Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2013 >>
Category
Archives
Web拍手

↑クリックすると↑
web拍手が送れます
妄想 2013/12/31
大晦日。

特に田舎に戻る予定もないので、テレビを観ながら食っちゃ寝を繰り返すだけの年末年始。しかし、今年も読者のみなさまにささえられてどうにかまっとうすることができた1年でもあった。
ぎっくりと結石あったけど、何とか乗り切ったし。

ということで、来年もよろしくお願いいたします。

妄想 2013/12/29
天皇杯準決勝。

なかなか劇的な終わり方。この流れだと、決勝で広島とマリノスが直接対決して、惜敗した俊輔がふたたびピッチにうずくまる姿で「終」とでるところだが、さて。

とりあえず、セレ女とかいう人たちは、広島にお礼しておくべき。

ひらひら。

発売中。

妄想 2013/12/28
ガビンヌ。

『神トラ2』が遊べないので『風タク』やろうと思ったら、ゲームパッドのLZボタンがおかしい。押し込むとすぐに戻らないのである。
注目ボタンなしで風の神殿がクリアできるか! なめんなよ、神々!

……仕方がないのでボクレー厳選でもするか。
ちなみにオーロットを育成するつもりはさらさらなく、あくまで5Vラルトスやゴースへのつなぎである。

妄想 2013/12/27
くるっきゃーっ!

eショップにつながらなすぎて気が狂う! 『ポケバンク』はもういいけど、『神トラ2』! これがダウンロードできないのが納得いかん!

妄想 2013/12/26
まるでつながらぬ……!

『ポケバンク』も『ポケムーバー』も、ついでにいうなら『ゼル伝』購入のためのeショップにも、まったくつながらなくなっている。あまりにアクセスが集中しすぎているせいだろう。
任天堂はこの事態をまったく予想できていなかったのか――と腹立たしい気持ちもあるのだが、世界中の数百万人単位のユーザーがいっせいに接続していると考えれば、まあ、仕方がないのかもしれん。
きのうの段階で図鑑を埋めておいたので、『ポケバンク』が使えないことにはそう焦りはないのだが、『ゼル伝』がダウンロードできないのは困る。
しかしまあ、仕事に集中しろという天のお告げといえなくもないのかもしれん。たとえるなら、牛方どんのぶりを食らい尽くして自宅に戻ってきた山姥が、寝る前に餅でも食うかと思って囲炉裏端に餅を並べておいたら(以下、判る人にだけ判るくどいたとえ話が続く)。

ひらひら。

ということで、本日発売!

妄想 2013/12/25
いよいよ解禁!

12月25日といえば、全世界的に『ポケバンク』ダウンロード開始日! これでようやくぼくの全国図鑑も完全なものになる!
と思って朝8時からダウンロードし、さっそく活用しようと思ったら、あまりにアクセスが集中しすぎたせいか、エラー連発。

これはあしたの『ゼル伝』ダウンロードもやばそう……!

妄想 2013/12/24
イブだが特に何もなし!

何しろもう誰かからクリスマスプレゼントをもらうような年でもないし、むしろリム坊にあげるほうなわけだが、あの傍若無人な勇者JKはすでに9月の段階で、「iPod欲しい! クリスマスプレゼントの前払いってことで、今すぐ買って!」とか抜かしたので、希望通り3か月早く買ってやったために今年のプレゼントはナシ。
ちなみにリム坊はつい先日、ケータイをiPhoneに換えた。すげえ効率悪くねえ?

それはそれとして、プレゼントは買わないにしても、ケーキくらいは買う。ただ、ウチで一番ケーキが好きそうなJKという属性を持っているはずのリム坊が、「ケーキ何がいいかって? チーズケーキに決まってるじゃん」という人間なのである。当然、いわゆるクリスマスケーキ的なものは問題外。
なので、ここ数年は、リム坊用にベイクドチーズケーキ、ぼく用にモンブラン、ネム公用にごくふつうのイチゴショート、みたいに、少しずつバラバラに買ってくることが多い。
ということで、今年は「レモンドロップ」でチーズケーキ、バナナクリームパイ、イチゴタルトを購入。

ついでに、ぼくはぼくへのプレゼントとして『ゼルダの伝説 神々のトライフォース2』のダウンロードカードを購入。まあ、まだ『風タク』クリアしていないので、遊ぶのは年明け以降になると思うが、早期購入ボーナスのこともあるのでキープ。

