Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829     
<< February 2016 >>
Category
Archives
Web拍手

↑クリックすると↑
web拍手が送れます
妄想 2016/02/27
わっはぁ!

日付が変わると同時に、おそらく全世界に向けて「ポケモンダイレクト」配信。ある程度予想されていたように、第7世代完全新作『ポケットモンスターサン&ムーン』が正式に発表された。
今のところ、2016年冬発売ということしか決まっていないらしいが、よそのメーカーが2016年冬=クリスマスシーズンというところを、任天堂はそれよりひと月早くから年末に向けて攻勢をかけてくるのがつねなので、おそらく11月下旬、ここ何年かあえて土曜日に発売するパターンが続いているので、11月19日、あるいは27日発売ではなかろうか。
などと勝手な想像をめぐらせながら朝を迎えると、こやつが届いた。

ふふふ

うはははははは! これは『メトロイドピンボール』専用機にする!

妄想 2016/02/25
本日発売。

剣

ひさびさの新刊であると同時にぼくの初めてのMF作品、『剣魔剣奏剣聖剣舞』、発売中。

妄想 2016/02/24
クリア。

未明、『真F』クリア。
終盤まで本当にいいテンポでさくさく進んできたのに、ラストダンジョンだけがいきなり謎の複雑さでゲンナリ。それでもどうにか攻略サイトなどには頼らずクリアはしたものの、たぶん取り残した宝箱がたくさんある。
何でこういうことをするのか理解に苦しむ。中盤から終盤にかけて、じりじりとダンジョンの難易度が上がっていくならまだ判るのだが、ひとつ手前のダンジョンでさえ、マッピング不要のわりと単純な構造だったので、それとの落差があまりに大きすぎた。ワープポイントで接続された無数のフロアに、会話で仲魔にならない敵がうじゃうじゃと出てくる。結果、テンション下がりまくり。

とはいうものの、全体としてはケチをつけるポイントがこのくらいしかないのも事実。全体の雰囲気は、ぼくは『旧約供戮筺愎伸供戮剖瓩い發里魎兇犬拭BGMもよい感じ。ぼくがある時期を境に『ペルソナ』から離れていってしまったのは、あちらでは悪魔が人間に付随するものというあつかわれ方であり、悪魔好きのぼくにはあまりなじめなかったからだが、こちらはしっかり悪魔は悪魔、宗教的、文化的な対立が描かれていてよかった。
できることならこういう路線で『后戮鬚願いしたい。

ということで、さーて、2週目2週目。

妄想 2016/02/22
ピリオドの彼方へ!

先日オープンしたポケモンセンターオンラインでさっそく買い物をしてみたところ、オープン記念キャンペーンで特別なポケモンがもらえるDLコードがついていた。

ピカビー

おおお! 見よ! このピカチュウは空も飛べるし波にも乗れる!
ポケバンクの仕様上、ぼくが旧世代で持っていたそらとぶピカチュウとなみのりピカチュウは現世代には持ってこられなかったのだが、それが今、こうしてよみがえったのだ!

まあ、使わないけどね。観賞用。

妄想 2016/02/21
日曜の昼間から。

ひさびさに吉祥寺のハモニカ横丁へ。
まあ、何をするということもないのだが、このところ仕事が詰まっていてほとんど自宅にこもりきり、外出するのは食料の買い出しの時だけ、みたいな暮らしをしいられてきたので、天気のいい日くらいはよかろう。

モッツ・ミングローブ

とかいっていたら、気づけばこんなことに……。

ところで『真F』、ふつう難易度で進めていたら、おそらくラストダンジョンに突入したところだと思うのだが、エンディング前に主人公がレベルカンスト。仕方がないのであまっていた各種の香(パラメータが上昇する)でさらにドーピングしたところ、何だかもう葛城史人か人修羅みたいな感じに……。
まあ、これだけストレスなく遊べるなら、すぐに2週目やると思うので、さくっとクリアしてしまおう。

妄想 2016/02/20
見本到着!

ぐわし!

発売日には差があるものの、両方揃った。

妄想 2016/02/19
ほほう。

日中、スパドラを見ていて珍しい放送事故に遭遇。
きょうの正午から、毎日2話連続で、『クリミナル・マインド』シーズン7のキャッチアップが始まったのだが、事故が発生したのはその2本目、要するにシーズン7第2話の、ちょうど30分が経過した頃のCM明け。
もう何度かこのシリーズは観ているので、仕事のかたわら、ながら視聴をしていたところ、CM明けからなぜか話が合わない。おかしいと思ってよくよく画面を見ていると、1時間前とまったく同じシーンが展開している。要するに、第2話の後半が放送されるべきタイミングで、第1話の後半がふたたび放送されてしまっているのである。
ぼくがまだガキだった頃、『サムライトルーパー』が2週続けて同じエピソードを放送してしまったということがあったが、まさかあれと同じような放送事故がこの21世紀に起こるとは思わず、しばらくぽかんとしてしまった。

