Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2015 >>
Category
Archives
Web拍手

↑クリックすると↑
web拍手が送れます
妄想 2015/08/31
ふぉぉう!

ケーブルで『フォース・カインド』をやっていたのでまた観てみた。ミラジョボがいっさいアクションをしないミラジョボ主演映画。タイトルの『フォース・カインド』というのは「第4種」、すなわち「第4種接近遭遇」のことを指す(のだと思う)。
といっても、ふつうの人にはさっぱり判らんと思うので軽く説明すると、これはUFO(というか異星人)との接触の段階を表す言葉で、

第1種→UFOを目撃する。
第2種→UFOから何かしらのアクションを受ける。
第3種→UFOの中の人と接触する。
第4種→UFOの中の人に誘拐される。


だいたいこんな感じ。
で、この映画は、『「『「宇宙人に娘をさらわれた」と主張する女性心理学者』をミラジョボが演じる」という体で撮影した再現映像つきのドキュメンタリー映画』という体の映画。冒頭でミラジョボが、「この映画の内容を信じるも信じないもあなた次第」みたいなことをいってた気がする。たぶんこの、映画内ドキュメンタリーのタイトルが『フォース・カインド』なのだろう。
続きを読む >>

妄想 2015/08/30
ようやく買えた!

カード

まさか実在しているとは思わなかったamiiboカード。夏休み最後の日曜日、えらく混雑する吉祥寺で発見し、5パック購入(これ以上は売ってもらえなかった)。
次に買えるのはいつになるか……。

妄想 2015/08/29
本日発売。

おしまい

スタートから2年半、ほとんどこれにかかりきりで、かなり思い入れも強い作品になった。
もちろん、これまでの作品に思い入れがなかったというわけではないが、たとえば20代の頃を今になって振り返ってみると、いきおいというか、「締め切りが来るから」という外的要因にせっつかれて原稿を書いていた時期もあり、ストーリーのアウトラインや主要キャラの名前さえすぐに思い出せない作品があったりして、たぶん自分が死ぬ前に嬉野秋彦全仕事、みたいに回顧した時、おそらく「やべえ、当時のぼく、仕事が荒い」なんて思うのかもしれない。
でも、少なくともここ5、6年は、自分の作品をちゃんとかえりみることができている。まあ、若いうちは後ろを振り返らないというのはお約束、自分の足跡が気になるのはオッサンになった証拠ということで、ぼくもようやく大人になったんだなあとしみじみ思う四十路のぼく。

おっと、『ポケダン』の発売日までひと月切ってるな。四十路だけど楽しみだぜ。

妄想 2015/08/27
きょうのアニポケ。

・久しぶりに再登場したトロバが完全な変態になっていた。
・ケロムース万能。
・さよならユリーカ(中の人的に)。


それはそれとして、サトシは全720匹のポケモン図鑑をどのくらい埋めているのだろうか。いまさら調べるのも面倒だが、イッシュ地方までのポケモンにはすべて遭遇、目撃しているんじゃないかという気がする。カロス地方のポケモンは、まだ未登場でもこれから出会う可能性があるが、この先もまず出る可能性がないのはポリゴン2とポリゴンZくらいか。

