Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< December 2015 >>
Category
Archives
Web拍手

↑クリックすると↑
web拍手が送れます
妄想 2015/12/30
あー……。

もういいや、いっちまえ! と思ってきのうはいろいろいったが、これでもうあの会社からの仕事はないな。
まあいいけど。
で、今になって大事なことを思い出した。
まだ年賀状を1枚も書いてない。

とりあえず、来年もよろしく!

妄想 2015/12/28
もうすぐ正月。

幸か不幸か、ウチにいる人間はおせちの重箱に入っているメニューにはほとんど箸が動かないたちなので(代わりにカマボコを異様に食べる)、そういう意味での準備はほとんどない。ぼくも今度の正月にはあまり餅を食わないという誓いを立てたしな。

振り返ってみると、今年は出るはずだった本が2冊ほど出ないことになり、特に夏以降の予定が大きく狂うことになって焦ったりもしたが、まあ、すぎたことをあれこれいっても仕方がないので、心機一転、来年もがんばろう。
というようなことを考える年末を20年以上も繰り返しているぼく。

妄想 2015/12/27
ぎゃああああ!

2DS、クリアイエローがアマでもう完売ってどういうことよ!? おのれ、許さんぞ、ロケット団!

まあそれはそれとして、ふと思ったんだけど、ハートもブレンもメデイックも、人間態からロイミュードに直接変身できるのに、どうしてチェイスはブレイクガンナーをガチャってやらなきゃ変身できないんだっけ? 理由説明されてた?

妄想 2015/12/25
来年の劇団☆新感線春公演、チケット確保。

きょうは1225、ビリー、ロバやん、そして忍びなれども忍べない、派手に目張りまで入れた如月影二の誕生日ということで、もうひとつのサイトのほうに二次小説をアップ。

妄想 2015/12/24
世間はクリスマスイブ。

そんなこととは無関係に、きょうのアニポケ。思えば、正月にアニポケも、現実世界のクリスマスだのお正月だのには無関係に時間が流れていくのであった。かろうじてハロウィンらしきイベントがあるけど、あれはゴーストポケモン絡みだしな。
でまあ、今回ついにゲコガシラがゲッコウガに進化し、さらにサトシンカまで果たしたわけだが、どうやらこの状態でゲッコウガがダメージを受けると、サトシにまでその余波が来るという設定らしい。さながらブーメラン効果のようだが、よくよく考えると、これは『プラレス三四郎』だな。

ていうか、毎年のように伝ポケ出して「やめてくれぇ〜!」って叫ぶばかりの劇場版より、こういう、サトシたちが力を合わせて悪と戦う(場合によってはロケット団も協力する)展開のほうが、観ててウキウキするような気がするのだが、いかがか。

妄想 2015/12/22
公式サイトの刊行予定に載ったので。

来年2月末にファミ通文庫で新シリーズがスタートする。まだタイトルも仮のものなので、内容に触れるのはやめておくが、ひとまずはご報告。
『ダンジョン・サーベイヤー(仮)』というのがそれ。何となく察してくだされや。

妄想 2015/12/21
きょうはキム大先生の誕生日。

ということで、Twitterで荒ぶったアレを別のブログのほうでまとめておくことにする。

キリッ

妄想 2015/12/20
きょうの『ポケんち』。

視聴者とのポケモンバトルに出てきた10歳の女の子が、好きなポケモンにガブリアスとファイアローを挙げていて軽く戦慄した。いっしょに出てきた弟くんたちは、ディアルガとかギラティナとか、いかにも強そうな伝ポケが好きだというのに、ひとつ年上のこの少女がいきなりガチな厨ポケ好きというのは、何か深いわけでもあるのかと思って観ていたら、どうやら父親が廃人だったらしい。実際に繰り出してきたファイアローも、「おとうさんがタマゴから孵してくれた」とかいう色ファイアローだったしな。

妄想 2015/12/18
うーん……。

最近、我が家ではお昼ちょい前くらいの時間帯に、歌謡ポップスチャンネルを流すことにしている。いわゆる歌謡曲と演歌に特化したチャンネルで、ここで発表されるランキングも、当然それに特化している。なので、世間一般のランキングとはまったく違う。
でまあ、最近その演歌のランキングで、氷川きよしの「愛しのテキーロ」という曲がよくかかるわけだが、「テキーロ! テキーロ!」と連呼する内容なのに、その一方で「十六夜時雨〜」とかいう字面の歌詞が挿入されるこの感じは、「烈風拳! 疾風拳! 邪影拳!」と連呼しながら不意に「デッドリィレーイ!」と殺しにかかってくるギースさまのそれに似ている。

