの先制さいみんじゅつ+ゆめくいという、初代から連綿と続く伝統的なコンボになすすべなく敗れ去ったため、今回のリターンマッチでは、そのブニャットを一方的に叩き潰すために最速コジョンドを用意してみた。
ところが、そんなぼくの努力をあざ笑うかのように、さいみんじゅつをいっさい使わないブニャット。結局このデブ猫は、コジョンドを投入するまでもなく、メガクチートのアイアンヘッド1発で沈んだのであった。

勝てばよかろうなのだ!

妄想 2013/11/10
虎の穴。

リム坊の学校は、1学期とか2学期とかいう区分がない。なので、夏休み前のテストも期末テストではないし、秋のテストも中間テストとかいわない。彼女の学校では、それらを警告テストというらしい。何が警告というと、
「おめえ、このテストであまりに悪い点取ると進級できねえぜ?」
という意味での警告らしい。

で、先月の警告テスト。リム坊は無様な点数を取り、今月下旬の連休を学校ですごすことになった。警告テストの結果が悪かった生徒は、二泊三日、学校に泊まり込みで補習を受けなければならないのである。
「でさあ、お泊まりになるからさあ、新しい下着とか眼鏡とか欲しいんだよねえ」
わけの判らんことをほざく提督少女。百歩ゆずって下着は判るが、新しい眼鏡が欲しいというのはどういうことか。確か中学時代に2本同時に新調したはずではないのか(別に度が合わなくなったわけではない)。
「まあまあ」
「何がまあまあだ」
なぜかは判らないが、眼鏡選びにつき合わされるぼく。ま、「JiNS」だからそうお高くないのは不幸中のさいわいだろう。それこそ小学校時代は、まず眼科で処方箋もらって専門のお店でオーダーしなければならず、しかもそれを高確率でブッ壊していたことを思えば、数千円で眼鏡を作れる今の状況はまるで天国である。
「わ、このフレームいい!これにしようかな?」
「リム坊よ……それはお洒落な老眼鏡だ」
「オウフ」
リム坊が眼鏡のでき上がりを待つ間に、ぼくは「モダンアイリッシュプロジェクト」のライブを聞いて、それから先に帰宅した。

連休潰して泊りがけで勉強合宿なのに浮かれる少女。もしくは、浮かれ気分でないとやってられないって感じなのか。
ロケンロー。

妄想 2013/11/09
きょうは近所の女子大の文化祭。

おかげで朝から騒がしい。ふだんは男っ気がないところに、きょうばかりは男子学生多数。
数年前は、ぼくもお邪魔して屋台でうまいもの食べたりしていたわけだが、最近はとんとお見かぎりである。宮本茂のトークショーでもあれば行ってみるんだが、JOYとか高橋真麻じゃあなあ。

まったく関係ないが、リム坊の部屋からすさまじい歯ぎしりが聞こえてくる……!

妄想 2013/11/08
きょうの『科捜研の女』。

先週、吉崎さんがサイバー犯罪課へ異動したのと入れ替わりに、今週から正式に涌田亜美とかいう新人研究員が配属したわけだが、サイバー犯罪課ではたらくなら、この新人ちゃんのほうが適任なような気がするのはぼくだけだろうか。
というか、この新人ちゃん、演じているのが山本ひかる(=『仮面ライダーW』の所長)だからか、キャラづけがやけにラノベ的で鬱陶しい。具体的にいうと、日常会話の中にこまめにパソコン用語をブッ込んでくるという、パソコン少女的な属性をアピールするにはある意味とても判りやすいやり方なのだが、ふつうの刑事ドラマでこれをやられると、観ているほうがちょっと恥ずかしくなってくる。何というか、いわゆるステレオタイプなオタクキャラが、「○○氏! おひさしぶりでござるよ!」とかしゃべってるみたいな……。

まあそれはそれとして、どうして今年は『科捜研の女』を2回もやったんだろうか。1〜3月期と10〜12月期、年に2シーズンぶんも放送するというのは、やはりあれか、もはや渡瀬恒彦を酷使してはいけないという現実に気づいたからか。そういや今年は『おみやさん』やらなかったしな。
その代わり、ここへ来て急に上川隆也が酷使されている印象があるな。

妄想 2013/11/06
ギクリ!