妄想 2016/02/18
きょうのアニポケ。

何だかアニポケらしくない、荒野を緑地に変えようとするロボット(すでにこの世にはいない博士の遺志を受け継いでいる)と、ブリガロンの心の交流を描くエピソード……っていうと、アレだ、手塚作品にありそう。『火の鳥』とか。
それはそれとして、イチガヤ研究所って、何だか霊的防衛兵器とかを開発してそうな名前だな。

妄想 2016/02/17
いつもと少し違うお仕事。

ひさびさに角川城下町、飯田橋へ。きょうはMFの編集部にお邪魔して、『剣魔剣聖剣奏剣舞』にサインするという一種の荒行をおこなう。
何しろ数が多い。216冊。そこに全部ぼくのサインを入れて、さらにハンコを押すという地味な作業を続けること数時間。

ずらり。

もう当分はサインを書きたくないでござる!

妄想 2016/02/15
コンゴトモヨロシク……。

仕事のほうでひと息ついたので、買ってしばらく放置していた『真・女神転生FINAL』をプレイ。やっぱり『メガテン』は面白い。特に今回は、『真検戮納蠅瞭呂なかったかゆいところに手が届く調整がなされているようなので、そこも楽しみである。
実際、いっさい事前情報を収集せず、雑誌の攻略記事もネットの情報も遮断してプレイしているが、それでも詰まったりしないでさくさく進むのが気持ちいい。ダンジョンもさほど複雑じゃないし。LとCの分岐条件がやや気になるが、初回はこのままプレイしよう。

ところで、デモシーンのボイス、YHVHの部分をぼやかすように消してるのは何かに配慮してるのか? それとも神の名はみだりに口にすべからずというのを演出として表現してるのか。

妄想 2016/02/14
ジュウオウジャー!

きょうから新戦隊。胸にでっかくリアルなケダモノの顔が描いてあるというあのデザインが、全国のよい子たちに受け入れられるかどうかはともかく、今年はロボが面白そう。明らかに『マインクラフト』を意識したキューブモチーフのワールドデザインなのだろうが、あのシンプルさでこの先登場するメカ軍をどう見せていくか興味深い。
ただ、どう考えても、大空、密林、荒海、雪原の王者! っていってるところに、ひとりだけ「サバンナの王者!」っていってるライオンが気になる。「草原の王者!」じゃダメなのか。
あと、これから追加される新メンバーも、ホントに「〜の王者」で揃えられるわけ?

あと、『真田丸』に斬鬼さん出た。

妄想 2016/02/12
すげえ。

早朝、市川昆の実写版『火の鳥』を観る。実際に通して観たのは実は初めて。『真田丸』で話題の美の壺こと草刈正雄が天弓彦役で日本人離れしたイケメンぶりを発揮しているのだが、それ以上に驚きなのは、主人公のナギを演じていたのが子役時代の尾美としのり。ほんとに子供。
そして次々に繰り出される原作そのままの演出方法。実写で難しいと思われるシーン(ナギが盆地でオオカミの群れを弓矢で迎え撃つ特訓シーンとか)は、容赦なくアニメを合成するという『バンパイヤ』方式を見て、すごいフリーダムさを感じた。
邦画にしてはかなり尺が長いのだが、これは原作をほぼそのままなぞっているからだろう。後半からオリジナル展開が増えてくるが、それでもトータルで見てとても面白い。原作が面白いんだから当たり前だが、まあ、今観るとキャスティングが一番面白いかも。

妄想 2016/02/11
アニポケ。

ついにロケット団とフレア団が激突! よくよく考えると、アニメでロケット団(というかムサコジ)がほかの組織と正面切って戦うというシチュエーションはそう多くない。なので、こういう時くらい、ムサコジのピンチに、ヤマトとコサブロウが助っ人に現れるとか、そんな展開もいいのにと思ってしまう。
ところでこの展開だと、『最強メガシンカ』ではあんまり強そうに見えなかったアランのメガリザが、何だか異様に強そうに思えるから不思議だな。確かにメガリザ強いけど、実際に両者が激突したら、メガリザXのドラゴンクロー→意外にカタくてジガルデさんどうにか耐える→ジガルデさんのグランドフォース→こうかばつぐんでメガリザX落ちる、みたいな展開になりそうだが。
っていうか、そもそもマニューラのこおりのつぶてとかれいとうパンチで一発じゃないの?