妄想 2015/08/26
いまさらだが。

リム坊につき合って、またもや『仮面ライダー3号』を視聴。
やはり何度観ても、「すべての仮面ライダーは俺が倒す!」とどこかで聞いたことのあるセリフを吐いてBLACKに突っかかっていった挙げ句、乱入してきた3号に釣られてあっさりトライドロンに乗ってどこかへ行ってしまう進兄さんはかなりおかしいし、『4号』だとやたら饒舌なベルトさんが全体的に口数が少ないのも、この手の映画の話作りの難しさを物語っている気がする。
あと、たっくんの立ち位置もずっと不明。
「聞いてくれぇ」
初めて画面に出てきたと思ったら黒井を狙撃して、剛とひと当たりしたら急に興味がなくなったといって戦いをやめる、相変わらず気分屋のたっくん。
「聞いてくれぇ」
さらに、「3号はショッカーのライダーだ」と、おそらく今回のショッカーの作戦の中でもっとも重要な秘密をぽろっと口にしてしまうあたり、何がやりたいのか判らない。好意的に捉えるなら、「洗脳はされていないがなぜかショッカーサイドにおり、しかし途中でショッカーを裏切って重要な情報を剛に伝えた」ということになるのだが。
「聞いてくれぇ」
だとしても、そもそもたっくんがショッカーに肩入れする理由はないし、これといったエピソードもなしにそれを裏切ったり、ラストで進兄さんを助ける理由にはなっていない。
「聞いてくれぇ」
さっきからぼくが乾巧というたびに、リム坊がニヤニヤしながら「聞いてくれぇ」と繰り返す。まあ、何となく察しはつくのだが、いい加減鬱陶しいので聞いてみた。
「……何なのかね、きみは?」
「犬井ヒロシだよ!」
「いぬいつながり?」

グ!

……サムズアップってぇのは、古代ローマで、ちゃんと納得できる行動をした者にだけあたえられるポーズなんだよ、きみィ。

妄想 2015/08/25
何だか急に……。

ぼくにとっては涼しい、すごしやすいといった程度なのだが、おそらく世間的には寒いということになるのだろう。おそらくこの涼しさは9月平均どころではなく、9月下旬並み、みたいなレベルではないかと思うのだが、何はともあれぼくにとっては嬉しいかぎり。これでようやくクーラー生活におさらばできる。

ところで、10月から『孤独のグルメ』新シーズンが始まるらしいのだが、これもしかして、枠が金曜深夜に移動してる?

妄想 2015/08/22
24時間テレビの日。

日中、『フォーゼ×ウィザード』をやっていたので何となく観る。現行の『ドライブ』が終盤に来ているとはいえ、『ウィザード』はほんのふたつ前のライダーのはずなのに、あの「シャバドゥビタッチヘンシ〜ン!」のボイスがメチャクチャ懐かしく感じる。いっそ「ディディディディケイド〜ゥ!」とかのボイスのほうが懐かしくないくらい。
あれ? でもそれは去年『バトライドウォー供戮鬟Ε鵐競蠅垢襪曚匹笋辰討燭擦い?
まあ、あれのおかげで、ちょっと前に出た『ドライブ』のニセamiiboみたいなのを使うゲームにも手を出さずにすんでたわけだが。

それにしても、日テレはいつになったら24時間テレビの枠内で『鉄腕DASH』の総集編とかをやるのかね? 現在のDASH村のこととかも含めてやったら、視聴率もよさそうだしいろいろと問題提起もできそうな気がするんだが……。

妄想 2015/08/21
三茶〜。

いつものようにOLM(の近く)に髪を切りにいく。
さっぱりしてお店を出ると、あいにくのゲリラ豪雨。本当ならすぐにでも帰りたいのだが、きょうはここからバスで碑文谷に向かい、ダイエーのおもちゃ売り場で劇ポケ前売り券についているポケモンを受け取ってこなければならない。何しろあと十日で8月が終わっちゃうしな。

妄想 2015/08/20
きのうの『メンタリスト』。

シーズンとシーズンの間に大きく時間が飛ぶのならまだしも、シーズンのなかばで一気に1年半が経過。いつの間にかリグスビーとヴァンペルトの間にも子供が生まれているみたいで、ああ、このふたりがシーズン6でレギュラーからはずれるといわれていたのはこういうことだったのか、と納得。まあ、ゲスト的な再登場はありそうだけど。
レッド・ジョンがいなくなり、ブレイク機関の話とも無関係になり、ついでにいうと教団込ですごくあとを引きそうだったスタイルズもわりにはあっさり爆死して、今後はカリフォルニアに縛られず、アメリカ全土を舞台にして活躍することになるんだろうけど、確か以前にも、

「シーズン1はどこかの街の警察として活躍してた主人公たちが、シーズン2になったら急にチームごとFBIに引き抜かれて活躍の舞台が1ステージ上がった」

っていう海外ドラマ、なかったっけ?