妄想 2013/12/22
天皇杯準々決勝。

ぼくは取り立ててJ1で応援しているチームはない(絶対に応援しないチームはあるが)。J1に栃木が上がってくれば応援するつもりだが、今年の成績を見るかぎり、PO争いはあっても昇格は当分ないだろうなという感じ。というか、赤字解消のためにせっかく揃えたブラジル人カルテットを次々に放出という体たらくでは、トヒル氏みたいな気前のいいオーナーでも現れないかぎりはJ2残留が現実的な目標か。

というわけで、今年は栃木もとうの昔に敗退し、昨年の横河だの福島だのといったジャイキリももはやなくなった天皇杯。この中でしいてプッシュするなら、という意味ではやはり広島か。毎年のように浦和に高額年俸で主力選手を引き抜かれていくのは、市場原理としては仕方のないこととはいえ、他サポから見ても可哀相に思えるのだが、その逆境を跳ね返して残った戦力+あらたに加わったメンツで2連覇を達成したというのはいかにも日本人が好みそうなストーリーである。
もしここで広島がJリーグ+天皇杯の2冠達成したチームは……えーと、鹿島と浦和のほかにあったっけ? とにかくそうそうないことである。

そんなこんなでテレビ観戦。
佐藤のスーパーゴール+オウンゴールと、下手したら広島選手のゴールだけで試合が終わってしまうのではないかとハラハラしたが、PKまでもつれ込んだ試合は広島の勝利。
次は29日の準決。いよいよ年末という感じがしてきた。

妄想 2013/12/20
うぐぐぐ。

ゆうべ、すさまじい頭痛と吐き気に襲われ、「すわ、ノロではあるまいな!?」などと怯えたのは2年前の恐怖があったからだが、実際のところ、ただの頭痛だったらしい。
ひと晩寝てすごしたらふつうに治ってたしな。

妄想 2013/12/19
見本到着。

ひらひら。

今月はいつもより少し早い26日発売予定!

妄想 2013/12/18
髪を切りにいこう。

ということでいつものように三軒茶屋へ。空模様は今にも雪が降り出しそうだが、別に降ってはいない。

「雪が積もり始めましたねえ」
「そうですねえ」


というのは、『どうぶつの森』の話題である。いつもお世話になっている美容師Kさんは、甥っ子さんとゲームで遊ぶのが好きで、話題も当然『ぶつ森』一色。

「フンコロガシが憎いんです」
「あれはもう、雪玉を見つけたらすぐさまシンボルツリー前とか、池や川から遠く離れた見通しのいい場所に転がしてくしかないですね」
「でも、甥っ子はうまくダルマにならないって泣いて悔しがるんですよ」
「まあいいんじゃないんですか。そうじゃないと上達しないですよ」


そんな会話をしていると、Kさんがひとつ心配なことがあるという。

「甥っ子のお友達が、最近、『ぶつ森』じゃなく『ポケモン』を始めたみたいなんですよ」
「自然な流れですな」
「それで、もし甥っ子まで『ポケモン』を始めたら、わたしと遊んでくれなくなっちゃうじゃないですか!」
「そこはまあ……」
「甥っ子は、ちゃんとおばちゃんとも遊んであげるっていってくれるんですけど」
「一番手っ取り早いのは、Kさんも『ポケモン』をやることだと思いますけどね」
「『ポケモン』なんてピカチュウしか判りませんよ!」


まあ、実際に『ポケモン』始めたら、三値くらいは教えてあげようとは思う。でも、細かい努力値の振り方まではぼくにも判らん。基本、努力値ぶっぱの大雑把な調整しかできないしな。

妄想 2013/12/16
あーあ。

我がスパーズの監督AVBがついにクビになった。まあ、今季はろくに得点が取れないくせに、負ける時は5-0とか6-0とか5-0とか、野球のような大差で負けるケースが多いわけで、やり手の会長の堪忍袋もついに限界を超えたのだろう。
今シーズンはベイルという最大の武器をレアルに売却し、その売上で多くの選手を獲得してまったく新しいチーム作りを始めた1年目で、つまりは今すぐ結果が出なくても大目に見てもらえるはずだったのだと思うが、ソルダード獲得したのにこの貧弱な得点力+ゴール前にフランス代表正GKがいるのにぽこぽこ失点するDF陣と、発展途上とはいえ看過できない要素が多すぎた。
さらにいうなら、今季はマンU、マンCが開幕ダッシュに失敗し、モウチェルシーも思っていたほど強くなく、近年稀に見る混戦模様の序盤戦だった。ここでうまく立ち回ればトップ4フィニッシュも充分に可能という状況で、あまりに点が取れずに足踏みばかりというスパーズの現状に苛ついていたのは、サポだけではなかったということなのだろう。

12月の段階でこんなこというのもアレだが、今季のスパーズはもう無理だろう。いっそガナーズに優勝してもらいたいくらいの気分である。

妄想 2013/12/15
ダイムファイヤァーッ!