妄想 2016/02/09
ポケモンパン地獄。

今年もポケモンスクラップ(というキャンペーン)がスタート。おかげで毎日のようにポケモンパンを食べているわけだが、なぜかぼくの生活圏で手に入るのはイチゴクリーム味だけで、ツナパンはいっさい見かけない。おかげでこの甘いパンを繰り返し食べなければならない、ある意味地獄。これはポケモンふりかけなどに逃れる必要がでてくるやもしれぬ……。

そこまでしても隠れ特性の三鳥が欲しいのよ。

妄想 2016/02/07
きのうは『DBZ』の映画をWOWOWでやっていた。

「亀仙人も本気を出せばこのくらいやれるんですよ」という鳥山明の発言は、いくら何でも無理があるというのを再確認。
戦闘力60万のヤムチャや50万のチャオズがついてこられないような戦いに、戦闘力が139しかない亀仙人がなぜさも当たり前のような顔をして加わっているのか。いまだに武空術が使えない時点で、ピッコロ戦以降修行していないのは明白なのに。
あと、ブゥが眠りに就いてるのはいいとして、あんな腑抜けた悟飯を連れてくるくらいなら、ゴテンクスを連れてきたほうがやっぱりよかったんじゃないか。

そしてきょうは『ニンニンジャー』最終回。
結局、『キョウリュウ』はもちろん『トッキュウ』ほども乗り切れずに終わった。メンバー6人のサイドに、クライマックスへ向けて燃える要素が足りなかったのではないかという気もするが、よく判らない。『ゴーバス』や『トッキュウ』ではレッドの身体にあれこれ起こってもうひとつ盛り上げポイントを作っていたし、『キョウリュウ』では各メンバーにそれぞれ因縁のある敵幹部がいて、そいつらとの決着のつけ方がうまかった。
それらとくらべると『ニンニン』は、ラストニンジャになるという漠然とした目標があるだけで、それももう途中から、「6人とも祖父とは別の道を進むんだろ?」というのが透けて見えていたため、個人的にあまり盛り上がれなかったのかもしれない。
っていうか、レッドが何も考えてないようでホントに何も考えてないまま終わったし、ロボもあんまりカッコよくなかったしな。

妄想 2016/02/05
特設サイト!

今月末に、MF文庫Jとファミ通文庫で新刊が出るということで、合同特設サイトを作ってもらった。ぼくは何ひとつ苦労をしていないのだが、こうして完成したものを見ると感無量である。
その満足感を胸に、ぶりの刺身と豚汁でゆうごはんとするぼく。
うまし!

http://bc.mediafactory.jp/bunkoj/ureshinoworld/

妄想 2016/02/04
短い!

『名探偵ピカチュウ』をプレイ。いざやってみると、ほんの数時間で終わってしまうくらいの尺なのだが、明らかに続編アリの終わり方なのでそれもやむなしか。そういえばそもそもサブタイトルが「名コンビ誕生」だしな。まさにシリーズ第1弾という感じ。
ただ、開始直後にすぐ「行方不明のオヤジって、絶対ピカチュウの身体に乗り移ってるだろ」と判ってしまうのがどうにも……。

それはそうと、きょうのアニポケ。
さすがに今のサトシンカゲッコウガではメガリザには勝てないということなんだろう。まあ、ここであっさりゲッコウガに負けてしまうと、ホントにアランが精神崩壊を起こしてしまうので、初戦くらいは花を持たせてやるのも悪くない。

妄想 2016/02/03
きのうの『ナイトシフト2』。

シーズン1が、TCはトラウマで錯乱、トファーは銃で撃たれ、ジョーダンは誤診で犯罪者を死なせ、ラゴーサはガン発覚という、「何このやり逃げ?」みたいな終わり方だったので、シリーズ自体が打ち切りではないのかとヒヤヒヤしていたのだが、何だかもう何ごともなかった、みたいに始まったので拍子抜け。
でも、ひと晩の間にこれでもかというくらい面倒な患者が担ぎ込まれてくるのは相変わらずなので、それを追いかけているだけでも面白い。
ただ、これもまた1クールで終わっちゃうんじゃないかという不安がぬぐえないのはなぜだろう?

そしてきょうの『相棒』。
……このコンビ、本当に「売れてないけど実力のあるコンビ」って設定なのか? 面白さがまったく伝わってこないんだが……。

妄想 2016/02/01
きのうのテレビ。

『鉄血』。
何かもう、有野課長が「武力にうったえてでも課長はボーナスもらいますからね!」って大挙してモビルスーツに乗り込んで、でも取説読んでなかったせいで次々に撃破されていくようにしか見えなかった。あの中小企業の中間管理職っぽすぎる服が悪い。あのドルトコロニーだけ日本なのか。
あと、合間合間に流れるCMの、「……ガンプラ」ってナレーションを聞くたびに、「……二夜連続」って続けたくなる。

『真田丸』。
毎回、冒頭に字幕つきで有働さんのナレーションが入るわけだが、あれがどうにも初代『戦国無双』のステージ開始時の演出。うーん、懐かしい。