妄想 2015/08/18
きょうは某社の編集さんと打ち合わせ。

それとは関係ないが、すでに書影が公開されているので。

おしまい

月末発売。

妄想 2015/08/16
自宅で劇ポケ。

テレビで『ラティラティ』がやっていたので観る。たぶんこれは、歴代映画の中でも一番興行収入の悪かった映画だったと記憶している。そもそも最初の『ミュウツー』がすごく売れてしまったために、毎年映画をやる流れになってしまって、しかし加熱しすぎたブームが落ち着くにつれて興収も右肩下がりになり、それが行くところまで行ったのが無印最終作となるこれなんだと思う。
この年まで『劇場版ポケットモンスター』だったのが、翌年から『劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション』になり、確かテレビアニメのほうも、この年の秋の『RS』発売に合わせて『AG』の放送がスタートしたような気がする(そしてこの時、少しアニポケから離れつつあったぼくも、リム坊といっしょにまた毎週欠かさず観るような生活に戻った)。

翌年の『ジラーチ』からは、もはやお馴染みとなった「前売りについている引換券でレアなポケモンがもらえる」という商法が確立し、興収も持ち直したため、いまだに『ラティラティ』が一番売れなかった映画あつかいをされているのだが、個人的にはとても好きな映画である。
今やっている『フーパ』が、最低ラインを更新しそうないきおいらしいのだが、まあ、何だ……うん。
二日続けて愚痴はいうまい。

そういやきょうはアンディ・ボガードの誕生日らしいぜ!

妄想 2015/08/15
アニポケ劇場版。

まー、オッサンが何いっても仕方ないんだが、やはり短編を同時上映するくらいなら、そのぶん長編の尺を伸ばしてみんなに見せ場をあげてほしい。
今年はまだサトシがラティにまたがって活躍してくれたけど、セレナやシトロンがポケモンを引率する先生みたいな役どころで、今ひとつぱっとしない。
あと、伝説祭りってアピールしてたけど、実際に見てみると、何かもう安っぽく感じるし、たとえば来年はジガルデさんの出番なんだろうけど、うっかりすると伝説1匹で迫力不足、みたいな印象を持たれかねないのが不安。
あとはまあ、愚痴。
続きを読む >>

妄想 2015/08/13
きのうの『メンタリスト』。

うーん……。
本当にこれでレッド・ジョン絡みの問題にはケリがついたのだろうか? 途中で邪魔しに割り込んできた女が何だかしれっと逃亡しているらしいのも気になるし、これまで超人的ともいえる洞察力(?)やカリスマ性を発揮したにしては、最後にのこのこ本人が出てきてジェーンに裏をかかれて撃たれてしまったり、まあ、あれが本人だとすればの話だが。

そしてきょうのアニポケ。
ハリマロンはやっぱりカス、ケロムースは万能、というのをあらためて見せつけられた回。

妄想 2015/08/12
きょうの勇者少女。

リム坊「わたしって、ポケモンにたとえると何かな〜?」
ぼく「ナマケロ」
リ「なまけてないから! もっと可愛いのがいい!」
ぼ「じゃあミズゴロウ」
リ「それはさすがに可愛すぎだよ〜♪ でもミズゴロウか〜。ミジュミジュ! なーんて」
ぼ「それミズゴロウちゃう、ミジュマルや」


そんなオチがついて数時間後。

リ「……ミズゴロウって何て鳴くんだっけ?」
ぼ「ガヤガヤ」
リ「は!? どうして!?」
ぼ「アニメのミズゴロウはばらやんがアフレコしているのだが、彼女がまるでうがいをしているかのように『ゴロゴロ!』としゃべると『ガヤガヤ!』と聞こえるのだよ」
リ「いわれてみればそうだったか……」
ぼ「判ったかね、かもかもちゃん」
リ「かもかもちゃん? 何それ?」
ぼ「おまえ、『AG』が一番好きっていってたの嘘だろ。ハルカの口癖もミズゴロウの鳴き声も覚えてねえじゃねえか」