溜まっている録画を消費。ようやくスペシャル版の『遺留捜査』を観た。
何というか、テレビ版でもそうだったのだが、糸村さんはいわゆるコミュ障なのだろうか。どうして「Aの理由からBが必要なのでCをしてください」といえないのか。重要なことはいわずにいきなり「Cをしてください」って、完全に頭がおかしい。
しかもそのCの内容が、勝手に病院のHPにアクセスして職員の画像を差し替えるとか(どう考えても不正アクセス禁止法違反)、上司に無断でやらかしたら懲罰もの。これで甲本ヒロトの弟がクビになったらどう責任取るんだ、あんたは?
まあ、右京さんもそれに近いことをすることがあるけど、あれは切羽詰まって時間がない時に、「AとBについておいおいご説明しますから、まずCをお願いします」というやり方だし、とても理にかなっているのだが、糸村さんのアレは、現時点で自分の興味があることを知りたいから「Cをしてください」であって、別に事件の早期解決を目的としているわけではないのが悪質。

ところでこの、本庁の刑事のひとり、どこかで見たことのある顔だと思ったら、タイムファイヤーじゃね?

妄想 2013/12/14
さよなら、春人きゅん……。

朝一番で『ライダー×ライダー』を観てくる。
テレビ版最終回→スペシャル版2話の流れでやや「ん?」となっていた『ウィザード』が、ようやくきちんと完結したような気がする。『鎧武』側へのかかわり方は、もはやコヨミちゃんもファントムも関係なくて、ちょっとばかり強引すぎる気もしたが。
にしても、歴代ライダーを本来の人格と切り離して登場させる(そしてたがいに戦わせる)というのも、インパクトとしてはそろそろ弱くなってきたな。中の人が本人役で出てくれるならちょっと豪華に思えるんだけど。
……ていうか、照井とか名護さんとか伊達さん出すなら武神ライダー役やらせてあげてよ。ぎりぎり照井と伊達さんはともかく、今のちびっこはもはや名護さんのことなんか絶対覚えてないんだから(暴言)、あのへん登場させるのは大友向けのサービスなわけで、だったら大友がもっと喜ぶ展開でもいいと思うんだけどな。別にストーリーに深く食い込めっていうんじゃなく、冒頭で武神鎧武にやられてヘルメット破損して顔出して崩れ落ちるとかなあ……。
……あ、そうか。彼らはみんな主役ライダーじゃないんだっけか(致命的)。

帰宅後、仮眠を取ってから、『むこうぶち9』を観る。
……駄目だ! 同じ栃木出身としてことあるごとに手島優を応援しているぼくでも、これは駄目だ! 袴田以外のすべてがパワーダウン!

妄想 2013/12/12
へへっ……

すでにCWCが開幕しているわけだが、今年はモロッコでおこなわれているため、時差の関係でほとんどの試合が日本時間の深夜〜明け方キックオフ。日テレも虹色のマフラー巻きまくって大会アピールしたいんだったら、ちゃんと地上波で中継すりゃいいのに、とも思う。
まあ、日本人選手ゼロだし、そもそも観たいチームなんてバイエルンだけ、しかも準決からしか出場しないんじゃ、視聴率も取れまい。これなら昔ながらのトヨタカップのほうがよかったなあ。日本開催で欧州vs南米の一発勝負。

それはそうと、きょうは京サマの誕生日。彼が高校を卒業していないのは周知の事実だが、ここ数年は、修行も実戦もしていないという体たらく。まあ、実戦がないのは京にかぎったことじゃないが。
そろそろ『13』以外の新作が見てみたいものである。
といっても、『KOF13番勝負!』みたいなパック商法されても困るけど。

妄想 2013/12/10
聞いて驚け!