最近、不意に左の脇腹がほんの一瞬だけ痛くなることがある。痛くなるというか、痛かったような気がすることがある、というべきか。「あれ? 今ちょっと脇腹が痛かったような――?」と思った時にはすでに痛みがないという感じ。
実際に痛くてしょうがないというのならまだしも、痛かったような気がするという程度なら何の問題もないように思えるのだが、何しろぼくは少し前に結石をやっていて、その再発率は8割だか9割はあるという。まさかこんなに早く再発することなどないとは思うのだが、どうにも左脇腹が痛むたびに、その可能性を考えてしまうのである。

あの痛みは、いわゆる幻痛みたいなものなのだろうか?

妄想 2013/11/05
あれ?

先日からの流れで大量にクチートを孵化させていたら、いつの間にか色違いが混じっていた。どきどきしながら個体値をジャッジしてもらったが、V-*-V-V-V-Vという惜しい数値。攻撃と特攻が逆だったらきみを育てていたのに! と歯噛みしつつ、大切に保管することにする。

妄想 2013/11/04
むう。

連休だからか、田舎の母親と弟くんが揃って上京してきて、ウチにナシだのリンゴだのを置いていってくれた。これでしばらく果物には困らない。
そのお礼といっては何だが、ランチをご馳走することにする。休日の吉祥寺は恐ろしい人出で簡単にランチ難民化してしまうのだが、きょうはするっと「ラパン・アジル」に入れた。カジュアルとはいえ、昼からフレンチ。うーん。
その後、いろいろ買い物をしたり散歩をしたりする親につき合ってぶらぶらしていると、リム坊から電話。
「わたしさー、焼き肉食べたいんだけどー」
「……!」
結局、日暮れ頃に田舎へ戻るという家族を見送ったあと、ぼくはリム坊と合流し、腹の中にまだフレンチがある状態で焼肉屋に向かったのであった。

妄想 2013/11/02
またひとりオールナイトしたい。

ミエロシ羊介の『洋菓子店コアンドル』を観た。ケーキが食べたくなった。
という話はさて置き、『XY』購入後にさっそくメガストーン用としてクチートを育てたぼくだが、このたび5Vバクオングが孵化してしまったため、クチートも作り直したくなってきた。クチートの場合、最初から特攻は捨ててるわけだから、6Vあっても意味はないのだが、やはり5V、精一杯妥協してすばやさも捨てた4Vは欲しい。
ということで、あらためて育成開始。

妄想 2013/11/01
どこかで見たことがある。

そういえばきのうは『WiiFit U』の先行発売日。
厳密にいうと、きょうから1か月間限定で『WiiFit U』の無料体験版がDLできるようになった。無料体験版といいつつ、使えない機能があるとかそういうことはない。製品版とまったく同じものが遊べるようになっている。ただ、当然のようにウィーボくん(=WiiFitボード)がなければ遊べない。ぼくの場合、昔の『WiiFit』の時に買ったウィーボくんが現役なので、追加購入の必要はない。
もうひとつこの体験版で特徴的なのは、ユーザーにその気があれば、1か月が経過したあとも、この体験版をそのまま正規製品版として継続して使えるという点。ただしそのためには、きょう発売になったWiiFitメーターなるオプションを購入し、クラブニンテンドーでシリアルコードを登録する必要がある。
この何たらメーター、要は『WiiFit U』と連動する万歩計で、だいたい2500円くらいする。つまり、実質的にはこのメーターと『WiiFit U』をセットで2500円くらいで販売していると思えばいい。

で、このメーター。カラーリングこそエコロジカルなグリーン&ホワイトで、液晶画面の上にWiiUのロゴが入っているものの、どこからどう見てもポケウォーカーである。

メーター

正直、ポケウォーカーは『HG&SS』限定で、それ以降の『ポケモン』シリーズには引き継がれなかった遊びなのだが、任天堂はこういう技術の再利用がうまいな。