妄想 2015/08/10
うぐぐ……。

最近腰が痛い。職業柄、どうやっても肩や腰が痛くなるのは仕方ないのだが、ぼくの場合、定期的に腰に強烈なのが来る。立った状態で何かを拾おうとするとか、要はギックリ来る時のようなポーズを取ると、腰に針を刺したような痛みが走るのである。別に何も掴んでなくても、単にその姿勢を取っただけで。
というような状態に、半年に1回くらいおちいるのだが、今回それがやや長く続いているので、近くの整体へ。
ここはリム坊が以前お世話になったことがある整体で、保険が利くため、マッサージ10分+電気ジビジビ10分+マイクロ波10分で550円しかかからない。正直、駅前の某10分マッサージなんかよりよほどお得なのである。
ということで、このところそこに通っている。だいたい中二日くらい(毎日通ってぎっちりもまれると、さすがに痛すぎる)。
これで少し楽になるといいのだが。

妄想 2015/08/09
あーあ。

正直、もう東アジアカップはどうでもいい。せっかくだからぼくはファミ劇のオカルト特集を観るぜ!
というか、その一環で『リング』シリーズを毎晩観ているのだが、やはり一番ぐっと来るのは第1作目。アメリカでのリメイク版は……正直、サイモン・ベイカーが顔ゆがませて死んでたのしか覚えてないが。

そのサイモン・ベイカー演じるところのパトリック・ジェーン、本当に次でレッド・ジョンを倒せるのだろうか。今シーズンに入ってから急に、警察内部にすごい巨大組織(=ブレイク機関)があって――みたいな展開になってきたけど、何だかなあ、という気もする。
これまでのレッド・ジョンの潜在的な権力というのは、悪のカリスマによって作り出した命も惜しまない崇拝者を、予想もしないところに多数ひそませていることから来るものだったのだが、それがブレイク機関という設定の登場で、唐突にふつうの犯罪組織のトップになってしまった気がする(少なくともこのところ登場していた敵というのは、欲のために動く単なる犯罪者で、レッド・ジョンの崇拝者ではないから)。
そのへん、どうケリをつけるのか。

妄想 2015/08/08
早くも開幕。

まだお盆前だというのに、イングランドでは早くも15-16シーズンが開幕。我がスパーズは初っぱなからマンUと激突なわけだが、正直、チームに誰が残って誰が出ていったのか、誰が加入したのかよく判らん。例年になく積極的な補強をしたようだが、何だかもう3年前のスパーズがどんなチームだったか思い出せないくらいに別チームな感じ。
ていうか、アウディカップ観ても、このチームが快進撃する未来が想像つかない。たぶん開幕戦も負けてスタートなのだろう。

日本のJリーグはとっくに2ndステージ。個人的には、地味に広島が2ndステージ優勝+年間チャンピオンになるのではと予想。
あと、『ライダー』は朝一番に観てきた。

妄想 2015/08/07
はてさて。

例の件について、いろいろと思うところはあるのだが、詳しい状況が何も判らないので何ともいえない。
ただ、向こうの人たちはパチスロなんてやらないだろうし、だとすれば純粋にゲームコンテンツ、キャラクター資産が目的だろうから、そこを拡充させたいのであれば、新作も……作るかなあ、作らないかなあ?
もう10年くらい前だけど、あっちでは社ザキ武神みたいな「ぐだぐだいう前にとりあえず殴っとけ!」みたいなキャラが好まれると聞いたことがあるので、何かやってくれると嬉しいのだが、こればかりは……。