何だか納得がいかないことに、リム坊はあしたからもう実質冬休みである。
今週アタマからいわゆる期末テストで、それがきょうで終了だったのだが、あしたから来週の火曜まで、テスト休み(?)という名目で学校がない。そして、来週の水曜日にテストの結果を受け取りに半ドンで登校したあと、さらに翌週の水曜の終業式までまたお休み。そのあとは真の意味での冬休みになるらしい。
何なんだ、このシステムは? 確かに彼女の学校は、たびたびあるテストの前後にテスト休みを用意していない。テスト前だからといって授業が潰れることもなければ、テスト直後に数日の休みが入ることもない。それどころか週休1日である。土曜日も学校に行かなければならないのである。


「……二学期の最後にこんなに変則的な休みをくれるんだったら、いっそ義務教育時代みたいに土曜日も休みにしてくれればいいのではないか?」
「だよねえ」
「そうすればぼくも、土曜日まで早起きしなくてすむんだが」


「テストが終わったから」というよく判らない理由で、リム坊に牛タンをごちそうさせられているぼく。まあ、ぼくも牛タンは好きだからよいのだが。

「これあげる」

と、少女は親切ごかしにぼくの皿に南蛮味噌を押しつけてくる。からいから食べられないだけの話で、決してぼくへの思いやりから出た行動ではない。

妄想 2013/12/09
サッカーの話。

結局、日本はコロンビア、ギリシャ、コートジボワールと同組になった。ポット1というか、シード国から入ってきたのがコロンビア。ポット1で優勝経験がない国が確かスイスとコロンビアだけなので、単純に考えれば、そうそう悪い相手ではない。
まあ、コロンビアには得点力抜群のファルカオがいるので、明らかにスイスのほうが楽な相手なわけだが、どうも日本は強豪相手に善戦する一方、さほどでもない相手にはあっさり負けたりすることが多いので、これでよかったのかもしれない。
日本の初戦がコートジボワール、2戦目がギリシャ、3戦目がコロンビアなので、組み合わせ的にもどうにかGL突破は可能だろう。おそらくコロンビアは、初戦のギリシャ、2戦目のコートジボワールと連勝し、決勝トーナメント進出を決めた状態で日本戦を迎える可能性が高い。となると、選手の疲労を考慮してドロー狙いでメンツを落としてくるだろう。
そこから逆算して1勝2分なら2位で突破できる。監督が一番のウィークポイントのような気がするコートジボワールを意地でも倒し、次のギリシャ戦は手堅くドロー、最後のコロンビアでもどうにかドローで勝ち点5。コロンビアは2勝1分で勝ち点7、ギリシャは1勝1敗1分で4、コートジボワールは3敗で0と予想してみる。

よし、プランは完璧! これで行こう!

妄想 2013/12/07
よくやった、広島!

吉祥寺でお昼を食べていたら、ふたつ向こうのテーブルで食事をしていた女子大生風のふたり連れが、何やら熱心に話し込んでいる。

「バトルでなかなか勝てないんだよね」
「ふうん」
「バシャーモ使ってるんだけど」
「ああ、あのカッコいいの」
「カッコいいっていったらアレだよ、ほら……カエルの」
「マフラー? ケロマツの進化したやつ?」
「そう、マフラーしてるニンジャみたいなの。あれカッコいいよね」
「そういえばさ、最初にもらえるキツネみたいなのいるじゃん?」
「フォッコ?」
「あれって進化すると尻尾に木の棒がつくじゃん?」
「ああ、そうだったっけ」
「もしかして、あれで相手を叩くのかな?」
「それじゃただのいじめじゃん」
「ところでもう1匹のトゲトゲしたのって何だっけ?」
「えーと……何だっけ?


それこそいじめだろ! ハリマロンさんにあやまれ!

妄想 2013/12/06
わくわく。

きょうの深夜、W杯の抽選会がある。日本の場合、かなりの高確率で、欧州+アフリカ+(南米or欧州)と同組になるわけで、各大陸予選を勝ち抜いてきたメンツを見るかぎり、スイス、エクアドル、どこか、みたいなグループにでも入らないかぎり、楽に決勝トーナメントに勝ち進める保証はないだろう。
でもって、下馬評で「日本有利!」とかいわれている時ほど日本はダメダメな結果で終わることが多いので、どちらかというとややキツめのグループのほうが、むしろいい結果が出るのではないだろうか。
あくまでややキツめがいいのであって、間違っても、ブラジル、日本、チリ、オランダ、みたいなグループになってはいけない。
確実に死ぬ。