それはそれとして、『ビッグバン・セオリー』のシーズン7、もう終わってしまって哀しい。

妄想 2015/12/17
きのう観てきた劇場版『ライダー』。

これまでの『仮面ライダー×仮面ライダー』は、ほぼ無関係のエピソードを2本流して、最後にどうにかふたつをつなげるという強引な手法を取っていて、個人的にはそれがあまり好きではなかったのだが、今回はテレビ版での絡みがすでにあったせいか、最初から両ライダーががっつり協力して戦う展開になっていて、その点では非常に満足。
ただ、テレビのほうでは直前までタケルへの敵対心剥き出しだったマコト兄ちゃんが、映画だとやたら協力的なのと、またぞろ歴史改変ネタだったのが気になった。『電王』、『ディケイド』以降、劇場版で歴史改変、タイムスリップネタがあまりに目につくので、食傷気味といえば食傷気味。
ただ、進にいさんと霧子がきちんと結婚式を挙げてくれたのはよかった(教会でのキリスト教式の結婚式に袈裟姿で参列する御成は非常識のような気もするが……)。

妄想 2015/12/16
朝からダイレクト。

『スマブラ』にベヨネッタが参戦というニュースを聞いて、「そういえば『ベヨ2』を買ってしばらく遊んでいたけど、おまけでついていた『ベヨ1』は起動もしなかったなあ」ということを思い出し、気まぐれのようにプレイ(ぼくはもともと360で遊んでいた)。
で、WiiU版のメリットといえば、最初から複数の特殊コスチュームで遊べる点。そのコスチュームというのが、ピーチ姫にデイジー、リンク、サムスのコスプレなのだが、ためしにサムスコスに着替えてみると、エラくつやつやしている。あのチョウゾ製のパワードスーツが異様にてらてらぬるぬると輝いているのである。
「こりゃすげえ!」としばらくそのままでプレイしてみたが、このコスチュームだと大魔獣召喚時に脱がないという致命的な欠点が発覚(本来のベヨさまの服は自前の髪が変化したもので、魔獣もその髪を使って召喚するため、大物を呼ぶ際は下着姿になる)。
すぐさま通常コスに戻したぼくを、隣で冷ややかな目で見つめるリム坊……。

さて、『ライダー』を観てこようか。

妄想 2015/12/14
いざ!

いろちがいディアンシーの配布が始まっているので、年末の忙しい時期に突入する前にもらいに行く。といっても、さすがに池袋のポケセンまで行くのは面倒なので、東京駅のポケモンストア+ラーメンストリートという流れ。
このところすごいいきおいでいろちがいポケモンの配布がおこなわれているのだが、これは何か新作が出るとかそういうことの前触れだったりするのか、あるいは無関係なのか。

妄想 2015/12/12
へへっ……燃えたろ?

12月12日は草薙京の誕生日。5月5日が大門、6月6日が紅丸の誕生日であるのと同じように、これはもはや世界(=NEOGEO界)の常識である。
ということで、Twitterで生誕祭をことほいでみた。詳細はのちのち別のブログのほうでまとめる予定。

えへへ

妄想 2015/12/10
CWC初戦。

オセアニアという地域は、ラグビーは強いがサッカー不毛の地で、W杯でも0.5枠しかもらえぬような地域である。どんなにがんばっても南米との大陸間プレーオフに勝たなければ本大会に出られない。オーストラリアが越境してオセアニアからアジアのサッカー協会に所属を移したのは、強い競争相手がごろごろいて、予選突破は難しくなるけど、それでも南米相手のプレーオフがないだけまし、という判断をしたからだろう。

で、そのオセアニア代表のオークランドシティと、開催国日本代表、サンフレッチェ広島の一戦。
オークランドシティはニュージーランドのクラブで、おそらくだが、ナショナルチームより確実に強い。思うに、ニュージーランドのフィジカルエリートのほとんどはラグビーに行ってしまうのでサッカーで代表になろうという人間は、ごく少数派なのだろう。
だが、クラブチームの場合は外国人枠というものがあって、このオークランドシティも、南米や日本から来た助っ人外国人が非常に多く、要するに、想像以上に強い。特にCWCにはかなりのモチベーションをもってかかってくることで知られているので、ついこの前までチャンピオンシップをしていて疲労の抜けきらない広島にとってはやはり難敵といえる。

で、実際に試合を観てみたら、一番の難敵はやっぱり過密日程だったという……もう少し休養期間があれば、あんなに簡単に負傷しなかっただろうな、とは思う。もちろん冷たい雨のせいもあるだろうが、自国開催というのがまったくアドバンテージにならないJリーグ王者のあの日程をどうにかしてやれなかったのか、協会は。

妄想 2015/12/09
あしたはCWC初戦。

それに合わせたということはまったくありえないのだが、横河電気のサッカーチームの名称が、東京武蔵野シティフットボールクラブに変更されることになったらしい。現在は横河武蔵野FCというクラブ名で、そこから横河という企業名をはずすことが決まったというお話。
このクラブが所属しているリーグはアマチュアのJFLで(ゴンが現役復帰したアスルクラロ沼津もここでプレーしている)、ここで戦い続けるのなら、名称変更をする必要性は特にない。ただ、このクラブは近い将来にプロ化することを前提に、Jリーグ機構に申請しているので、クラブ名変更もそれにともなうものなのだろう。Jリーグはプロ野球と違って、チーム名に企業名が入っちゃいけない決まりになっているからである。

デビュー直後、ぼくが初めて武蔵野市に越してきて住んでいたマンションが、横河電気のすぐ隣で、それこそ横河グラウンドから歩いて30秒くらいのところだった。そういう意味でも、もしこのクラブがJリーグに上がってくれればとても嬉しいのだが、主催試合で1000人集められない今の状況では、J3への加盟要件をしばらくは満たせないのではなかろうか(平均観客数が2000人を超えていないとダメ)。

妄想 2015/12/08
むふっ!