まったく関係ないけど、来年は『餓狼』25周年なのか。

妄想 2015/08/06
暑い……。

こうまで暑いと何もする気がなくなるわけだが、その一方、あまりクーラーの冷気に当たりすぎると頭痛を起こすぼくとしては、汗だくになりつつも死なない程度に冷やす、というのが妥協点。
こうなるともう、あまり寒すぎないどこかの公共施設で姿勢よくお座りして仕事がしたいなんて思ってしまう。腰への負担も減るし。
それともアレか、ネットカフェみたいなところで仕事してみるか。あそこなら飲み物もあるし、パソコンであれこれ調べ放題だし。
問題は、誘惑が多すぎて集中できなさそうということだが。

妄想 2015/08/04
忙中閑あり。

『くろの』が片づいたので、某社の原稿に戻る。これももちろんシリーズ化を目指してかりかりと執筆しているのだが、そんな忙しさの中にもぽっかりと暇な時間があったりして、そういう時には仕事と関係ないことで字を書くことにしている。好きなゲームの二次創作のネタを考えたり、同人誌用の原稿を書いたり。
これは、執筆という作業を嫌いにならないために必要なことなのである。いくらごはんが好きでもごはんばっかり食っていられぬ、たまにはカツ丼や牛丼が食いたい! みたいな。

妄想 2015/08/03
むふー。

『くろの』再校完了。あとがきもほぼ終わっているので、これでもうこのシリーズでやるべきことはイラストのチェックくらい。シリーズをスタートさせる時もたいへんだが、メンタル的には、「あー、終わっちゃうんだー」というのかあるフィニッシュの時のほうがきつい。
『戦争妖精』の終わりの時にはドクター真木の「よき終わりを」というのを意識しなきゃ、とか思っていたのだが、昨今のラノベ業界を見渡してみると、そんなことをのうのうといっていられるのであれば、それはとてもめぐまれたシリーズなのではないか。
まあ、ぼくはつねに終わり方からシリーズを考えるので、それなりに続けば満足のいく終わりにはなるのだが。

妄想 2015/08/02
ああ、ダメなヤツだ、これ。

東アジアカップ初戦。
そもそも「何の罰ゲームだ?」といいたくなるようなこの4か国総当たり戦による大会。そもそも東アジアカップは、アジアカップよりも大会としてのグレードがかなり低い。そのため、海外組を呼びたくても呼べない事情があり(FIFAの規定とかね、いろいろあるのよ)、結果として国内組主体のチームで参戦するのが既定路線のようになっている。
実際、前回は国内組主体であっさり優勝し、「柿谷すげえ、さすがジーニアス!」みたいな印象を残して終わったわけだが、やはり今回も海外組は呼べずに国内組による参戦となった(というか、プレミアはもう1週間後には開幕だしな)。

で、北朝鮮との初戦。
個人的には、中国、韓国、北朝鮮の中では、北朝鮮が一番強いとは思う。資金力が反映される最新式のトレーニングがあまりできないとか、レベルアップ目的の対外試合が組みにくいとか、そういうマイナス面はあるにしても、何しろあの国でどうにか這い上がろうとする選手たちのハングリーさ、精神的なタフさは、たぶん日本人には一生理解できまい。そういうメンタルな部分で、北朝鮮が一番厄介な敵だと思っていたら、何だかぬるりと負けた。
……何だろう、いつもの海外組からがらりと入れ替わった国内組であるにもかかわらず、これは調子が悪い時の日本代表の戦い方そのままのような気がする。序盤で先制したのはいいが、追加点が取れずにだらだらと時間だけがすぎ、最終的には逆転されておしまい、みたいな。このぐだぐだっぷりは、メンツこそ違えど、確かに日本代表のそれである。
いかに日本が国内組主体――2軍がいいすぎなら1.5軍というべきか、レギュラー当確組の多くが不在のチームとはいえ、ここで勝てないというのは非常に不安。
ここで逆転負けするようだと、残りの2試合も勝てんだろ。