それにしても、来年の戦隊、カッコ悪いな……じきに慣れるとは思うんだが、ファーストインプレッションはヒドいぞ。

妄想 2013/12/05
アニポケ。

今シーズンは、本編の作画や演出のクオリティが高くて安心して観ていられる。サトシも思っていたより先祖返りしてなかったし。
ところでこのシトロンのパパン、あきらかに第1話に出てきたバシャーモ仮面なんだが、バイクに乗せてるデンリュウはいったい何なのか。こいつもメガストーン持ちでメガデンリュウになったりするのか。そもそもバシャーモはふだんどこにいるのか。息子と娘は父親がバシャーモを持っていることを知らないのか。

……などなど、疑問は尽きないわけだが、細かいことは気にしないようにしよう。

妄想 2013/12/04
忘れてた!

来年の春の、劇団☆新感線の東京公演のチケットを予約する。予約といっても先行抽選予約なので、ここではずれれば、フツーに一般販売で買わなければならず、ヘタをすると買い逃すということもありえなくはない。
さいわい、これまでは抽選にもれることなく毎回どうにか確保できていたのだが、それゆえに、そろそろはずれるのではないかという悪い予感がひしひしと……!

という話題でもうひとつ大事なことを思い出した!
年明けに青山劇場でやる勘九郎の『真田十勇士』のチケット、買ってたんだった! 夏にあった上川隆也の『真田十勇士』は、ぼくが悲惨な目(ぎっくり腰)に遭っていた時期の上演だったため、観にいけずに哀しい思いをしたものだが、1月の公演は何が何でも観にいく所存である。

妄想 2013/12/03
届いたよ、届いたともさ!

『くろの』第8巻のカバー色校が到着。
それと並行して、カラー口絵も徐々に上がりつつある。今はまだお見せできないが、今回はこれまでの中でもっとも肌色成分が多いできになっている。
いや、たぶんきっとそう。正確に面積を測ったわけではないのだが、たぶん間違いない。

おそらく今週末更新の「FB Online」に書影が出るのではないかと思う。

妄想 2013/12/01
ふう。

毎年、12月になると、手帳を来年のものに切り替える。ぼくはいつも「ほぼ日手帳」を使っているのだが、具体的にいうと、手帳に書き留めた仕事用のネタとか、仕事とはまったく関係ないポケモンの育成メモとかマップとかを、翌年の新しい手帳に転記する、もしくはコピーして貼りつける。
その作業を、毎年の12月1日にすることにしているのである。

で、毎年思うのは、1年あれこれ考えても、実際には使わない、使えないネタというのがすごいあるなということと、結局また今年もゲンガーの育成しなかったなということである。
まあ、ゲンガーについては、最新作でメガシンカというあらたな武器を手にしてしまったので、また一から考え直さなければならないのでどうでもいいのだが、小説のネタに関しては、思いついたものを使えないというのは非常に心苦しい。もったいない。
特に今年は、うっかり『ハルマゲドンバスターズ』というか、『シャイニングウィザード』のネタを思いついてしまった。でも、コバルトで何年も前に完結させた退魔モノのネタなんぞ、いまさらどこでどういう形で世に出したらいいか判らず、悶々としているのである。
ぽちぽちとテキストを打って、ごくごくふつうにブログにアップするという手もないわけではないのだが、正直ブログの形式では、改行のこと、禁則のこと、ルビのことなど、どうやっても満足のいく形では出せない。多少でも現実味があるとすれば、今だとKindle形式でやっちゃうのがお手軽なのかもしれないが、それだと逆に、あれもこれもやりてえ、となってきてしまう。具体的にぶっちゃければ、『プライマルストライカー』の完結編とか、『メフィスト』の完結編とか、『ストレイウルフ』の完結編とか。
……全部完結編だな。それだけハナシは決まってるのに途中で切らざるをえなかった作品が多いということで、つまりは作家としてのぼくの実力不足を露呈するだけのことなのだが、とにかく、何らかの形で発表することが可能だということは、完結していない作品を完結させられる、ということと同意義なため、結局はすべてに手をつけずにおくのが無難なのかもしれない。

そんなこんなで、来年のぼくの手帳には、『ストレイウルフ』の最終巻の展開と、『ハルマゲ』の新作のネタが並んでいる。