『KOF14』の続報が来てからどうも落ち着かない。プレイ動画を見るかぎり、これまでと同じような感覚で遊べるようだし、ポリゴン化に対するアレルギーはあまりないだろう(『13』の時にあんなに風呂敷広げてたけどな)。
ただ、プラットフォームがいきなりPS4というのは、開発費をペイするにはハードルが高いんじゃないかとかどうとか、余計なことを考えたくもなるのだが、それ以前に我が家にはPS4がないので、まずはそこをクリアしなければなるまい。

でも、ポータブックもちょっと欲しい気がする……たぶんあんまり活用できないとは思うのだが、何となくあのおもちゃっぽいところに心を惹かれる……。

妄想 2015/12/06
むふう……!

未明から『KOF14』関連の情報がたくさん。とりあえず、

・クーラが可愛い。
・50キャラいる。
・新章スタート。
・クーラが可愛い。


ということは決まっているようだが、肝心の新主人公が出てこないところを見ると、新章といっても京が主人公のままなのか。
そもそもお祭りバージョン以外で50キャラもそろえてきた作品は今までにない。おそらく『2001』がボスまで含めて42人くらいだったと思うが、それを大きく上回る数で新章をスタートさせてしまったら、完結させる時には何人いればユーザーが納得するのか。
ただ、細かいことをあれこれ言う以前に、明らかにまだ作りかけという感じがするので、無限の可能性を感じつつも、続報に期待しているぼくがいる。

……ところで、このキャラを借りて『MI』の続きを作るってわけにはいかないの?

妄想 2015/12/05
J1チャンピオンシップ。

結果的に、ぼくが2ndステージ開幕直後に予想した通りの結果になってしまった。視聴率や観客動員の面では、確かに2ステージ制にしたほうがよかったらしいが、今年だけ微増で来年以降また下がっていくのでは意味がないし、そもそもこれだと、がんばって優勝した広島の負担があまりに大きすぎはしないか。広島はこのあとCWCで地獄のような短いスパンで試合をこなさなければならない上に、確かまだ天皇杯が残っているのではないのか。
優勝チームがこんな過酷な思いをして、そのわりにクラブがさほど潤わないようなシステムでは、ACLに勝てないのも無理はない。そろそろ放映権料の問題をどうにかしたほうがいいのではないか。

あと、広島市はいい加減サンフレッチェに新スタ作ってあげてください。あんな山奥にあってそこそこ観客集めてるのなら、もっと交通の便がいい場所ならもっと集客できるから!

妄想 2015/12/04
え?

鬼軍曹マガトが鳥栖の監督に就任するという噂が流れているが、おそらくマガトは、サガン鳥栖をユヴェントスもしくはサントスのサテライトチームだと勘違いしているに違いない。

ということで、ぼくは『ポケモンピクロス』をやる。

妄想 2015/12/02
アメリカ人のビリーバーのアヌンナキ好きは異常。

エイリアンによるアブダクションの報告例は圧倒的にアメリカが多い。
かなしばりによる心霊体験の報告例は圧倒的に日本が多い。
それは、どちらも特殊な睡眠時における一種の幻覚(夢)によるものだといわれると、確かにそうなのだろうと納得できる。身体を自由に動かせないくらいに肉体は眠っているが、意識はほどほどに覚醒している――という状況で、アメリカ人は「エイリアンの仕業だ!」と思い込むが、日本人は「霊の仕業だ!」と思い込む。それは単なる文化的な相違であって、当人に起こっている現象はまったく同じという――。
そもそもUFOとか宇宙人とかいう概念が広まる以前、アブダクションと思われる事件の報告がどれだけあったのか怪しいもんである。

いや、アメリカでは無責任に『古代の宇宙人』なんてものを放送する一方で、それが間違いだと科学的に検証する番組もばんばん流すんで、それがうらやましいなというお話。

妄想 2015/12/01
『サムスピ』の話。

この前の『斬サム』の影響というわけではないが、いまさらのように『閃サム』のサイトを見たり、ゲームを起動したりして、ふと、やはりぼくが思う覇王丸はここにはいないんだな、と感じた。
軽く否定的なのでどうしてもという人だけ続きをどうぞ。
続きを読む >>